サイトマップ

HH News

 報道解析
  ・芸能人もご用達? 魅惑の立ち食いそば
  ・ニュースが告げる季節 夏
  ・決定版! 記事数 女子アナランキング
  ・ふるさと納税 特典合戦はさらに激化
  ・佐藤と鈴木はどっちが活躍? 名字の妙
  ・ニュースが告げる季節 春
  ・17年大河ドラマは明智・細川ガラシャだ!
  ・巨乳 vs 美尻・頂上決戦、勝者は…!?
  ・12球団記事露出比較 本当にスゴい球団は
  ・じぇ! まだまだ消えない「あまちゃん」
  ・報道で見る大久保佳代子と森三中
  ・ゲーム界の王者、モバイルに屈す
  ・小栗“桃太郎”が戦う鬼の正体はコカ・コーラ?
  ・80年代バブル語はリビングデッドだった!
  ・ニホンザル&カピバラ 仁義なき入浴対決!
  ・ベジ系・二郎 そこが知りたいラーメンデータ
  ・報道で作られる経済
  ・ライター泣かせの元ライダー「藤岡弘、」
  ・朝ドラ、健さん…地方を元気にするロケ地
  ・じわじわ浸透 地ビール名称「クラフト」へ
  ・小さな命を守れ
  ・ウイルスじゃねーYO!
  ・2分でわかる! 秋田の“顔”は誰?
  ・2分でわかるPR上手な「みかん県」
 ホワイトリストまとめ
  ・安全に使いたいならばホワイトリスト型
  ・セキュリティソフトの大半はブラックリスト型
  ・ブラックリストは「穴だらけ」!
  ・コンピュータは難しい!?
  ・ウイルスはこれだけ危険なのに・・・
  ・コンピュータウイルスが人命を奪う事故を!
  ・「脆弱性」は突かれていない?
  ・サイバー攻撃の主流は標的型攻撃
  ・ホワイトリスト型ってどんなセキュリティ?
  ・あらゆる動作をAPIで把握するからできる
  ・信用できるディフェンスプラットフォーム
 特集
  ・近づくマイナンバーの足音 「1年後」と「3年後」への準備・検討状況
  ・介護のICT導入 その動向は?  地域包括ケアシステムの行方を追う
  ・実地調査! 東京23区 電波の入り具合・通信速度を計測(6)
  ・実地調査! 東京23区 電波の入り具合・通信速度を計測(5)
  ・実地調査! 東京23区 電波の入り具合・通信速度を計測(4)
  ・実地調査! 東京23区 電波の入り具合・通信速度を計測(3)
  ・実地調査! 東京23区 電波の入り具合・通信速度を計測(2)
  ・実地調査! 東京23区 電波の入り具合・通信速度を計測(1)
  ・どこまでつながる? M2Mの未来 加速するビッグデータの活用
  ・記録メディアの歴史・分類 発生、現在、これからの技術
  ・スマホと飛行機のふしぎな関係 「禁止」から「解禁」の行程
  ・普及を目指す介護ロボット 高齢化社会日本が誇る有望な技術
  ・節電? 環境対策? スマートグリッドの今 全国自治体で進む動きを追う
  ・「巨大スマホ」化するクルマ デジタル化、自動車OS… 車の未来はどこに
  ・地方自治体とICT 富山市に見るGISデータの活用事例
  ・必要とされる情報セキュリティ人材の育成  2014年情報セキュリティ最前線
  ・ウェアラブルは本当に「ポスト・スマホ」? 2013年のスマホ・バズワード
  ・スマートフォン市場の変化と現在 数字から探る移り変わり
  ・位置情報活用の現在地 GPSと、その先にある技術の“今の位置”
  ・ネット選挙運動解禁 どうなる参院選 解禁によって変わること 期待されること
  ・ICカードと電子マネー すべてが済む「この1枚で」はできるのか?
  ・「マイナンバー」仕組みを徹底分析 個人番号カードとは? システム構築は?
  ・進む学校のICT活用とデジタル教科書普及 現実味をおびる紙とデジタルの併用
  ・スマートフォンのバッテリーはなぜ持たないのか? “持たない”を“持つ”にするために
  ・スマートフォンとタブレットが変えた社会 “ビジネス”から見たスマートデバイス
  ・2013年、普及するか? 電子書籍端末 国内電子書籍端末の動きを追う
  ・最先端医療はどう“効く”のか? がんワクチン・陽子線治療・人体通信網(BAN)の夢と現実(3)
  ・最先端医療はどう“効く”のか? がんワクチン・陽子線治療・人体通信網(BAN)の夢と現実(2)
  ・最先端医療はどう“効く”のか? がんワクチン・陽子線治療・人体通信網(BAN)の夢と現実(1)
  ・機械化が照らす農業の未来 最新の技術が築く新しい農業のカタチ
  ・タッチパネル技術のアレコレ 大流行・タブレットPCを支える主幹技術
  ・100年残せるバックアップは可能か? クラウドデータ消失から考える未来のデータ保存
  ・デジタルサイネージ 飛躍への一歩を探る 社会に必要とされるメディアを目指して
  ・フィルタリング大解剖! スマートフォン時代に必要なフィルタリングとは?
  ・ソーシャルネットワーキングサービス 社会構造とコミュニケーション
  ・2012年、波乱の電子書籍 出版・書店・取次の未来は?
  ・東日本大震災 ITは命をつなげられたか?
  ・スマホはどうつながっている?
  ・年始特集 2012年IT業界はどう変わる!?
  ・2011年HH News & Reportsが独断で決めたIT10大ニュース
  ・はやぶさ60億キロの軌跡 奇跡を支えた通信機能に迫る
  ・変わる地方自治体のIT クラウド、Facebook…生き残りを懸けたIT政策
  ・スパコン活用の展望を探る 「京」世界一の先は
  ・新しい携帯ゲーム機が築くネットワーク セキュリティとリテラシーとこれからと
  ・クラウドセキュリティ最前線 雲を掴む話
  ・震災を経て移行する地上デジタル放送 アナログ停波「7.24」に向けた動きを追う
  ・東日本大震災とIT BCPとインターネット網のあるべき姿
  ・IPv4アドレスついに枯渇! これからのインターネットはどうなる?
  ・スマートフォン普及の歴史とセキュリティ上の課題 スマートフォン戦国時代の幕開け
  ・内部犯行は「人対策」で防ぐ まだまだ起こる情報漏洩
 クローズアップ
  ・防犯カメラの威力 犯罪を抑止するその機能
  ・電磁波の危険性と見解あれこれ
  ・格安スマホの台頭と料金の内訳
  ・学校のタブレットPC普及 荒川区の取り組み
  ・電波の周波数帯域の分類と使われ方
  ・移動体通信の今・昔 1Gから5Gへ
  ・ナノテク最先端施設、民間企業の活用術
  ・天気予報とIT技術
  ・ビッグデータ、本当の使いどころは?
