セミナーレポート

情報技術を活用する人材の育成「enPiT」

文部科学省が進めるenPiTに関するシンポジウム

2014/2/24

 情報技術を実践的に活用する教育事業「enPiT」の取り組みを公開するシンポジウムが2014年1月30日、慶応義塾大学日吉キャンパスで開催。同プロジェクトに参加する大学の研究発表や、有識者による基調講演が行われた。

会場には、各大学の研究内容を紹介したポスターが展示されていた
会場には、各大学の研究内容を紹介したポスターが展示されていた

enPiTとは?


 「enPiT」は文部科学省が進めているプロジェクトで、正式名称は「分野・地域を超えた実践的情報教育協働ネットワーク」。


 「クラウドコンピューティング」「セキュリティ」「組み込みシステム」「ビジネスアプリケーション」の4分野において大学・産業界が協力し、実践的な情報教育の普及、促進を行うといったもの。参加する15大学院から学生を集い、課題解決型学習や短期集中合宿を行って、専門的知識の習得や、産業界が求めるリーダーシップ・マネジメント能力の習得を目指している。


日産のセキュリティと人材への期待


 基調講演で、日産自動車CSO(Chief Security Officer)の亀井 類氏は同社のセキュリティにおける考え方を紹介した。日産では情報は会社の生命線であり、誤った情報管理によるダメージは測りしれず、情報を管理する対策について最大限の努力が必要という考え方を柱にしている。そのため各部署の管理職は情報管理を行う責任があるという認識だ。同社社長のカルロス・ゴーン氏は、CEO着任早々に経営会議をペーパーレスで行い、情報の管理を強めていくことを徹底したという。


 亀井氏は企業秘密を効果的に保護するための、人・技術・管理のバランスを考えた取り組みを紹介した。


 情報漏洩対策の場合、内部流出と外部攻撃でそれぞれ対策を立てている。内部からの場合、「人の面」では人事のコンプライアンスを強化し、「技術の面」で暗号化などの誤送信対策をとっている。また、「管理の面」では「アクセス権を強化する」「情報機器の管理を強化する」といった施策をとる。一方、外部からの攻撃に対しては、「技術の面」でサイバーアタックへの対策を強化し、「管理の面」では最新の脅威に対するルールの策定を行うという具合だ。


 また、モバイル端末の活用推進についても、

・情報漏洩による「ビジネスリスク」
・ユーザ慣習、文化の違いなどを配慮した「グローバルな視点」
・認証や暗号化、ウイルス対策をどの程度導入するかという「先進技術視点」

これらを徹底的に考慮し、モバイルの活用を進めていくという。


 亀井氏は、実践的なセキュリティ人材の育成についても言及。望ましい要素として海外で適用可能なセキュリティ技術、文化的な背景への理解、語学、マネジメント能力や交渉力を挙げている。

日産自動車CSO 亀井 類氏   情報セキュリティ大学院大学教授
林紘一郎氏
日産自動車CSO 亀井 類氏   情報セキュリティ大学院大学教授
林紘一郎氏

リアルとバーチャルの実践


 一方、情報セキュリティ大学院大学教授の林紘一郎氏は「習うより慣れよ」という題で講演した。林氏はフィギュアスケートを例に挙げ、「コーチに難しい技の理論を教えてもらっても、実際に氷の上で滑ってみないと技術は身につかない。それを繰り返して行っていくうちに、本人自身が気づいて習得できるものだ」と説明。これまでの現場教育ではこうしたリアルな経験でのみ気づくことが重宝されていたとした。


 しかし最近は、フライトシュミレータを始め、バーチャル空間で経験を積む機会が増えている。今はパイロットを育てるために、大半がフライトシミュレータで訓練を行うことが多く、バーチャルでの演習で代替する機会が多くなっているとした。


 林氏は「実際に飛行機を操縦してみないことにはどんなトラブルがあるかわからない」とし、バーチャルでうまくいったとして済ませるべきでないと指摘。学生の実習についても、実習の前に、ネットで論文を検索して調べたことにとらわれ過ぎず、Face to Faceのリアルな実習に臨んでほしいとした。


 シンポジウムでは、学生による各4分野の学生の発表が行われていた。セキュリティ分野で学習している学生は、インシデント実習や暗号実習などのプログラムについて言及。「チーム一丸となって課題に取り組むことができた」「セキュリティ問題を解決する方法、危機を未然に防ぐ方法を学ぶことができた」など、充実感を伝えていた。


 情報技術を使いこなす人材育成について、大学の垣根を越えた取り組みを本格的に文部科学省が進めているという印象を受けた。このプロジェクトから巣立った学生が、4分野に関連する業界で活躍することを願ってやまない。

(山下雄太郎)

【セミナーデータ】

イベント名
:第2回enPiTシンポジウム
主催   
:enPiT(Education Network for Practical Information Technologies)
開催日  
:2014年1月30日
開催場所 
:慶応義塾大学日吉キャンパス(横浜市港北区)

【関連カテゴリ】

情報セキュリティ