Bookshelf ~今月の本

3Dプリンタ、データ作りに挑戦(1)

3Dプリンタ、データ作りに挑戦

 
 

 
 

2014/2/3

3Dプリンタ、狂騒曲


 今回は、2013年のバズワードとなった「3Dプリンタ」について、記者の体験も含めた関連書籍の紹介をしたい。


 IT業界は、とにかくバズワードが止まらない。ウェアラブル、3Dプリンタ、クラウド…。中でもITバズワードを広げる名人と言えば、クリス・アンダーソン氏だろう。


 ITを取り巻く現状を、的確なバズワードで盛り上げてきた。数がさばけない商品でも、それらを合わせれば大きなマーケットになる、というロングテールモデル。商品を無料で提供するビジネスモデル、フリーミアム。メディアの紹介や絶妙なマーケティングも相まって、これらの関連書籍は売れに売れた。


 そんなクリス氏が、「低価格3Dプリンタの到来によって誰でも製造業者になれる」という可能性を提示したのが『MAKERS』だ。

Autodesk 123D Design。直感的な操作でも、そこそこのデータは作れる
Autodesk 123D Design。直感的な操作でも、そこそこのデータは作れる

モノづくりに挑戦!


 今回は『MAKERS』で提示された「3Dプリンタ」を、実際に体験してみるべく、関連書籍を紐解いていった。


 過去の記事でも取り上げたのだが、単に「3Dプリンタ」と言っても、そこに出力させるには3Dデータが必須となる。文章をプリンタで印刷するにはWordやPDFのデータがいるように、3Dプリンタにも出力するためのデータ「.stf」が必要になる。そのデータはどう用意するのか? 


 「クリエイターズマーケット」という、3Dデータの出品者と、買い手をつなぐサイトもあり、ここからデータを入手することも可能だ。しかし、他人のデータに頼るのでは3Dプリンタがどんなものなのか、体感としてわからない。それでは、3Dデータをどう作るか?

>>そもそもの「モノづくり」を学ぶ!