  ・災害時に役立つロボット技術
  ・ウェアラブルデバイスの可能性
  ・スマホ料金・ネット料金を徹底調査
  ・効率化が求められるデジタル・フォレンジック
  ・虚偽表示と品質コスト
  ・スマートフォンで日本が活路を見出すには
  ・荒川区・全小中学校タブレット導入のゆくえ
  ・3Dプリンタ 産業利用の課題
  ・4Kテレビ 次世代を託された放送規格
 著名人インタビュー
  ・市原健一 つくば市長 「当たり前」のICT利用 教育現場が育てた40年
  ・森 雅志 富山市長 地方自治を効率的に進めるICT活用の取り組み
  ・安田 浩 東京電機大学教授 2014年、そして未来のセキュリティはどうなる?
  ・澤田秀雄 ハウステンボス社長 世界の中の日本 ハウステンボスの再建
  ・福井健策 弁護士 著作権を活かすには デジタルコンテンツの功罪
  ・加藤英樹 「チーム DeepZen」代表 天声人「碁」 コンピュータ囲碁の地平線
  ・新井紀子 国立情報学研究所教授 ビッグデータに必須!“数学脳”の鍛え方
  ・齋藤孝 明治大学文学部教授 WEBで変わる日本語のコミュニケーション
  ・内田勝也 情報セキュリティ大学院大学名誉教授 ウイルスの歴史とこれから
  ・西田宗千佳 ジャーナリスト 電子書籍市場のこれから
  ・石井威望 東京大学名誉教授 越後湯沢WSの重要性とネットワークにおける脅威
  ・神成淳司 慶応義塾大学准教授 農業の未来とシステムの役割
  ・新井克弥 関東学院大学教授 バックパッカーも指先ひとつ
  ・馬場章 東京大学情報学環教授 文化資源を“デジタル”で残す
  ・中村伊知哉 DSC理事長 “場”に設置されたソーシャル空間・デジタルサイネージ
  ・西田公昭 立正大学心理学部教授 SNSの可能性と危険性
  ・境真良 国際大学GLOCOM客員研究員 コンテンツのあり方と、未来
  ・舘 暲 慶大教授・東大名誉教授 震災を越えて「使える」システムを
  ・石川温 ケータイ・ジャーナリスト 混み合う回線 スマホの未来
  ・西川徹矢 前内閣官房副長官補 国がなすべき情報セキュリティ
  ・特別対談! 津田大介氏×ジョン・キム氏 ITが日本社会に貢献した年 2011年
  ・國中均 JAXA宇宙科学研究所教授 はやぶさの成功はその先のマイルストーン
  ・樋渡啓祐 武雄市市長 市役所がFacebookに?
  ・渡辺貞 「京」プロジェクトリーダー スパコン「京」世界一への道
  ・高橋名人 携帯ゲーム、これからどうなる?
  ・國領二郎 慶応大学総合政策学部長 クラウド利用の未来像
  ・岸博幸 慶応大学大学院教授 地上デジタル放送はどこに向かうのか?
  ・西和彦 尚美学園大学大学院教授 非常時におけるインフラとしてのIT
  ・江崎浩 東京大学大学院教授 企業の未来をつなぐ技術
  ・夏野剛 慶応大学特別招聘教授 モバイルインターネットのこれから
  ・越智啓太 法政大学教授 内部犯行を「プロファイリング」
 セミナーレポート
  ・南紀白浜で問う「機能しているのか? サイバー攻撃対策」 第3回マイナンバー編
  ・南紀白浜で問う「機能しているのか? サイバー攻撃対策」 第2回企業編・内部不正の実態
  ・南紀白浜で問う「機能しているのか? サイバー攻撃対策」 第1回政府の取り組み編
  ・知的資産活用のため人材育成を
  ・竹中平蔵氏が語るイノベーションの基本
  ・ビッグデータの捜査解析は「悩ましい」
  ・デジタル印刷の現状と最新電子写真技術
  ・顧客と無数につながり、新たな消費喚起を
  ・東京五輪を意識した祭典 SPORTEC
  ・タブー視せずに遺体処理も議論を
  ・データを活かすアナリティクスの適用
  ・6割が気温上昇「2度未満」の法制化支持
  ・NICTが進める価値ある研究
  ・人口減少社会における新聞のあり方
  ・改めてみんなのインターネットを考えよう
  ・位置情報解析、選手の給料にも反映
  ・知の拠点 図書館のさらなる可能性
  ・データ活用の壁を突破し、世界の潮流に
  ・歴史資料を未来につなぐ災害対策
  ・湯沢で考える身近になったサイバー犯罪
  ・クラウド時代のソフトウェア開発
  ・スマホゲームが基軸のTGS2014
  ・技術的基礎固めから様々な応用の段階へ
  ・企業のイノベーションを支える仕組み
  ・人間のように思考するコンピュータの可能性
  ・創薬を効率的に進めるプラットフォーム
  ・ナノテクノロジーで進歩するがん研究
  ・生産性を向上させる「サービス」の研究
  ・進む環境情報の収集・データ活用
  ・研究者の倫理観を育成する新プログラム
  ・宇宙科学分野に触れる絶好の機会
  ・ウェアラブルデバイスの新境地
  ・特長を生かした電子書籍の展開
  ・人工的に雨を降らせる仕組み
  ・4K対応が本格化するデジタルサイネージ
  ・データから「未来を予測する」技術
  ・HEMSから深海探査研究まで、徹底公開
  ・システム監査と「ITの進化」
  ・スパコンを「スマート」に
  ・広がるM2Mの普及への期待
  ・コンピュータが「画像を理解する」仕組み
  ・白浜で考えるサイバー犯罪の動向
  ・連携がすすまない医療情報
  ・通信、コンテンツのカオスを制するのは
  ・ICTの将来を担う「尖った」人材の育成
  ・大学施設でナノテク利用
  ・復興を目指す福島と産総研の取り組み
  ・アジアのディスプレイ開発競争
  ・女性の理系進学を考える
  ・日本化学連合シンポジウムが開催
  ・カーナビ、販促…クルマのデータ活用術
  ・「まさか」の事故を未然に防ぐ失敗学
  ・進む医工連携と研究の現状
  ・オムニチャネルの実現可能性
  ・農作業に貢献する最新の技術
  ・シンポジウム道後2014、開催
  ・災害時に必要とされる技術
  ・超小型EV・太陽光…未来のライフスタイル
  ・実力派の受賞が目立つ文化庁メディア芸術祭
  ・サイバーセキュリティは喫緊の課題
  ・情報技術を活用する人材の育成「enPiT」
  ・地球環境と都市の理想の関係
  ・タイ・ベトナムでの知財の守り方
  ・「モノがつながるインターネット」の裏で
  ・自然言語処理とテキスト情報
  ・スパコン技術を多彩な産業で応用
  ・身近になった「クラウドソーシング」
  ・気候変動に対応した作物栽培技術
  ・コンピュータの「聞く力」
  ・食品の産地を科学的に証明
  ・NICT、オープンハウスを開催
  ・IPv6導入、待ったなしでも渋る企業
  ・活用の場が広がるG空間情報
  ・「スマートシティ」は住みたい街になるか?
