プレスリリースロゴ
2018/02/09
報道関係者各位
ハミングヘッズ株式会社
ハミングヘッズ、更なる進化
Fall Creators Updateに完全対応、新機能搭載
◆Fall Creators Updateへの製品対応
ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都江戸川区、以下ハミングヘッズ)の情報漏えい対策ソフト「Security Platform(以下SeP)」とサイバー攻撃対策ソフト「Defense Platform Business Edition」が、このたびWindows 10の「Fall Creators Update」に完全対応しました。

昨年5月に猛威をふるったランサムウェア「WannaCry」。同年10月17日(米国時間)にリリースされた「Windows 10 Fall Creators Update」では、このようなサイバー攻撃に対応すべくセキュリティ機能も強化されています。Anniversary Update、Creators Updateに続く大型アップデートです。尚、弊社製品「DeP Home Edition」に関しては、Fall Creators Updateのリリースに先行して対応済です。
Fall Creators Update

「SeP」「DeP」 Windows 10 Fall Creators Update 完全対応


◆「SeP」リリースフォルダ機能もパワーアップ
ユーザ様に大変ご好評いただいているリリースフォルダ機能。社内データを社外に持ち出す際には、必ずリリースフォルダを経由させるという機能です。管理側はリリースフォルダを監視することで社外への持ち出しを完全に把握できます。そのため「リリースフォルダを通す」というたった1つのルールで強靭なセキュリティを実現します。セキュリティに付き物な煩わしいルールとはおさらばです。また、データの出口が一元化されることにより、社内のデータ資産の管理・把握を簡素化・強化できます。

このリリースフォルダ機能に新たな機能が加わりました。中でも特に注目すべきは2点。

1点目は、管理側の設定により、持ち出し先によって持ち出し時のファイル形式を指定できる点。
新機能
2点目は、リリースフォルダ経由後のデータでも、管理側が許可したURL以外の場所にアップロードすることを禁止する設定ができる点です。
新機能
◆テスト項目数850万! 徹底した品質テストを実施
近頃大企業における品質不正問題が大きく取りざたされています。一方弊社では、850万項目に及ぶ徹底したテストをPC約5000台を用いて自動で行っています。そのため、たび重なるアップデートに対しても、常に万全な品質を保ちつつ対応できています。

品質を維持・向上しつつ、日々進化し続ける「Security Platform」、「Defense Platform」。今後の活躍にもご注目ください!

名称:ハミングヘッズ株式会社
設立:1999年10月25日
所在地:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5-38-8
資本金:3億8,140万円
事業内容:コンピュータプログラムの開発・販売およびコンサルタント業務
URL:https://www.hummingheads.co.jp/
本リリースに関するお問い合わせ

TEL:03-6808-1300
E-mail:sales@hummingheads.co.jp

※本内容は、発表日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。
※Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、及び商標です。
※記載されている商品名、ブランド名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。
※AI HummingHeads、AIHHの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ハミングヘッズはハミングヘッズ株式会社の登録商標です。
※AI Humming Heads、AIHHはハミングヘッズ株式会社が商標登録出願中です。