セミナーレポート

農作業に貢献する最新の技術

農研機構新技術説明会を取材

2014/4/3

 2014年3月4日、農研機構は新技術説明会を開催した。同機構が開発する農作業に役立つ新技術について同機構の研究者による講演が行われ、食品や電気機器に関する企業、大学の関係者などが参加した。

会場には食品や電気機器に関する企業、大学の関係者などが訪れた
会場には食品や電気機器に関する企業、大学の関係者などが訪れた

小型ソーラーパネルを利用した自動灌水


 農研機構近畿中国四国農業研究センターの渡邊修一氏は、小型ソーラーパネルを使い、貯水と排水を自動的に繰り返す「点滴灌水技術」について説明した。


 農業の現場では、夏場の水不足で農作物の収量が低下し、品質が低下するなどの問題が出ている。しかし畝間灌水*1のような従来の灌水では、無駄になる水も多い上にコストがかかるという欠点があった。


 そこで農研機構では、点滴灌水技術を使った「日射制御型拍動灌水装置」を開発した。この装置は小型のポンプを使い「水を貯めて出す」を繰り返すことで、少量ずつ、長い時間をかけて農作物を灌水させる(少量多頻度灌水)のが特徴だ。従来型では大量の水を一度に流すため、水が根の張っている部分(根域)に留まることなくより地面の深くまで流れていってしまう。そのため、使用する水量と比較して、効果的な灌水ができなかった。しかしこの装置を使えば、常に根域に留まるだけの適切な量の水を流すため、効果的な灌水が可能だ。


 この装置では日射量に応じた灌水が可能で、植物が必要とする水量とほぼ一致させることができる。液肥(液体の肥料)についても、装置にあるタンクの中に直接入れられる仕組みだ。実際に露地*2で行われるピーマン栽培で使用したところ、水やりなどの作業を軽減できたうえ、肥料も削減でき、収穫量が20%増加するという結果が出ている。


 渡邊氏は実用化に向けて、装置のパッケージ化やアフターケアの充実化を挙げ、「将来的には農地以外での灌水装置や水資源の貧しい地域の国際協力技術として展開していきたい」と考えを示した。

農研機構 渡邊修一氏   農研機構 吉田隆延氏
農研機構 渡邊修一氏   農研機構 吉田隆延氏

超音波を使った害虫防除装置


 また農研機構生物系特定産業技術研究支援センターの吉田隆延氏は、深刻な問題となっている害虫への被害を減らす技術について説明した。この技術は、コウモリが発する超音波と同様の超音波を出力する装置を使って、ヤガ類を防除するといったものだ。


 ヤガとは、果樹園に飛んできて果実の汁を吸うガの総称。通常こういったガから果実を守るために防蛾灯が利用されているものの、光が届く場所が限られてしまうため、果樹園すべてをカバーできないという課題があった。また設備コストや電気代などの経費も負担になる。


 農研機構が開発した装置では、ヤガ類の天敵であるコウモリの超音波パターンを研究し、その超音波を発する装置を開発した。100Vの電源があればどこでも設置が可能で、防蛾灯と比較しても設置・稼働コストが削減できる。実際にモモ園にこの装置を設置すると、ヤガ類の飛来数が大幅に減少する結果が得られている。果樹園を囲むように設置すればより効果的で、ハウスなど露地栽培でも利用可能としている。


 吉田氏は「ヤガ類の防除に必要な基本的な技術はすでにあるので、実用化・市販化に向けて技術協力をお願いしたい」と聴講者にアピール。さらに果樹園以外でも適応できる可能性があるため、様々な圃場*3での使用を検討してもらいたいとしている。


収穫時にわらを乾燥しやすくする技術


 講演では、コンバインの収穫時にわらを乾燥しやすくする方法も触れられていた。従来型のわらを切断して重ねる手法では、乾燥に時間を要しわらの乾燥に3日程度かかっていた。そこで農研機構の重田一人氏が所属するグループではコンバインの排わら部分のカッターを改造し、収穫作業時にわらの折損処理(折れ曲がった状態にする手法)を行い、乾燥を促す仕組みを開発した。


 コンバインにある排わら部分の回転刃を取り外し、変わりにロータ(波型外形の回転板)を装着。ロータが行う折損処理により、刈り取り後のわらの間に十分な隙間を確保し、水分の蒸発を促進させ、乾燥速度を向上させる仕組みを考え出した。従来型よりも1日程度、乾燥日数を短縮することができるようになったという。


 重田氏は回転刃の交換だけで、効果が得られる便利さを強調。課題として、回転軸にわらが巻き付きやすい点を挙げ、その解消を目指しつつ、メンテナンスフリーを視野に入れて研究を続けていく方針だ。


 農作業は工夫を凝らせば、それだけコストや手間の削減につながる。今回紹介した農研機構が研究開発した手法は、どれも農作業を効率的に進められることができ、役に立つものばかりだ。同機構のさらなる研究開発に期待したい。

(山下雄太郎)

注釈

*1:畝間灌水
畝とは野菜などを植えるときに土を盛り上げたところ。畝と畝の間に灌水させ、水分を与えることを畝間灌水という。

*2:露地
ハウスなどの施設をつかわない、自然の状態のこと。

*3:圃場
農作物などを栽培する農園、菜園のこと。

【セミナーデータ】

イベント名
:第4回 農研機構新技術説明会
主催   
:農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、科学技術振興機構
開催日  
:2014年3月4日
開催場所 
:JST東京別館ホール(東京都千代田区)

【関連カテゴリ】

その他