薬のネット販売 解禁|引き続き議論が必要な薬のネット販売|Editor’s note|HH News & Reports|ハミングヘッズ

Editor’s note 取材や日常生活で記者が感じたことをお伝えします

2013/9/30

引き続き議論が必要な医薬品のネット販売

 今回は薬のネット販売全面解禁について特集で取り上げました。多くの人が街の薬局やドラッグストアで買っている一般用医薬品。私はまだ医薬品をネットで買ったことはありません。とは言え、医薬品をネットで買うのは便利だろうな、とは感じています。ただ花粉症の薬や目薬をはじめ、どんな医薬品でも私は店頭の薬剤師さんにあれこれ聞いてしまうタイプなので、いざネットで買うとなると慎重になってしまうかもしれません。

 2009年施行の改正薬事法で定められた1類、2類、3類の一般用医薬品ですが、厚生労働省は安全面への配慮から、1類、2類についてはネットでの販売を禁止し、3類についてのみネットでの販売を認めるという省令を出しました。しかし、2013年1月に行われた最高裁判所の判決でそれが無効に…。これまでのルールからの転換を余儀なくされています。そこで今、薬のネット販売について厚生労働省が有識者を集め、様々な議論が行われています。

 特集で紹介した「スイッチ直後品目」などをどのように扱えばよいのか、これまで対面販売してきたところをどれだけネットで行えるのか、IT機器に使い慣れていないお年寄りがネット販売をどのように使うことができるか…などが話し合いの論点となっています。

 また医薬品のネット販売を悪用した偽のサイトなどネットの悪用も気になります。そのあたりを厚生労働省も考慮に入れたルール作りを進めているようです。

 私は東京に住んでいますが、そもそも街の薬局やドラッグストアがあるという環境自体、実は恵まれているのかもしれません。地域次第では医薬品の入手は大変です。そういう場所に限って医薬品の必要な高齢者の方が住んでいるわけで、ネットで購入ができると便利なはずです。

 現在「チェックボックスをつくる」「電話をつかう」など、具体的な方法についても話し合われています。しかしネット販売で逆に手間が増え、医薬品が買いにくくなってしまっては本末転倒。そこは技術を活用して、安全性と利便性が確保できる方法を導き出さなければなりません。

 消費者・販売者が納得のいくルールとなるまで、じっくりと議論を重ねてほしいと思います。

(山下雄太郎)