  ・地方自治体のICT活用事例を紹介
  ・進む農工連携とICT化
  ・システム監査と「共通番号」
  ・利用者のニーズに合った図書館運営
  ・有機ELの可能性は?
  ・LINE、Twitterの展望
  ・意識が高まる資料保存と公文書管理
  ・情報セキュリティWS in 越後湯沢2013が開催
  ・広がるRFIDの活用
  ・TGS2013、スマホ時代のゲーム戦略
  ・ビッグデータ時代のセキュリティ
  ・未来の長友は出るか? サッカーとデータ分析
  ・放送開始から振り返るテレビの変遷
  ・知財戦略、「特許」とハサミは使いよう
  ・WEBのログイン、利便性と安全性
  ・JAXAが挑むはやぶさ2と火星探査
  ・G空間情報活用の好事例
  ・NICT、夏休み施設公開
  ・折紙の可能性を探る
  ・電子書籍で問われる作家、編集者の役割
  ・キッズデザインと支援ロボットの標準化
  ・日本企業に必要なダイバーシティ
  ・様々な分野のリスクマネジメント
  ・知財戦略と「模倣と創造」の価値
  ・国立情報学研究所が研究内容を公開
  ・デジタルサイネージも4Kの時代へ
  ・シェールガスは日本にどう影響する?
  ・モバイル・ワイヤレス技術の展示会
  ・起業家が集いグランプリを競うAEA2013
  ・第17回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウムが開催
  ・ロボットの目、その進化
  ・IT関連の展示会「Japan IT Week」をレポート
  ・“ビッグデータ時代”を見据えた統計教育
  ・理研で遺伝子を楽しく学ぶ
  ・光通信&ディスプレイの技術展示会
  ・10年ぶりの政府推奨暗号改定、その行方
  ・突出した人材の育成と業界
  ・太陽光植物工場の可能性
  ・デジタル時代のテレビ局生き残り策は?
  ・ロボットを暮らしに役立てる研究進む
  ・JAXAが示す新しい宇宙産業の形
  ・ドイツ国立図書館の電子書籍収集戦略
  ・情報セキュリティシンポジウム道後2013が開催
  ・高まるビッグデータ解析への期待
  ・制御システムをサイバー攻撃から守るために
  ・スマホ時代に気を付けるべきリスク
  ・海外アーティストの存在感増すメディア芸術祭
  ・ICTの将来に必要な人材の条件
  ・これからの数学力をどう鍛えるか?
  ・国際的な産学連携を推進する為に
  ・東大生産研のITS専門講座を取材
  ・問題を自ら見つけ、解決する人材を育てる
  ・2012年のサイバー攻撃・クラウドサービスとは
  ・企業・地域で必要とされる博士人材の育成
  ・震災からの復興を担う東北大学の取り組み
  ・IPアドレスの管理・運用の動向
  ・ビッグデータに欠かせない「機械学習」
  ・法学の観点からITを見るフォーラム
  ・ビッグデータの幅広い可能性に迫る
  ・災害時における資料保存の重要性
  ・情報セキュリティWS in 越後湯沢2012が開催
  ・SNSにおけるビッグデータの収集と解析
  ・生命に関するデータベースを統合する取り組み
  ・ビッグデータを都市の活性化に生かす
  ・キモはスマホ? 業界の今後を占うTGS2012
  ・模倣品対策、半導体・農業の分野で着々と
  ・電子書籍の流通ルートや著者との契約を解説
  ・環境・ヘルスケアを支える将来の新技術
  ・理科教員の“学びの場”サイエンスリーダーズキャンプ
  ・品質管理に欠かせない産学連携の取り組みとは?
  ・情報爆発時代のスマートデバイス活用方法
  ・震災時に向けた通信インフラ整備の必要性
  ・ビッグデータの解析とその応用
  ・求められる“知財人材”の育成
  ・ソーシャルメディア時代のデジタルサイネージ
  ・第16回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウムが開催
  ・進化するロボット技術の最先端!
  ・アジアの若手起業家が集い技術をアピール
  ・実社会で活躍する計算科学
  ・テレビのこれからを識者が激論
  ・JAMINAセミナー2012が開催
  ・震災からの復興を「俯瞰」して考える
  ・自治体で活用されるオープンソース
  ・日本政府の推奨する暗号はどうなる
  ・復興に向けた再生可能エネルギーの活用
  ・医工を融合させた最先端の研究発表
  ・変わってきた「情報セキュリティ月間」
  ・求められる博士課程の「質」向上
  ・2012年のサイバー攻撃・暗号技術は?
  ・電子ジャーナル・バックファイルの基盤整備
  ・スパコンが「スーパー」である理由
  ・電子証明の活用事例と国際標準化への動き
  ・スパコン「京」の創薬・医療に関する利用
  ・通信・放送で期待される新たなサービス
  ・グローバル企業のイノベーションと知財戦略
  ・古川聡氏が長期滞在ミッション報告会で講演
  ・活用広がるスマートフォン、セキュリティは?
  ・TRONSHOW2012が開催
  ・デジタル・フォレンジック・コミュニティ2011が開催
  ・科学技術展にJAXA・川口淳一郎氏が講演
  ・デジタル「キュレーション」の意義
  ・ZEB・ヒートポンプで期待される「省エネルギー」
  ・「IPv6」事業者の対応状況は?
