トップページへ
プレスリリースロゴ
2023/11/09
報道関係者各位
ハミングヘッズ株式会社
Windows 11 2023 Update(23H2)に主要製品完全対応
Windows 11の大型アップデートは常時即対応!

ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都江戸川区)はこのたび、Windows 11の大型アップデートWindows 11 2023 Update(23H2)に対応した弊社主要製品「Security Platform(SeP)」「Defense Platform(DeP)」をリリースしました。

Windows 11 の大型アップデートに常時即対応 Windows 11 2023 Update(23H2)対応版リリース!
◆生成AI「Copilot in Windows」が正式実装
 生成AI市場も爆発的に規模が拡大中

2023年10月31日(米国時間) に一般提供が開始されたこの大型アップデートには、生成AIを用いた作業支援・業務効率化サービス「Copilot in Windows」や、開発者向け機能であり、同社最新のファイルシステム「ReFS」を使用したストレージボリューム(領域)である「Dev Drive」などの新機能が含まれています。

このCopilot in Windowsでも注目を集める「生成AI」の市場の伸びは留まるところを知りません。市場調査会社のFortune Business Insightsの発表(2023年8月)によると、世界の生成AI市場規模は、2022年は290億ドル(約4兆3,600億円)とされています。また、2023年は438億7,000万ドル(約6兆5,900億円)で、2030年までに6,679億6,000万ドル(約100兆4,100億円)に成長するとのことです。一方、日本のビジネスの現場でも生成AIの存在感は強まるばかりです。帝国データバンクが1,380社に実施し、2023年6月に発表した生成AIに関するアンケート調査によると、「業務で活用している」と答えた企業は9.1%、生成AIを「業務での活用を検討している」と答えた企業は52.0%と、生成AIを活用・検討している企業は61.1%と過半数を超えています。


◆Windowsの大型アップデートは常時即対応
 Windows 11 23H2も「いつも通り」即対応

こうした潮流の中で満を持して登場したMicrosoftの生成AI「Copilot in Windows」や前述した「Dev Drive」などの機能は、前のバージョンであるWindows 11 22H2の更新プログラム「KB5030310、KB5030509」にて既に搭載されていましたが、弊社製品は即座に対応しておりました。そして今回のWindows 11 2023 Update(23H2)にもリリース後いちはやく対応しております。

また、昨年の「Windows 11 2022 Update」においても、一般リリースに先行してインサイダープレビューベータ版にも即対応。Windows 11が一般リリースされた2021年10月5日にリリース以来、大型アップデートにも日々の更新プログラムにも「常時即対応」を行っております。Windows 11に限らず、現在でも圧倒的なシェアをもつ Windows 10についても半期に一度の大型アップデートに着実に対応してきました。

常にセキュアなPC環境を、Windowsの大型アップデート後も即座に提供するハミングヘッズのSeP、DeP。ぜひご利用ください。

Security Platformロゴ
名称:ハミングヘッズ株式会社
所在地:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5-38-8
事業内容:コンピュータプログラムの開発・販売およびコンサルタント業務
URL:https://www.hummingheads.co.jp/
本リリースに関するお問い合わせ

TEL:03-6808-1300
E-mail:sales@hummingheads.co.jp

※ 本内容は、発表日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。
※ Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、及び商標です。
※ 記載されている商品名、ブランド名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。
※ セキュリティプラットフォーム、ディフェンスプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ ハミングヘッズ、ハミングヘッズセキュリティプラットフォーム、ハミングヘッズディフェンスプラットフォームはハミングヘッズ株式会社の登録商標です。