【速報】2016年12月9日 DeP(Defense Platform)が、世界で唯一のISO/IEC 15408
認証のAPIフック方式ホワイトリスト型サイバー攻撃対策ソフトウェアに!
ホワイトリスト型サイバー攻撃対策ソフトウェア「Defense Platform」は、ISO/IEC 15408を取得しました!
総合的なセキュリティ製品が、国際基準であるISO/IEC 15408を取得しているケースはAPIフック方式のホワイトリスト型として世界初となります。

ISO/IEC 15408は独立行政法人情報処理推進機構が行っている「ITセキュリティ評価及び認証制度(JISEC)」で評価する際の国際基準。
今回の客観的に性能を保証する制度により、日本発のDePが、米国に限らず世界中の政府調達に耐えうる数少ない製品となります。
認証書
認証書授与式の様子
米国商務省が発表「Guide to Application Whitelisting」
完全準拠しているのがShinobi Defense Systemです。
米国商務省のNIST(国立標準技術研究所)により発行された刊行物『Guide to Application Whitelisting』では、ホワイトリストの使用の推奨を開始しました。「特定のホスト上の使用が許可されていないアプリのインストールや実行を阻止します。これによりマルウエアやその他の不正ソフトウエアが起こし得る複数の脅威類型が軽減されます…」(「アプリケーション・ホワイトリストの基礎」より一部翻訳・抜粋)

Shinobi Defense Systemは、商務省が発表したこの新基準に完全に準拠。
米国が、注目し始めています。
「Guide to Application Whitelisting」
日本語訳バージョンをダウンロードしていただけます。
※本資料は、NISTから発行された資料を日本国内のみなさまにも情報をご提供させていただきたく、ハミングヘッズ株式会社が翻訳したものです。
原文に忠実な翻訳を努めておりますが、ニュアンスの相違や意訳が混在し得ることをご了承くださいませ。
また、適当な用語が見当たらない場合、カタカナ表記またはカッコ書きでの原文付記を施しております。
NISTの資料をハミングヘッズが翻訳したものです
Bellevueは、Seattleに近く、業界ではITのメッカとして知られた街。

米国では情報流出事件も多発しており、北米の情報セキュリティ市場は、220億ドル(2.2兆円)を超えます。

「SHINOBI USA, Inc.」では、「Shinobi Defense System」の製品群によって北米市場の約1%・2億ドルの普及を目指します。
なぜ「SHINOBI」なのか?
米国における法人名をハミングヘッズではなく「SHINOBI」に。
この社名には、理由があります。

セキュリティプラットフォームはユーザ様の使い勝手を変えず、操作の情報はすべて収集し、管理者に報告します。
危険な要因は自動的に止め、ユーザに負担をかけません。
これはまさに日本で古来より、雇い主の見えないところで情報を収集し、報告する任務をこなしてきた「忍者」つまり「忍」と同じなのです。
ソフトウエア業界で25年の経験を有する、情熱あふれる革新者。Lindeman氏は、顧客満足をよく理解した上で行う、広く深い商品開発とマーケティング経験に定評があります。Lindeman氏は、その情熱とプロ魂で知られる優れた協力者です。

米国Microsoft Corporation(MS)での20年間のキャリアを通じ、24 の新規製品を市場に投入し、その全ての製品においてShipping Awardを受賞しました。また、MS Researchに異動し eBooks やタブレットPCビジネスに従事するに至る前には、OEM Partner Managerとして複数のWindows CEデバイスの開発チームを率い、多くの日本メーカーとも開発を行ってきました。
MS Research在職中には、Cyber Security Technologyの開発に携わり、後のMS Office Rights Management Services v1.0へと発展しています。また、Windows Security Groupでは、違法コピー、海賊版防止問題に取り組むグループを率いてきました。さらには、MSの新規Business Unit設立を導き、Software Licensing and Protection Services v1.0を市場に投入。その後、Cloud and Enterprise のDirectorとして、Visual Studio のWorldwide Partner Eco Systems立ち上げ、成功に導いています。

Hiroko夫人、長女Juliaさん、次女Linneaさん、長男StefanさんとWashington州Bellevue市に居住しています。かつて長野県に8年間居住しており、現在でも家族と共に日本を頻繁に訪問しています。
顧客の抱える問題の解決に資する競争力ある商品を生み出すことで知られる経験豊かな技術的・ビジネス的リーダーです。25年を超えるキャリアを通じて、Cornell氏は、新商品・サービス・ビジネスラインの構想・構築・発表に向けた、開発チームとビジネスチームの橋渡しを行ってきました。

ロッキード・マーティン社(Lockheed Martin)にて防衛産業・国家セキュリティ産業向けサテライトシステムの開発に従事。その後、ハニーウェル社(Honeywell)にて、アルゴリズム開発の能力を発揮し続け、航空機に搭載される次世代レーダー・安全システムの開発に従事し、シグナル・プロセスとデータ・ビジュアリゼイション・アルゴリズムに関する5つの特許を取得。
パターン認識アルゴリズムの開発を行うため移籍したRAFテクノロジー社(RAF Technology)では、Cornell氏はセキュリティや認証関連商品のビジネス・ラインのリード・成長を目指すポジションに任命。

その後、Point B Consulting社にて、製品発表、製品管理、マーケティング等のコンサルティングに従事しました。同社では、クライアントが商品開発戦略を構築し、市場にそれら商品を導入できるよう援助することに従事し、同社初のビジネス・ラインを発表。キャリアを通じて、ソフトウェア、ヘルスケア、金融サービス、宇宙産業、政府、プロフェッショナル・サービス等の業界において、国際的企業からスタートアップに渡るビジネスについて、より優れた商品の開発・発表の援助を行ってきました。
"SHINOBI CYBERの主力製品Shinobi Defense System (SDS)は、サイバーセキュリティの最大の脅威も止めることができます。"

SHINOBIの米国でのブランドは「SHINOBI CYBER」。既にサイトが公開されています。

"Two layers of proven protection to stop unknown attacks before they start."

ゼロデイ攻撃と情報漏洩…未知の攻撃が開始される前に、二つの強力なレイヤーが保護します。