  ・日本のR&Dの行方を占う
  ・日本の知財・技術における環境変化と研究開発の重要性
  ・WEBの国際標準と世界の中の日本
  ・情報化社会に必須のソフトウェア検証について講演
  ・地方自治体の情報化の必要性を改めて考える
  ・Japan IT Weekでスマホに関する講演
  ・非常時にも資料を守り抜く技術
  ・量子コンピュータに関する講演
  ・情報セキュリティWS in 越後湯沢2011が開催
  ・CEATEC JAPAN 2011が開催
  ・JAXAが「きぼう」の利用成果を報告
  ・イノベーション・ジャパン2011が開催
  ・東京ゲームショウ2011が開催
  ・サービス産業の現場で活用されるサービス工学の手法
  ・災害時におけるRFIDの可能性を模索
  ・「Cloud Computing World Tokyo 2011」が開催
  ・気候変動に関するシンポジウム
  ・JAXAが相模原キャンパスを一般向けに公開
  ・日米イノベーションの比較
  ・先進的な産学官連携に関する講演
  ・国会図書館データベースフォーラム2011が開催
  ・自治体総合フェアが開催
  ・電子出版に関する国内最大の展示会が開催
  ・JAXAシンポジウム2011が開催
  ・早大グローバルCOEシンポジウムが開催
  ・「これからの科学技術イノベーション政策」シンポジウムが開催
  ・グリーンIT推進の成果報告に関する講演
  ・「スマートコミュニティ」ビジネスの現状と課題
  ・第10回CEEシンポジウムが開催
  ・デジタルサイネージ ジャパン2011が開催
  ・関東テレコム講演会でBCPに関する講演
  ・「第15回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」が開催
  ・「JAPAN IT WEEK 2011 春」が開催
  ・低炭素社会実現を目指すシンポジウムが開催
  ・医療情報のIT化について講演
  ・震災後の在宅勤務について総務省・経産省が講演
  ・医工融合について講演
  ・情報処理技術遺産の認定式行われる
  ・平成22年度CRC国際シンポジウムが開催
  ・IT人材育成強化加速事業成果報告会が開催
  ・「IPA情報セキュリティ月間記念シンポジウム2011」が開催
  ・平成22年度第3回関東テレコム講演会が開催
  ・実戦的インターンシップ事業の成果を報告
  ・「第14回文化庁メディア芸術祭」が開催
  ・「日加シンポジウム」が開催
  ・「ウィキリークスが意味するもの」が開催
  ・クラウドのセキュリティについて講演
  ・NSF2011が開催
 自主制作動画
  ・月島・佃をゆく13 住吉神社 例祭 2012年
  ・対談動画 IT激動の年を振り返る!
  ・首都圏アンダーグラウンド
  ・東京スカイツリー開業を待つ地元商店街
  ・有明の防災拠点 首都直下地震に備えて
  ・月島・佃をゆく12 都電と月島のかかわり
  ・2011年 脱ゆとり教育開始元年
  ・築地市場~魚河岸移転の歴史400年~
  ・月島・佃をゆく11 漁師の心を支えた住吉神社
  ・銀座 地名の由来
  ・歴史的視点から見た人口減少
  ・変わる寺院の役割
 編集後記
  ・混乱は現場で 国策に対する国の姿勢
  ・要介護者に寄り添うネットワークを
  ・あなたのいる場所の電波・通信速度
  ・M2Mの普及がもたらすモノ
  ・増える、争う、デジタルメディアの覇権
  ・どこでも使えるスマホ、その落とし穴
  ・期待せずにはいられない介護ロボット
  ・スマートグリッドで平坦化
  ・ハードルが下がる自動車システム
  ・雪の富山で感じたもの
  ・迫る脅威を見据えた人材育成
  ・ウェアラブルの先は何?
  ・インターネットを「持ち歩く」日常
  ・引き続き議論が必要な医薬品のネット販売
  ・改めて気付く位置情報の進歩
  ・ネット選挙運動解禁がもたらすもの
  ・はちきれんばかりの財布
  ・番号よりも大事なこと
  ・変わりゆく授業風景
  ・話せないスマートフォン
  ・スマートデバイスはより身近に
  ・魅力の多い電子書籍端末
  ・最先端医療の行く末は
  ・日本の農業の可能性を信じる
  ・技術は大事です
  ・バックアップを忘れずに
  ・時は流れて・・・
  ・ハードとソフトの同時並行
  ・コンテンツのあり方は?
  ・ITのチカラ
  ・通信のこれからは…
  ・おいしい話などない
  ・新春を迎えて
  ・夢のさらに先
  ・座っていてはダメ!
  ・科学と予算と二進法
  ・親子でテレビゲームをする時代?
  ・雲の向こう側は、晴れ渡っているのか
  ・継続は力なり
  ・クールビズ
  ・桜の季節を過ぎて
  ・スマートフォンが欲しい!
  ・リニューアルしました
 連載
  次の60年へ 躍動するテレビの変遷史
   ・第9回 地上デジタル放送の推進
   ・第8回 衛星放送のデジタル化
   ・第7回 ケーブルテレビの展開
   ・第6回 ハイビジョンの進展
   ・第5回 衛星放送の登場
   ・第4回 衛星中継の活用
   ・第3回 カラーテレビの衝撃
   ・第2回 白黒テレビ放送開始
   ・第1回 誕生前夜 ニプコー円板と高柳健次郎
  人間VSコンピュータ 10番勝負!
