月島食道楽:月島カフェ

トマトクリームパスタ(左)、人気のアップルパイ(右)、カフェラテ(手前)。女性のお客さんのときはラテアートをサービスしてくれることも。(ランチはサラダ付で\1000。ケーキをつけるとケーキの値段は\100引きとなる) 

第17回「月島カフェ」

子ども同伴でもくつろげる月島ママ安心のカフェ
2012/7/19

 月島でもんじゃ以外のお店を紹介する「月島食道楽」。今回は赤ちゃん連れでもカフェを堪能できる、月島ママも満足の店「月島カフェ」だ。 

座席間のスペースなど店内は子供連れを
意識したレイアウトとなっている
座席間のスペースなど店内は子供連れを 意識したレイアウトとなっている

 店ができたのは2007年7月7日。今年で5周年になる。同じ月島でラーメン店「月島ロック」も経営するオーナーが、「月島にカフェがない」と住んでいて感じたことが、店をオープンするきっかけとなった。


 店のコンセプトは「くつろげる店」。店内は子供連れの親子がゆったりできるスペースを意識したレイアウトになっている。また入口のテラスが、ベビーカーを置けるほど広いのもこの店の特徴。実際、店に来るお客さんの7~8割が女性。インターネットの「口コミ」を参考にして来る客も多い。


 ランチではパスタやカレー、リゾットなどが揃う。トマト系のパスタ(トマトクリームパスタやアラビアータ)や、オイル系のパスタ(ジュノベーゼ)の2種類が楽しめる。また、牛すじカレーも人気のメニューだ。「カレーばかり出る日もあります」と店長の小鹿知未さん。夜はハウスワインを楽しむことができるのも特徴だ。


 これらのメニューに加え、店が力を入れているのがケーキ。中でも人気なのはフルーツタルトとアップルパイ。フルーツタルトは果物のみずみずしさが凝縮されている。またアップルパイはアップルのうまみを堪能できるとともに、見た目もおしゃれで楽しむことができる。また、カフェラテにラテアートを頼めるのもこの店の特徴。この日もかわいらしいクマのラテアートを振る舞ってもらった。味ももちろんだが見た目にもとことんこだわる姿勢が、月島ママの心をとらえて離さないのかもしれない。

果物のみずみずしさが凝縮されたフルーツタルト
果物のみずみずしさが凝縮されたフルーツタルト

 そうしたママに人気の月島カフェが最近はじめたのが、TwitterFacebookの活用。「今日のランチの内容」や店内で行う「サッカー中継の観戦」の案内など、様々なお店の情報を発信している。


 こうした取り組みは、「店を知らないお客に興味を持ってもらって足を運んでもらいたい」という想いから行っているものだ。「月島に新しいマンションが増えていて、これからも新しいお客さんが増えるはず。そうした来店者にもリラックスしてもらえるように、これからも『くつろげる店』にしていきたい」と小鹿さんは話している。


 ほどよい明るさの照明や、コーヒーを片手に読める本棚の本など、「リラックスできる仕掛け」が随所に散りばめられており、子供連れのママが談笑して楽しめる空間が演出されているのがよくわかる。あなたも月島の「憩いの場」としてくつろぐことができる月島カフェに足をのばしてみてはいかがだろうか?

(山下雄太郎)
月島カフェ

月島カフェ
住所:東京都中央区月島3-24-8
電話番号:03-3532-3171
営業時間:11:30~22:00
定休日:月
URL: http://www.discberry.com/cafe/
Twitter: https://twitter.com/tsukishimacafe
Facebook: https://www.facebook.com/tsukishimacafe