インタビュー(3)
ハウステンボス社長・澤田秀雄氏に聞く
世界の中の日本 ハウステンボスの再建

2013/11/28  3/3ページ
ハウステンボス社長 澤田秀雄氏
「感動」は日本人も外国人も同じ
そこでしか見られないものを手掛ける

世界から見た日本の魅力

―なるほど、ところで澤田さんは青年時代に海外を回られて、旅行代理店H.I.Sを立ち上げています。外から見た日本の魅力とは一体どんなところなのでしょうか。

澤田氏:まず世界的に安全であり、自然・文化・歴史にも恵まれています。食事も美味しいなど、多くの魅力があります。2020年に開催が決定した東京オリンピックも追い風になり、「日本に来てみたい」という人がたくさん増えるでしょう。2013年はインバウンド(訪日外国人観光客)が1千万人前後になるでしょうし、来年はもっと増えるはずです。

 

―ハウステンボスや澤田さんが立ち上げた旅行代理店H.I.Sも同様だと思いますが、日本の魅力を海外に伝えるための施策とは何でしょうか?

澤田氏:インバウンドをしっかりと受け入れることが大切だと考えています。H.I.Sでもタイやインドネシアなどを強化しており、すでにタイでは400人の従業員を配置しています。このように来日する観光客に、現地から対応していくことを念頭に置いています。アジアから来る人はこれからも確実に増える。そこにはビジネスチャンスがたくさんあります。


―現在はLCC(格安航空会社)で海外に行く人が多くみられます。澤田さんは10年以上前にスカイマークを立ち上げられています。こうした時代は予想できたのでしょうか?

澤田氏:はい。「ローコストエアライン」の時代が必ず訪れるはずだと。当時大手航空会社に設立をもちかけましたが、断られたため、自分で立ち上げました。当時はまだ航空会社も予想できなかったように思います。


―今のLCCの注目度を見るとアウトバウンド(海外への日本人旅行者)も伸びる可能性があるのではないでしょうか?

澤田氏:アウトバウンドは、今1600万人程度で今後少しは増えますが、それほど伸びないと考えています。日本の人口はこれから減りますし、海外旅行の数はそんなには増えないはずです。


 日本から海外への旅行客が400万人だったときは、そもそも海外に出る人はあまりいませんでした。その後、海外への旅行客の伸びが顕著になりましたが、1800万人程度で止まりました。今後は2000万人に到達するかどうかではないでしょうか。


 しかし海外からの観光客の伸びに関しては成長の余地はまだまだあります。特にアジアの諸各国は、所得が上がっており、20年前の日本のような経済成長が見られています。東南アジアは日本の人口の10倍、そして中国も10倍以上で、海外に行く人もどんどん増えています。我々も現地に力を入れている段階で、うまくチャンスをつかむこと、しっかりと行動していくことが大切だと考えています。

今後の展開について

―海外からの観光客に来てもらうために、ハウステンボスの施策を伺えればと思います。

澤田氏:「そこでしか見られないもの」を手掛けていきたいと考えています。音楽にせよ、花火にせよ、「感動するもの」「驚くもの」などがそうです。


 韓国の方でも中国の方でも、感動するものは世界共通です。日本人が感動するものは外国の方も感動するし、日本人が見たいと思うものは、外国の方も見たい――だからクオリティの高いものを披露しなければなりません。「喜ばれるもの、楽しいもの」をきちんやれば、増えていくはずです。世界に視野を広げ、目新しく、他でやっていないことはいくらでもハウステンボスは取り入れていこうというスタンスです。


 例えば3Dプロジェクションマッピングなどは、ヨーロッパで流行っているものを最初に我々が取り入れ、全国的に広がりました。今年の冬には大阪城で行うことも企画しています。


 人がやらないことをやれば、おのずと人は集まります。そうしないとわざわざハウステンボスにまでお客さんは来ません。唯一無二でここでしか体験できないものを常に企画・披露していきたいと考えています。

(山下雄太郎)

注釈

*:3Dプロジェクションマッピング
プロジェクションを使い、建物に映像を映し出す光の演出。建物から飛び出すような立体的な手法で、アートや広告の分野で注目を集めている。

澤田秀雄氏

【澤田秀雄氏 プロフィール】(さわだ ひでお)
1951年生まれ。ドイツ・マインツ大学留学。学生時代の海外旅行の経験をもとに、格安航空券を販売する旅行代理店H.I.Sを1980年に設立。1996年、LCCの先駆けとなるスカイマークを設立。2003年モンゴルAG銀行(現ハーン銀行)の会長に就任。2010年に経営不振のハウステンボスの再建に着手。1992年以来赤字の同社をグループの稼ぎ頭に成長させた。

【関連カテゴリ】

その他