   ・囲碁対決・最終回 チェス・将棋・囲碁…仕事をサポートする「パートナー」へ
   ・囲碁対決・第2回 「ランダム手法」から伸び悩む囲碁ソフト
   ・囲碁対決・第1回 逆転の発想、モンテカルロ法
   ・将棋対決・第3回 人間を超えたかに見える、将棋ソフトの弱点
   ・将棋対決・第2回 しのぎを削る将棋ソフトと、Bonanzaの登場
   ・将棋対決・第1回 チェスコンピュータからの応用でもアマ20級
   ・チェス対決・第4回 カスパロフとディープ・ブルー、対決の後に
   ・チェス対決・第3回 チェスマシン「ディープ・ブルー」誕生前夜
   ・チェス対決・第2回 スペイン生まれの「エル・アヘドレシスタ」
   ・チェス対決・第1回 産業革命のあだ花・オートマトン「ターク」
  コンピュータウイルス事件簿・事件で追うウイルス史
   ・File:10「2010年:スタックスネット~歴史は繰り返す」
   ・File:9「2009年:ガンブラー~WEBサイトを改ざん 大手企業も被害」
   ・File:8「2003年:Sobig~ウイルスが社会問題へ スパム業者の手先」
   ・File:7「2001年:Nimda~ウイルス史の結晶!? 超強力な感染力」
   ・File:6「2001年:Code Red~新時代の申し子 DDoS攻撃とゼロデイ攻撃」
   ・File:5「1999年:メリッサ~新型か焼き直しか? 複合型マクロウイルス」
   ・File:4.5「1992年:ウイルスツールキット~ウイルス作成の敷居を下げる」
   ・File:4「1989年:PC Cyborg~ついに出た“金銭を要求する”ウイルス」
   ・File:3「1988年:モーリスワーム~ウイルスの恐ろしさを知らしめる」
   ・File:2「1987年:クリスマスワーム~標的型攻撃の原点ここにあり」
   ・File:1「1986年:パキスタン・ブレイン~世界初と言われるウイルス」
   ・File:0「1984年:コンピュータウイルスを定義~ウイルスによる脅威を指摘」
  暗号と暗号史
   ・第12回 暗号のこれから~近未来の安全はどう守られるか~
   ・第11回 日本の学者も携わる「Y-00」~クラウド時代の量子暗号~
   ・第10回 量子暗号「BB-84」~物理を使った鍵配送~
   ・第9回 インターネット上の暗号~セキュリティを支える数理暗号~
   ・第8回 有史以来の課題を解決~「公開鍵暗号」RSA暗号~
   ・第7回 暗号方式の公開~コンピュータとDES暗号~
   ・第6回 エニグマ解読~第2次世界大戦とコンピュータ誕生~
   ・第5回 機械式暗号機の傑作~エニグマ登場~
   ・第4回 無線の登場と情報戦~第1次世界大戦の暗号解読~
   ・第3回 暗号史の中の日本~戦国時代の「上杉暗号」~
   ・第2回 暗号解読で処刑された女王~中世の暗号史~
   ・第1回 暗号黎明期~古代ギリシャ・ローマの暗号~
 デジタル・ヒストリー
  ・1969年11月21日 インターネットの開発開始
  ・1976年10月31日 初代VHSビデオデッキ発売
  ・1979年9月28日 PC-8000シリーズ発売
  ・1872年8月 QWERTY発表
  ・1979年7月1日 初代ウォークマン発売
  ・2004年6月14日 NOKIA 6630発表
  ・1989年4月21日 ゲームボーイ発売
 流行キーワード
  ・5G回線
  ・電磁波スペクトル
  ・住基カード
  ・在宅介護
  ・メディア・リテラシー
  ・POSデータ
  ・通信速度
  ・スマートメーター
  ・アストロバイオロジー
  ・SSD
  ・型式証明
  ・APT攻撃
  ・IoT
  ・生活支援ロボット
  ・電子黒板
  ・デマンドレスポンス
  ・RFID
  ・ヘッドアップディスプレイ
  ・超小型モビリティ
  ・オープンデータ
  ・自然言語処理
  ・CSSC
  ・スマート
  ・バズワード
  ・Googleブックス
  ・4G回線
  ・スイッチOTC
  ・衛星放送
  ・準天頂衛星
  ・GIS
  ・フルハイビジョン
  ・公職選挙法
  ・DDoS攻撃
  ・電子マネー
  ・理化学研究所
  ・国民ID
  ・DiTT
  ・データサイエンティスト
  ・言文一致体
  ・化学電池
  ・BYOD
  ・タブレット
  ・電子ペーパー
  ・EPUB
  ・先進医療
  ・免疫
  ・青年就農給付金
  ・静電容量方式
  ・ディザスタリカバリ
  ・双方向性
  ・有害情報
  ・ソーシャルメディア
  ・出版デジタル機構
  ・EHR
  ・パケット交換機
  ・スマートグリッド
  ・標的型攻撃
  ・周波数帯
  ・自治体クラウド
  ・HPCI
  ・3G回線
  ・ISMS
  ・衛星セーフティネット
  ・BCM
  ・IANA
  ・SIMカード
  ・個人情報保護法
 おすすめの本
   ・アクセスを増やすための本特集
   ・著:桜井信一『下剋上受験』
   ・知られざるAppleの中身
   ・3Dプリンタ、データ作りに挑戦
   ・『3月のライオン』グルメ散歩道
   ・「おしん」とその世界
   ・百田尚樹特集
   ・夏の思い出、旅とともに
   ・オリンピックと東京、新書で探訪
   ・隠れた名作ライトノベル特集
   ・幕末特集
   ・文化庁eBooksプロジェクト特集
   ・著:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』
   ・著:安部龍太郎『等伯』
   ・著:柴田光滋『編集者の仕事 本の魂は細部に宿る』
   ・著:金子哲雄『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』
   ・著:米長邦雄『われ敗れたり』
   ・著:村上隆『創造力なき日本―アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」』
   ・著:Team医療3.0 編:杉本真樹『ITが医療を変える』
   ・著:蓮池薫『拉致と決断』
   ・著:和田竜『のぼうの城』
   ・著:遠藤功『新幹線 お掃除の天使たち』
   ・著:藤沢数希『外資系金融の終わり』
   ・著:山中伸弥、緑慎也『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』
   ・著:デイヴィット・J・リンデン 訳:岩坂彰『快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか』
   ・著:佐々木玲仁『結局、どうして面白いのか 「水曜どうでしょう」のしくみ』
   ・著:山本美香『戦争を取材する』
   ・著:辻村深月『鍵のない夢を見る』
   ・著:鹿島田真希『冥土めぐり』
   ・著:高山信彦『経営学を「使える武器」にする』
   ・著:多田文明『崖っぷち「自己啓発修業」突撃記』
   ・著:福岡伸一『生物と無生物のあいだ』
   ・著:髙崎卓馬『表現の技術 グッとくる映像にはルールがある』
   ・著:桜井章一『決断なんて「1秒」あればいい』
   ・絵・文:なかむらるみ『おじさん図鑑』
   ・著:勝間和代『「有名人になる」ということ』
