Microsoft 365(旧名:Office 365)x Security Platform(R) Defense Platform(R)
Microsoft 365
(旧名:Office 365)
完全対応。
OfficeやMicrosoft 365(旧名:Office 365) も、ルールのないAIセキュリティ。
いつものワークスタイルなのに、新しい。
セキュリティプラットフォーム、ディフェンスプラットフォーム。
カンタンで、ローコスト、強固で今すぐ始められる情報漏えい・サイバー
攻撃対策が、Microsoft 365(旧名:Office 365)に完全対応しています。
AIで自動暗号化。
ルールがなくても
AIで最高のセキュリティ。
情報漏えい対策ソフト・セキュリティプラットフォーム(SeP)と、サイバー攻撃対策のディフェンスプラットフォーム(DeP)が、
Microsoft社のクラウド用オフィススイート「Microsoft 365(旧名:Office 365)」 に完全対応しています。

社内でシステムの構築から行うオンプレミスから、社外にある完成されたシステムを借りるクラウドへ。こうした大きな変化にセキュリティは
即時対応する必要があります。

SePやDePがあれば、Microsoft 365(旧名:Office 365)のOneDrive上の操作も、AIが自動で判定して適切な処理を行います。
ネットワーク上のクラウドかどうかに関係なく、今まで通り、いつもの作業でセキュリティを担保する――AIの最新技術で実現した「ユーザが意識することなく最高のセキュリティが自動で施された Microsoft 365(旧名:Office 365)」の誕生です。
Microsoft 365 Apps for enterprise
(旧名:Office 365 ProPlus )の頻度の高い更新にも、
SeP DePが随時対応。
更新プログラムチャネルに常時対応

Word、PowerPoint、Excel、Outlook、OneNote、Publisher、Access、Skype for Business 等をコンピュータに
インストールして使用可能な Microsoft 365 Apps for enterprise(旧名:Office 365 ProPlus )。
通常、毎月第二火曜日にリリースされる Microsoft 365(旧名:Office 365)の月次アップデートも新登場。
SePもDePも、アップデートに瞬時に完全対応。アップデートにより、セキュリティが止まってしまうことはありません。
社内ルール不要で、Microsoft 365(旧名:Office 365)を
使えます。
アクセス権の付与、データ持出し禁止、指定USBデバイス持込禁止、
利用後のファイルを暗号化サーバへ保存・・・
人頼みの情報漏えい対策は、極めて不完全です。

●ファイルの暗号化ルールを無視して、クラウドにアップします。
●ルールを無視し、クラウド上にアップされている情報を個人の機器に保存して持出します。

社内ルールではクラウド上の情報を守ることは不可能です。ローカルだけではなく、クラウドでも「社内ルール不要」で情報漏えい対策が行えるのが、SePなのです。
OneDriveも、SePとDePで
ローカルディスク同様、
安全に心地よく。
SeP は、OneDrive・SharePoint をいつものようにローカルのストレージとして認識。
内部ストレージのように暗号化・復号を意識せずに使用できます。

DePも、搭載したAIがOneDrive・SharePointへのデータ書込を自動で判定するので、アラート類は 一切表示されません。
いつもの、社内のマシンでの作業と同様の心地よさでご利用いただけます。
OneDrive for Business を
「信頼領域」「ホワイトリスト」に。
今後のビジネスの要 Azure のストレージエリア「OneDrive」に完全対応。
クラウドとローカルの間での頻繁な同期処理にも対応しました。

SeP は、OneDrive・SharePoint を、信頼領域として認識。内部ストレージと同じ認識として対応可能に。
DeP は、OneDrive への書き込みは基本的に “ホワイトリスト”として対応可能となりました。

情報漏えいはSePのAI自動暗号化で未然に防ぐ。
未知のマルウェアはDePのAIによるAPI監視で止める。


ビジネスの現場においては最も安全なセキュリティが、ローカルだけでなく、
マイクロソフトのは クラウド「Azure/OneDrive」でも完全な形で実現化されました。
Skype for Business。
場所を選ばない会議も
ルール不要で常にセキュア。
場所を選ばないオンライン会議が可能な Skype。会議のメモやファイル、画面を共有する
とても便利な機能ですが、ファイルをダウンロードされて情報が漏れる可能性も高くなります。

