トップページへ
プレスリリースロゴ
2022/09/21
報道関係者各位
ハミングヘッズ株式会社
Windows 11 2022 Updateに対応完了
主力3製品を、発表直後に完全対応
2022年9月21日(日本時間)にWindows 11初の大型アップデート「2022 Update」がリリースされました。ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都江戸川区)は、この大型アップデートのインサイダープレビューβ版への、製品対応を完了しています。厳正で大規模なテストを通して、完全な対応が済んでいる製品は、弊社の情報漏洩対策ソフト「Security Platform(SeP)」、サイバー攻撃対策ソフト「Defense Platform(DeP)」、ロボティック・アシスタント「AI Humming Heads(AIHH)」の3製品になります。
Windows 11に主力製品群が完全対応
◆Windows 11初の大型アップデートも
 「いつも通り」最速の対応完了
世界におけるOSのシェアを見ると、Windowsは2022年9月時点で74%(StatCounterより引用)。数年ほど横ばいですが、Windows内でのシェアは大きく変化しています。

Windows 11は、昨年10月頭のリリース以来、約1年で順調にシェアを伸ばしています。2022年9月の時点で、Windows 全体の24%(Steamより引用)。1年間で4分の1がWinodws 11に置き換わった計算になります。

こうした背景には、Windows 10の古いバージョンのサポート終了が続いているという事情があるでしょう。今年の5月にはOctober 2020 Update(20H2)が終了し、12月にはMay 2021 Update(21H1)、2023年の6月にはWindows 10最後のバージョンとも言えるNovember 2021 Update(21H2)まで、サポートの終了が決定しています(Microsoftホームページよりサポート終了時期を引用)。置き換わりが続き、またその傾向の加速が予想される中、実施されたWindows 11初の大型アップデートが「Windows 11 2022 Update」です。

今回、更新・追加されるのは、スタートメニューやスナップ機能の改善などUI周りから、「Windows Studio Effects」の追加によるコミュニケーション機能の強化、遅延表示を減らすなどのゲームへの最適化、新規のセキュリティ機能「Smart App Control」まで、バラエティ豊かな、幅広い内容となっています。さらに、今年の10月には、追加アップデートが予告されており、さらなる機能追加・更新が予想されます。


◆大型アップデートへの即時対応で
 いつでも確実なセキュリティを提供
更新・追加された幅広い機能を、十全に、かつ安全に使いこなすためには、大型アップデート対応後のWindows 11へ、搭載しているセキュリティソフトが即時対応することが、必要になってきます。日々発生するアップデートに、間断なく対応を行い続ける弊社製品にセキュリティの全てをお任せいただければ、常に安全なPC環境を維持できることがお約束できます。

是非とも、この機会に弊社製品をご検討ください。

Security Platformロゴ
名称:ハミングヘッズ株式会社
設立:1999年10月25日
所在地:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5-38-8
資本金:1億円
事業内容:コンピュータプログラムの開発・販売およびコンサルタント業務
URL:https://www.hummingheads.co.jp/
本リリースに関するお問い合わせ

TEL:03-6808-1300
E-mail:sales@hummingheads.co.jp

※ 本内容は、発表日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。
※ Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、及び商標です。
※ 記載されている商品名、ブランド名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。
※ セキュリティプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ ディフェンスプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ AI Humming Headsの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ ハミングヘッズ、ハミングヘッズセキュリティプラットフォーム、ハミングヘッズディフェンスプラットフォーム、AI Humming Heads、AIHHはハミングヘッズ株式会社の登録商標です。