   ・編・著:ヤン・S・ウェナー他『「ローリング・ストーン」インタビュー選集』
   ・『月刊文藝春秋』
   ・著:本田直之『ノマドライフ』
   ・著:ゆでたまご・嶋田隆司『火事場の仕事力』
   ・著:市川寛『検事失格』
   ・著:阿川佐和子『聞く力―心をひらく35のヒント』
   ・著:三浦しをん『舟を編む』
   ・著:佐野眞一『あんぽん』
   ・著:皆川典久『凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩』
   ・著:佐伯泰英『酔いどれ小籐次留書 祝言日和』
   ・著:津田大介『情報の呼吸法』
   ・著:加来耕三『平安のゴッドファーザー 平清盛』
   ・著:タニタ『体脂肪計タニタの社員食堂』
   ・著:橋下徹、堺屋太一『体制維新――大阪都』
   ・著:サイモン・シン 訳:青木薫『暗号解読』
   ・著:西川善文『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』
   ・著:瀧本哲史『武器としての決断思考』
   ・著:アルフレッド・ランシング 訳:山本光伸『エンデュアランス号漂流』
   ・著:マイケル・ルイス 訳:中山宥『マネーボール』
   ・スティーブ・ジョブズ関連書籍特集
   ・著:東直己『探偵はバーにいる』
   ・著:結城浩『数学ガール』
   ・著:浜矩子『「通貨」を知れば世界が読める』
   ・著:多湖輝『頭の体操BEST』
   ・著:塩野七生『ローマ人の物語』(文庫版)
   ・著:澤穂希『ほまれ』
   ・著:G.ポリア 訳:柿内賢信 『いかにして問題をとくか』
   ・『工場見学 首都圏(2012)』
   ・著:楠木新『人事部は見ている』
   ・著:猪瀬直樹『地下鉄は誰のものか』
   ・著:東野圭吾『天空の蜂』
   ・著:佐々木俊尚 『キュレーションの時代―「つながり」の情報革命が始まる』
   ・著:aico、株式会社ディレクターズ『小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記』
   ・著:やましたひでこ『新・片づけ術 断捨離』
   ・著:藤田遼 イラスト:オサム『メイド喫茶でわかる労働基準法』
   ・著:岡村久道、鈴木正朝『これだけは知っておきたい 個人情報保護』
   ・著:池上彰『先送りできない日本』
   ・著:東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』
   ・震災関連書籍特集
   ・著:アルベルト・ザッケローニ 訳:久保耕司『ザッケローニの哲学』
   ・著:小和田哲男『お江 戦国の姫から徳川の妻へ』
   ・著:藻谷浩介『デフレの正体-経済は「人口の波」で動く』
 ぶらり東京散歩
  ・こんな所にあった! 歴史的事件 赤穂浪士討ち入り
  ・こんな所にいた! 歴史人 森孫右衛門
  ・こんな所にいた! 歴史人 服部半蔵
  ・こんな所にあった! 歴史的事件 東京駅首相暗殺現場
  ・こんな所にいた! 歴史人 田河水泡
  ・こんな所にいた! 歴史人 松尾芭蕉
 月島グルメ
  ・Beeline Cafe
  ・レバーフライ特集第2弾
  ・いちなり
  ・天ぷら 丸中
  ・魚河岸 あみ清
  ・サニーサイドカフェ
  ・バー京や
  ・串揚げ ぜん
  ・魚菜はざま
  ・山形山
  ・年輪
  ・いし津
  ・月島在市
  ・Patisserie HATT
  ・フクロウのみせ
  ・BAR SODA
  ・牛もつ げんき
  ・PONTE CENTRO
  ・牛すじ特集
  ・月島ビストロ
  ・如月
  ・畳屋八角
  ・cafe OLIVE
  ・アトリエ・バー・ティンtsukuda
  ・月島カフェ
  ・まくら木
  ・佃煮特集
  ・Cafe Bar 星時計
  ・喫茶パーラー ふるさと
  ・肉のたかさご
  ・タンプルタン
  ・麗江
  ・魚仁
  ・レバーフライ食べ歩き
  ・Luxe cafe
  ・L.A.CAFE
  ・焼肉酒家 傳々
  ・BAR&WASYOKU 1と8
  ・月島スペインクラブ
  ・串焼き・鍋処 日比谷こまち 月島本店
  ・中国料理 天元
 著名人寄稿
  携帯電話研究家 山根康宏 世界の“奇”ケータイ探訪
   ・第6回カラフルなスマホが人気のブラジル
   ・第5回シニア携帯人気の欧州にもスマホの流れ
   ・第4回世界一のフルキーボードスマートフォン大国米国
   ・第3回老若男女、国民全てが大画面スマホに飛びつく韓国
   ・第2回「1000万円の超高級ケータイ」が売れるドバイ
   ・第1回「オリジナルを超えた6インチスマホ」中国の「山寨機」
  三田誠広 作家・武蔵野大学教授 電子書籍の近未来
   ・第5回デジタル時代の文学とは
   ・第4回デジタル・ファーストの問題点
   ・第3回テキスト文書の問題点
   ・第2回デジタル画像の問題点
   ・第1回書籍のデジタル化とは何か
  伊賀洋一 ISOTC247国内審議委員会委員長 国際標準に挑む日本発電子認証
   ・第3回日本発電子認証・標準規格の方向性
   ・第2回電子認証の必要性と国際標準化の動き
   ・第1回問題視される電子部品の模倣品
  橋本 豪 外国法事務弁護士 コンピュータフォレンジック最前線
   ・第5回サイバースペースでの法の適用
   ・第4回コンピュータ技術に追いつかない法整備
   ・第3回証拠の真正性とその破棄・改ざん
   ・第2回米国にみるeディスカバリの必要性
   ・第1回年々重要性を帯びる情報セキュリティ
  作家 加来耕三 情報戦を制した戦国武将たち
   ・第5回遅れて来たがゆえの勝利・伊達政宗
   ・第4回名補佐役の才智とその限界・直江兼続
   ・第3回無学巨漢の出世術・藤堂高虎
   ・第2回イメージ戦略を駆使した名将・武田信玄
   ・第1回織田信長の“情報重視”と“危機管理”
  ジョン・キム 慶応大学大学院准教授 デジタルメディアの世界潮流を読み解く
   ・第3回スマートテレビ普及における4つの課題
   ・第2回Google参入で本格化するスマートテレビ競争
   ・第1回ソーシャルメディアへの流れが止まらない
  伊藤嘉博 早稲田大学教授 よくわかる品質コストマネジメント
   ・第3回隠れた品質コストを「見える化」する
   ・第2回品質コスト活用の勘どころ
   ・第1回いまなぜ品質コストなのか

 HH News & Reportsについて
 更新情報
 ご意見・ご感想

ページの先頭に戻る▲

特集動画

※2011年2月以前の動画

 月島・佃をゆく1~月島西仲通り商店街の歩みと今後
 月島・佃をゆく2~佃の歴史と老舗店
 月島・佃をゆく3~地元の期待を乗せ開通した佃大橋
 月島・佃をゆく4~日本の工業の基盤を作った街
 月島・佃をゆく5~月島・佃の桜2010
 東京スカイツリー周辺で一番有名な和菓子店
 月島・佃をゆく6~動く橋として建設された勝鬨橋
 月島・佃をゆく7~月島・佃で最も古い相生橋
 東京スカイツリーが建設される押上・業平の歴史
 月島・佃をゆく8~文化人の愛した旅館「海水館」
 月島・佃をゆく9~川柳ゆかりの地・佃地区
 月島・佃をゆく10~かつて金塊が引揚げられた越中島

ページの先頭に戻る▲

