スパコン活用の展望を探る
「京」世界一の先は
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/9/20  2/3ページ

人とスパコンの二人三脚


 「スパコンがなくなったら当然ながら困りますよ」と語るのは、気象庁予報部数値予報課の室井ちあし氏だ。気象庁は、数値予報*7のために1959年に大型コンピュータを導入したという、筋金入りのヘヴィユーザだ。現在使われているスパコンは8代目で、2006年に納入された。気象予報のために専門に作られたものではなく、日立が販売している「SR11000」という製品を、気象庁向けにアレンジして使っている。数値予報の50年余りの歩みは、スパコンの進化とともに人間の果たす役割が変わり、スパコンが業務の中核を担うようになるという、スパコンなくしては立ち行かなくなった社会の一例として興味深い。

気象庁の数値予報用スパコン。最大理論ピーク性能は21.5テラFLOPS。提供:気象庁
気象庁の数値予報用スパコン。最大理論ピーク性能は21.5テラFLOPS。提供:気象庁

 「スパコンの導入当初から20年余りは、数値予報の結果は使えるようなものではなかった」と室井氏は語る。それは、スパコンの性能とそれを使う人間側のノウハウのどちらもが足りなかったからだ。せいぜい低気圧や高気圧がどちらに行くかというぐらいのことしかわからず、人間がデータと経験を元に0から予測する時代が続いた。数値予報の精度が飛躍的に向上したのは80年代のこと。現在では向こう3日の天気予報であれば、そのまま使っても問題がない程度にはなった。


 数値予報の精度が上がると、天気予報における人間の役割も大きく変わっていった。0から天気予報を作るのではなく、スパコンが弾き出す難しい物理法則の方程式の値から、統計処理など様々な方法を駆使して国民が知りたい降水確率や最高気温などの情報を導きだす、一種の分析のような仕事になっていったのだ。もちろん分析のためのノウハウの蓄積は必須ではあるが、人間の役割が補助的な方向にシフトしたとも言えるかもしれない。「昔からのベテランの予報官が現役で頑張ってくださればなんとかなるんでしょうけど、今の予報官の人に『0から天気予報してね』って言っても、無理でしょう。(人間だけで予報していた頃の)ノウハウがもう受け継がれていないので」と室井氏が語るように、今ではスパコンなくして天気予報は成り立たない。


 同じようなことが、社会のいろんな場所で起きている。スパコンを使うことで時間と費用を大幅に削減できたメーカーは元には戻れないし、実験よりもシミュレートの技法を磨いた研究者はこれからもその方法で研究を続けるだろう。社会には、人間とスパコンの二人三脚で作り出され送り出された製品が、情報が、溢れている。姿は見えなくとも、スパコンは現在の社会を支える柱の一つなのだ。こうした認識が広く浸透していたなら、事業仕分けでの扱いも少しは違っていたのではないだろうか。


広く理解を求めるために


 話を「京」に戻そう。「京」はその高い計算能力で、ナノサイエンス、ライフサイエンス、地球環境、ものづくり、物理など幅広い分野で活用できる汎用型のスパコンだ。社会に還元される成果は計り知れないだろう。しかし、少なくとも事業仕分けの段階では、その存在意義はあまり理解されていなかった。開発プロジェクトのリーダーである理研の渡辺貞氏は「事業仕分けで初めてスパコンの開発を知った人もいると思います」と語る。


 どれだけ有意義なものでも、そうと認識されていなければ巨額の国費投入は決断できまい。2企業の撤退とシステム変更による“無駄な遠まわり”への批判とともに、この認識の薄さ、知名度の低さも、事業仕分けが白熱した一因だったのだろう。そうした反省を踏まえ、理研は広く一般に「京」の役割を知ってもらうための取り組みを始めている。


 これまで年に1度、主に専門家向けに行っていたシンポジウムに加えて、市民参加型の「次世代スパコンについて知る集い」を開催するようになった。2010年中にすでに4回、京都、仙台、東京、神戸で開かれている。特に「京」のある次世代コンピュータ開発実施本部が置かれた神戸市では、地域振興策としての関心も高かったようだ。

神戸市で開かれた「次世代スパコンについて知る集い」。市民の関心は高い。提供:理研
神戸市で開かれた「次世代スパコンについて知る集い」。市民の関心は高い。提供:理研

 それぞれの集いでは、『未来の新幹線づくり』や『スパコンを使ったタイヤやゴルフ用品の開発』といった一般の参加者も親しみやすい研究テーマが発表され、理解を深める一助とされた。また子供たちの夏休みにあわせて、「京」の姿を直に見ることができる公開イベントも行われ、多くの子供やその親が「京」の様子や性能について知るきっかけを作った。理研では、今後もこうした地道なPRを続けていくという。

>>「京」活用の切り札?HPCIとは

【関連カテゴリ】

トレンドIT政策