セキュリティプラットフォームは、Skypeでのオンライン会議上でもセキュアを守ります。
もちろん、他のシチュエーション同様、特に特別な操作もなく、ルール不要で安心な会議を
行うことができます。
会議で使用した共有ファイルは、AIが自動で暗号化します。
ダウンロードしても、自動で暗号化されているので開くことは不可能です。さらに、ダウンロードしようとする行為自体が「履歴」として記録されます。

すべて自動で行われますので、オンライン会議前のセキュリティに
関する準備は一切不要。会議の前は、資料作りに集中できます。
●ダウンロード履歴を記録
●AI自動暗号化

OneDrive上のファイルを
最新型のAIが判断して、
ファイルを“自動的”に暗号化します。
いつもと同じ作業でどうぞ。

セキュリティプラットフォームは、「ただ、いつもと同じようにPCを操作する」だけで、AIが自動的に社内のファイルを暗号化。
OneDriveにアップロードした社内のファイルは、AI自動暗号化。
暗号化ファイルに変換したり、暗号化サーバにアップしたりは一切不要です。
ただいつもの作業を続けるだけで、クラウド上のセキュリティが守れるのです。

AIがMicrosoft 365(旧名:Office 365)を
365日・24時間監視。
クラウドでの操作も全履歴記録。

おなじみセキュリティプラットフォーム、ディフェンスプラットフォームの強力な
「履歴機能」は、Microsoft 365(旧名:Office 365)上、クラウド上でも、AIがすべての操作履歴を記録します。

社内では「いつ、誰が(どのパソコンで)、どうやってファイルを持ち出した」か、 あるいは「持ち出そうとしたか」の全記録が克明に自動的に記録されています。
外部から侵入した場合も「いつ、どうやってファイルを持ち出した」のかの全記録を 自動的にとることができます。
Microsoft 365(旧名:Office 365)を常時監視する、まさに監視カメラのような機能です。

Microsoft 365(旧名:Office 365)上で行われた操作の全履歴が記録されます。
「4月7日の21時5分にAさんが OneDrive に保存されている『重要』というタイトルのマイナンバーのファイルをエクセルで印刷しようとした。」
Microsoft 365(旧名:Office 365)上のゼロデイアタック?
問題ありません。
Microsoft 365(旧名:Office 365)の Excel形式のファイル を開いたとき、その中のマクロにマルウェアが混入していたら・・・。マクロ経由のサイバー攻撃が、アンチウイルスの定義ファイルにすでに指定されていなければ、攻撃は素通しです。つまり定義型のアンチウイルスはゼロデイ攻撃についてはまったく無防備なのです。
DeP は、クラウド上のファイルも、従来の API モニタリングおよび H4E で監視していますからこうしたマルウェアが実行されることは一切ありません。
動画で見るSePとDeP。
Microsoft 365(旧名:Office 365)の
情報経路。徹底研究。分析済みです。
「Microsoft 365(旧名:Office 365)ハミングヘッズラボ」。
Microsoft 365(旧名:Office 365)の情報経路によるセキュリティ状況を徹底的に研究、分析するプロダクトチームです。
Microsoft 365(旧名:Office 365)を利用した際に考えられるあらゆる経路、社内PCからの操作、アップロード操作、ダウンロード操作、メール添付操作、社外PC、モバイル・デバイスからの操作やメール添付操作、添付ファイルを開いて編集操作・・・これらのすべてを分析・解析。
網羅的な解析結果は、すぐにSeP、DePの機能として反映されます。
Microsoft 365(旧名:Office 365)にアクセス。
どんなシチュエーションでも、
”ルール”は不要です。
Microsoft 365(旧名:Office 365)に関するあらゆる経路でも安全な、SePとDePの経路をまとめてみました。
「暗号化するルール」「重要な情報を管理するルール」「データを保存するルール」など人頼みの情報漏えい対策は、どんなシチュエーションでも
一切不要。OfficeやMicrosoft 365(旧名:Office 365)は、新しいセキュリティで。
※モバイル環境でご覧の方、さらに詳細をご希望の方用に、経路詳細のPDFもご用意しております。こちらからダウンロードしてください。