アーカイブス

※2011年2月以前の記事

  インタビュー記事
  ・国立国会図書館の蔵書電子化と未来の図書館の姿
  ・ICT/クラウドによって実現する未来
  ・ICT政策とインターネット選挙の解禁
  ・サイバー犯罪の脅威とその対応策とは
  ・代替現実ゲームに見る情報送受信の変化
  ・世界に羽ばたくIT製品を作るには(下)―置き去りにされた文化―
  ・世界に羽ばたくIT製品を作るには(上)―置き去りにされた文化―
  ・経済学的見地からの“業務データ”分析
  ・自己情報コントロール権と個人情報保護の今後
  ・ ICT産業の国際競争力を強化する必要性とは
  ・中小企業の情報セキュリティ対策で必要なことは
  ・日本の「サイバーディフェンス」と「CSIRT」
  ・全国調査の結果から浮かぶ子供の携帯電話利用実態とは
  ・変化するメディア環境におけるデジタルコンテンツの未来とは
  ・「コンピュータ博物館」で過去の技術を伝える意義とは
  ・品質向上とコスト削減を両立させる「品質コストマネジメント」とは
  ・激変する時代を生き抜くための企業活動とは
  ・裁判社会基盤としてのITを利用するための情報セキュリティ政策とは
  ・裁判のIT化(サイバーコート)とは
  ・新たな検索システム「MIMAサーチ」とは
  ・国際会計基準が企業に与える影響とは
  ・青少年インターネット環境整備法の意義とは
  ・デジタル社会における著作権のあり方とは
  ・IFRSをめぐる議論と日本の取るべき施策
  ・米国事例から学ぶe-Discoveryの実情とは
  ・これからの医療において根幹をなすIT活用とは
  ・日本がITの国際標準化ですべきこととは
  ・デジタル・フォレンジックとITリスク学の考え方とは
  ・サイバー犯罪の脅威とデジタル・フォレンジックの役割とは
  ・会計士の職務を通じて見た企業と社会
  ・犯罪捜査におけるデジタル・フォレンジックの必要性とは
  ・ITガバナンスの必要性とは
  ・インターネット上の法規制の重要性とは
  ・医療の情報化が抱えている課題とは
  ・安心・安全なインターネットコンテンツとは
  ・医療におけるデジタル・フォレンジック導入の必然性とは(後編)
  ・医療におけるデジタル・フォレンジック導入の必然性とは(前編)
  ・情報セキュリティ監査とはどのような手法なのか(後編)
  ・情報セキュリティ監査とはどのような手法なのか(前編)
  ・犯罪・捜査のIT化にともなう刑法のあり方とは
  ・情報システムの領域から見たデジタル・フォレンジックの可能性とは
  ・医療におけるデジタル・フォレンジックの適用とは
  ・本人認証を情報セキュリティに有効に活用することとは
  ・税務執行におけるデジタル・フォレンジックの活用とは
  ・日常的にセキュリティを考えるということとは
  ・電子情報の開示(e-Discovery)について何を注意するべきか
  ・デザイナー、アーティスト、そして個人として語る真実のコトバ
  ・どのようにデジタル・フォレンジックを普及させることができるか
  ・日本の社会に情報漏洩を防ぐ意識を浸透させるためには
  ・インターネットによる犯罪を防ぐために必要なこととは
  ・これからの日本の情報セキュリティに必要なこととは

  ・会計コラム(連載:第4回)「内部統制におけるITの役割」
  ・会計コラム(連載:第3回)「シンプルで明快な内部統制に向けて」
  ・会計コラム(連載:第2回)「内部統制で変革すべきは“個人の意識”」(動画あり)
  ・会計コラム(連載:第1回)「内部統制プロジェクトチームの疲弊」

 イベント・セミナーレポート
  ・ 「情報セキュリティ 人材育成」が開催
  ・ 特許庁が外国産業財産権制度セミナーを開催
  ・ 電子署名の活用について講演
  ・ 「スキル標準ユーザーズカンファレンス2011」が開催
  ・ デジタル・フォレンジック・コミュニティ2010が開催(2)
  ・ デジタル・フォレンジック・コミュニティ2010が開催(1)
  ・ ユビキタス社会におけるITの管理・運用について講演
  ・ Internet Week 2010が開催
  ・ デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術について講演
  ・ デジタルコンテンツの諸問題について講演
  ・ 日中がフィッシング対策について講演
  ・ 日本の科学技術の未来について講演
  ・ クラウドに関する国際シンポジウムが開催
  ・ 「特許・情報フェア&コンファレンス2010」が開催
  ・ クラウド化する、学術ネットワーク環境について講演
  ・ 電子自治体実現の課題について講演
  ・ デジタルアーカイブ化への取り組みについて講演
  ・ 「IPA Forum 2010」が開催
  ・ 「知的財産シンポジウム2010 in横浜」が開催
  ・ クラウドコンピューティングの課題と現状について講演
  ・ 国立国会図書館データベースフォーラム2010が開催
  ・ 情報技術マップシンポジウム2010が開催
  ・ 「ASPIC Autumn Meeting 2010」が開催
  ・ 「情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢2010」が開催(2)
  ・ 「情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢2010」が開催(1)
  ・ 2010年度情報セキュリティ監査シンポジウムが開催
  ・ 経産省主催「科学技術と産業」国際シンポジウムが開催
  ・ 台風・地震予測への「地球シミュレータ」活用について講演
  ・ 戦略的Webマーケティングセミナーが開催
  ・ 慶大KMDがメディアの今後について議論
  ・ 企業のソーシャルメディア活用に関する講演が開催
  ・ 地理空間情報を活用した『G空間』社会について産官学が講演
  ・ リスクマネジメントのISO規格説明会が開催
  ・ 「RSA Conference JAPAN 2010」が開催(2)
  ・ 「RSA Conference JAPAN 2010」が開催(1)
  ・ LED照明の普及発展に向けシンポジウムが開催
  ・ 制度のさらなる進化に向け日本内部統制研究学会が開催
  ・ 「国民ID制度を考える」が開催
  ・ 情報化社会のインフラとなる“空間情報”の最新研究
  ・ デジタル・フォレンジック2010年の最新動向
  ・ 「事例に学ぶ情報漏洩対策・最前線」が開催
  ・ ネット上の有害情報規制と電子書籍に関するセミナーが開催
  ・ 「情報セキュリティと日本的経営」が開催
  ・ 「第14回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」が開催(3)
  ・ 「第14回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」が開催(2)
  ・ 「第14回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」が開催(1)
  ・インターネット分野での日米政策協力合意を受けシンポジウムが開催
  ・これからの電子政府を考えるシンポジウムが開催
