最新のトピックスにフォーカス! クローズアップ
2013/10/15  1/2ページ

荒川区・全小中学校タブレット導入のゆくえ(1)

域内の全ての小・中学校の児童・生徒にタブレットPCの導入を進めている荒川区。導入が決まれば1万2000台規模とも報じられている、今回の取り組みを追った。

荒川区の小中学校4校でタブレットPCの試験導入が行われている 提供:荒川区教育委員会
荒川区の小中学校4校でタブレットPCの試験導入が行われている
提供:荒川区教育委員会

取材NGは「タブレット環境」を壊さないため

 

 「学校現場での取材は一切お断りしているんです」――。


 2013年9月から、小学校3校・中学校1校でモデル利用がスタートしている。区内全ての小・中学校へ導入する自治体は珍しいため、メディアの取材依頼が引きも切らないが、現地での取材は断り続けている。


 「教室で実際に使用する先生と児童の環境を壊したくないんです。授業に専念して、モデル校のノウハウを蓄積したい」。荒川区教育委員会指導室・統括指導主事の駒崎彰一氏は「取材拒否」の理由をこう語る。


 「全小学校・中学校にタブレットPC」というと、自治体の取り組みとして、一見センセーショナルな出来事である。ただ、他の自治体と比べて、荒川区はタブレットPCを導入する素地が整っていた。


「教育ネットワーク」で区内全校がクラ・サバに


 荒川区の「教育のICT化」は、2009年度にさかのぼる。文部科学省がプロジェクト「スクール・ニューディール構想」で補正予算を組み、約4000億円が「全国の小中学校のICT化推進費」として交付されることになった。具体的には、

・小中学校に1台ずつ電子黒板を設置
・教員用PCを1人1台
・普通教室に校内LANを設置する

等を行うための補助金である。この時、荒川区では1教室1台に電子黒板を設置、「教育ネットワーク」を構築した。「教育ネットワーク」は、区内に設置したサーバと、各教室の電子黒板を結ぶネットワーク網だ。「学校クラウド」とも呼べるシステムを、この時点で整えている。


 電子黒板が出た当時は、教員がプレゼンテーションソフトを使って独自に教材を作っていたが、2011年度に教科書が改訂されて「デジタル教科書」が出回るようになった。


 CDやDVDで配られていたデジタル教科書だったが、もっと使い勝手をよくしようと、荒川区では「教育ネットワーク」内にデジタル教科書を保存し、各教室へ配信をするようにした。「教材を配信できるようなエッジサーバを用意」(駒崎氏)していたという「教育ネットワーク」のデジタル教科書配信の仕組みは、以下のとおりである。

荒川区のデジタル教科書配信システム(クリックすると拡大します)
荒川区のデジタル教科書配信システム(クリックすると拡大します)

 区内の教材会社に教材購入を依頼すると、サーバと連携して購入したデジタル教科書のアイコンが電子黒板のPC上に出てくる仕組みだ。デジタル教科書のインストールが不要で、教員が買ってすぐ使えるようにしている。


 「ネットワーク業者や教科書会社と連携して、2012年の9月からこのシステムを稼働させました」(駒崎氏)。自治体の全域でネットワークを構築し、デジタル教科書を配信型にする仕組みは、全国的に見ても珍しいという。


 教科書が教室に配信されるようになったのならば、子どもたちの手元にもデジタル教科書があっていい――。教科書配信サーバと受信端末の電子黒板。そこへ、子どもたちの手元へ「クライアント」となるタブレットPCを配布する。荒川区での全小中学校へのタブレットPC導入は「ごく自然な流れ」であったといえる。


 こうして2013年9月から始まった小・中合わせて4校での試験利用だが、トラブルはなかったのか。「(ITの導入を)段階を踏んでしてきましたので、教員も戸惑うことなく進められています。こちらが思った以上にスムーズです」(駒崎氏)。出だしはまずまず、といったところだ。

>>課題はコストとデータ保管


RPAツール・AIHH

【関連カテゴリ】

トレンドIT政策