特集 実地調査! 東京23区!
電波・通信速度を計測
目黒・世田谷・台東・墨田・葛飾

2014/10/27  3/6ページ
今回計測した区(目黒区・世田谷区・台東区・墨田区・葛飾区)

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォンをレンタルして東京23区の名所を歩き、それぞれの場所の電波の入り具合や通信速度を調べる今回の計測。第1回に続き第2回は練馬・杉並・中野・新宿・渋谷区を計測した。第3回は目黒・世田谷・台東・墨田・葛飾区を計測する。

まずまずのスピードが出た区は?


 まずは前回紹介した10日の計測の続きについて触れたい。目黒区は、東京大学駒場キャンパスで計測することにした。東大駒場キャンパスは、渋谷駅から京王井の頭線に乗って約2分。「駒場東大前駅」を出てすぐの場所にある。計測した時間は15時。最高学府のキャンパス内ではどのような計測結果を記録するのだろうか? アンテナの本数を見ると、NTTドコモが4本、auが3~4本、ソフトバンクも4本と、安定感が際立った。一方、通信速度をみると、NTTドコモが上り12.32、下り33.22。auは上り10.16、下り18.40。ソフトバンクが上り8.80、下り49.00(値は全てMbps)。軒並み安定した数値で、東大駒場キャンパスの通信環境の良さを示した形となった。

安定した計測数値を見せた、目黒区にある東大駒場キャンパスの計測結果
安定した計測数値を見せた、目黒区にある東大駒場キャンパスの計測結果

 この日最後に足を運んだのは世田谷区。多摩川の河川敷で計測を行った。向かったのは渋谷駅から東急田園都市線で約15分の場所にある二子玉川駅。駅直結のショッピング施設「二子玉川ライズ」もあるなど、洗練された雰囲気を感じる場所だ。さて、計測である。二子玉川駅から5分程度歩いて多摩川の河川敷に向かおうというところで、突然、夕立に見舞われた。傘をさして河川敷まで歩き、橋の下についたのは16時。早速計測を行った。

世田谷区・二子玉川駅から歩いた場所にある河川敷の計測結果
世田谷区・二子玉川駅から歩いた場所にある河川敷の計測結果

 アンテナの本数は、NTTドコモ4本、au3~4本、ソフトバンクが3~4本と、軒並み安定した数値を記録。通信速度はNTTドコモが、上り6.88、下りが19.17。auが上り2.64、下り7.12。ソフトバンクは上り9.04、下り31.23。雨のためにつながりにくくなったのか、ここではauのパフォーマンスに難があった。ただここまでauの上りの数値は安定した数値を示してきており、auが上りのつながりやすさも重要視していることが計測結果からわかるのではないだろうか。


 台東区、墨田区、葛飾区、荒川区、足立区の計測は9月12日に行った。この日、日中は夏の名残りで日差しが強く暑かったが、夕暮れ近くは秋の気配が感じられる微風の中での通信速度計測となった。午前11時計測を開始。この時間は日差しも強く晴れ。まずは東京の観光地でありランドマークである台東区・金龍山浅草寺。海外からの観光客が多く、特に中国語圏からが目立っていた。計測は雷門横で行った。浅草寺へは、都営地下鉄浅草線「浅草駅」A4出口から徒歩5分ほどだ。

海外からの観光客で賑わっていた浅草寺雷門の計測結果
海外からの観光客で賑わっていた浅草寺雷門の計測結果

 お昼前のちょうど混雑する時間帯のようだ。電波の入り具合は各社4本と安定している。一方、通信速度も、NTTドコモは上り6.32、下り6.65。auが上り11.68、下り29.42。ソフトバンクは上り8.72、下り36.69となった。人出の多さが影響したのか、ドコモの通信速度の低さが目立つ結果となった。


 次に東京スカイツリーのある墨田区に移動。スカイツリーへは東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」、半蔵門線「押上駅」が便利だ。この日、展望台のチケット購入待ち時間が1時間強。初めてのスカイツリーだけに展望台に登ってみたかったが、他の計測が残っている。残念だったが、直結する商業施設・東京ソラマチで11時45分に計測を行った。

展望台への待ち時間が1時間超だった東京スカイツリーの計測結果
展望台への待ち時間が1時間超だった東京スカイツリーの計測結果

 電波の計測結果だが、各社アンテナは4本。通信速度は、NTTドコモが上り15.68、下り37.34。auが上り15.04、下り40.45。ソフトバンクは上り8.8、下り33.99という結果に。auのパフォーマンスの良さが際立っているもののNTTドコモ、ソフトバンクともに健闘し、まずまずのスピードを出している。


 次の計測は「寅さん」で有名な葛飾区の柴又帝釈天。帝釈天は、京成線「柴又駅」徒歩3分、北総公団線「新柴又駅」徒歩12分の位置にある。12時50分に計測を行った。ここではソフトバンクの通信速度が今一つ出ない。

寅さんのテーマが流れてくる葛飾区の柴又帝釈天の計測結果
寅さんのテーマが流れてくる葛飾区の柴又帝釈天の計測結果

 電波の入り具合は、NTTドコモが2本、auが3本で、ソフトバンクだけは4本と高いパフォーマンスを見せていた。一方、通信速度はというと、NTTドコモは上り4.8、下り12.64。auは上り14.32、下り23.53。ソフトバンクは上り6.8、下り0.14となった。ソフトバンクの通信速度の遅さが気になる結果となった。


 このあと足を運んだのは荒川区。一体どのような計測結果が出たのか、次回の計測結果にも注目していただきたい。

 >>次回は荒川・足立・江戸川・千代田・北区

【関連カテゴリ】

その他