  ・クラウド環境のセキュリティに関するシンポジウムが開催
  ・「クラウド・コンピューティングEXPO」が開催
  ・電子書籍の未来に関するシンポジウムが開催
  ・オープンガバメント実現を目指すシンポジウムが開催
  ・「情報処理技術遺産および分散コンピュータ博物館認定式」が開催
  ・現代アートフェア「G-tokyo 2010」が開催
  ・「デジタル・フォレンジック・コミュニティ2009」が開催
  ・「IPA Forum 2009」が開催
  ・クラウドコンピューティングとIPv6の展望について講演
  ・「次世代スーパーコンピューティング・シンポジウム2009」が開催
  ・I-ROIが日本初の健全性認定コンテンツを発表
  ・住基カードの利活用推進について講演
  ・「ネットワーク・セキュリティワークショップ in 越後湯沢2009」が開催(2)
  ・「ネットワーク・セキュリティワークショップ in 越後湯沢2009」が開催(1)
  ・「ARG(代替現実ゲーム)シンポジウム2009」が開催
  ・ヨコハマ国際映像祭2009が開催
  ・「情報化月間2009記念講演会」が開催
  ・日本版フェアユース導入の是非を問う」が開催
  ・「CEATEC JAPAN 2009」が開催
  ・ライフサイエンス研究でのデータ共有化を考える
  ・日欧の産官学が情報の国際共有とセキュリティを議論
  ・「イノベーション・ジャパン2009」が開催
  ・行政手続きをスムーズにする“電子私書箱”の可能性
  ・社会セキュリティの国際標準化動向について講演
  ・サイボーグ技術の現在と未来について日本ロボット学会が講演
  ・工学系学生の国際的リーダー教育について産学が議論
  ・日科技連が「ソフトウェア品質シンポジウム2009」を開催
  ・JAXA航空プログラムグループが研究成果を発表
  ・あずさ監査法人「財務総合フォーラム2009」が開催
  ・電子自治体の推進について講演
  ・コンテンツ学会が10日間連続で研究会を開催
  ・スマートグリッドの推進に関するワークショップが開催
  ・電子自治体の推進について講演
  ・コンテンツ学会が10日間連続で研究会を開催
  ・スマートグリッドの推進に関するワークショップが開催
  ・ITコンプライアンス・サミット2009 Summerが開催
  ・「NICT超臨場感コミュニケーションシンポジウム」が開催
  ・温暖化がもたらす気候の大変動について研究者らが講演
  ・情報セキュリティ人材の育成について講演
  ・地方公共団体の情報セキュリティとIT化の推進について講演
  ・ARGフォーラム「この先にある本のかたち」が開催
  ・シミュレーションソフト研究の可能性について産学が講演
  ・「ワイヤレスジャパン2009」が開催
  ・日韓の電子商取引事情について関係者が講演
  ・CSR、内部統制の現状を報告
  ・RIETI政策シンポジウム「世界経済危機下のイノベーション」が開催
  ・IPAがIT人材育成についての取り組みを報告
  ・"パーソナル情報"の利活用に向けてのセミナーが開催
  ・「第13回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」が開催(2)
  ・「第13回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」が開催(1)
  ・「デジタルサイネージジャパン2009」が開催
  ・生命科学分野によるデータベース利用を産官学が提案
  ・平成21年度第1回関東テレコム講演会が開催
  ・「2008年度 JNSA活動報告会」で個人情報漏洩の被害状況を発表
  ・電子商取引についての研究成果をECOMが報告
  ・情報処理推進機構が「IPAX2009」を開催(2)
  ・情報処理推進機構が「IPAX2009」を開催(1)
  ・内部統制の意義について新日本有限責任監査法人が講演
  ・「IPv6 Summit 2009」が開催
  ・無線通信サービスの最新動向と経済効果を官民が報告
  ・あずさ監査法人が株式市場の現状についてセミナーを開催
  ・危機管理演習・セミナーが開催
  ・伊藤嘉博氏が「品質コストマネジメントの活用」について講演
  ・「グリーンICTの現状と展望」シンポジウムが開催
  ・NHK文研がメディア研究についてのシンポジウムを開催
  ・「放送と通信の融合とは何だったのか」について講演
  ・情報ネットワーク法研究会でアラブ首長国連邦の研究者が講演
  ・「官民が目指す青少年のインターネット環境整備の方向性」が開催
  ・「情報大航海プロジェクトシンポジウム」が開催
  ・公開シンポジウム「医療情報の標準化と医療IT政策を考える」が開催
  ・RIETI政策シンポジウム「大規模業務データから何を学ぶか」が開催
  ・総務省がユビキタス技術と医療ITについてのシンポジウムを開催
  ・慶大DMC機構最終年次シンポジウムが開催
  ・「平成20年度 医療ICTシンポジウム」が開催
  ・「2008年度 情報セキュリティ監査シンポジウム東京 in Winter」が開催
  ・「JASA情報セキュリティ人材育成セミナー2009 in Winter」が開催
  ・東京大学が「理想の教育シンポジウム」を開催
  ・新日本有限責任監査法人「理念経営の実践とCSR 2009」セミナーを開催
  ・官民が情報セキュリティについて意見交換
  ・「平成20年度第3回関東テレコム講演会」が開催
  ・東京都医師会がレセプトのオンライン義務化について言及
  ・「ソフトウェア業界向け 工事進行基準 直前対策セミナー」が開催
  ・電子政府推奨暗号リストの改訂に向けたシンポジウムが開催
  ・RIETIワークショップ「インセンティブ構造としての企業法」が開催
  ・慶應義塾大学「デジタル知財プロジェクト」が活動成果を報告
  ・日弁連法務研究財団がeサポート裁判の可能性を議論
  ・シンポジウム「知の公共性をデザインする」が開催
  ・「情報セキュリティ総合的普及啓発シンポジウム」が開催
  ・「パブリック・ドメイン所蔵品資料の活用へ向けて」が開催
  ・インターネットコンテンツ審査監視機構(I-ROI)が初セミナーを開催
  ・日弁連主催のシンポジウムで“ISPをめぐる法律問題”を議論
  ・「デジタル・フォレンジック・コミュニティ2008」が開催
  ・「Network Security Forum 2008」が開催
  ・「ITGI Japan カンファレンス 2008」が開催
  ・「IPA Forum 2008」が開催
  ・「平成20年度第2回関東テレコム講演会」が開催
  ・「ネットワーク・セキュリティワークショップ in 越後湯沢2008 」が開催(2)
  ・「ネットワーク・セキュリティワークショップ in 越後湯沢2008 」が開催(1)
  ・「知の構造化センターシンポジウム」が開催
  ・「情報化月間2008記念講演会」が開催
  ・萩原栄幸氏が情報漏洩の危険性について講演
  ・金沢21世紀美術館で「サイトウ・マコト展: SCENE[0]」が開催
  ・「2008年度情報セキュリティ監査シンポジウムin Tokyo」が開催
  ・佐々木良一教授が最近の情報セキュリティについて講演
  ・「平成19年度第3回関東テレコム講演会」が開催

ページの先頭に戻る▲