月島食道楽:タンプルタン

手前からざくろゼリーを使ったスペシャルショート\450 まるごとリンゴ\680 生キャラメルロール\430。ロールケーキのキャラメルは濃厚でいてやさしい

第11回「タンプルタン」

有名人の舌を満足させる、納得の月島スイーツ
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/12/22

 月島という狭い地域を巡って約1年。もんじゃ以外のおいしい店を探し求める「月島食道楽」の11軒目は、もんじゃストリートから少し離れたところにある洋菓子のお店「タンプルタン」だ。1993年のオープン当時は、物珍しさも手伝って押すな押すなの大反響だったという。


 さっそく、お店を構える前から考案していた一押しのスイーツ「まるごとリンゴ」を出してもらう。きれいなツヤのせいで甘いだけのように見えるが、皮を口にすると焼きしめた香ばしさがまず広がる。続けざまに中のリンゴをほおばると、程良い甘さが後押しして口元が緩む。

「まるごとリンゴ」の芯に入っているタンプルタン
「まるごとリンゴ」の芯に入っているタンプルタン

 リンゴの「芯」になっているのがお店の名前にもなっている「タンプルタン」だ。フランス語でアーモンドパウダーと砂糖を同じ割合で配合したものという意味だそうで、これには小麦粉・バター・卵も同じ割合で入っており、絶妙な味を醸し出している。


 オーナーの月足(つきあし)邦博さんは71歳。福岡県の出身で、熊本で修業したのち上京、何故かスカウトされて床山(力士の髪結い)を半年経験した以外は、アマンドなど数々の洋菓子工場で工場長を務めあげた。


 開店以来、女優の中山美穂さんやメジャーの松井秀喜さんなど、著名人も足しげく通っているという。そうした話もケーキを食べれば納得できる。
 もんじゃの後、ダージリンティーとともに至福の時間を過ごせる場所。それがタンプルタンだ。

(中西 啓)
タンプルタン

タンプルタン
住所:東京都中央区月島1-24-3
電話番号:03-5560-8815
営業時間:10:00~22:00
定休日:年中無休