SePリリースノート
追加機能・改良機能

<Ver.3.6.14>

2016/12/28更新
追加・改良点 製品名 詳細
アプリケーション対応 ベーシック evolution /SV
ベーシック +AD evolution /SV
各オプション
Google Chrome 56β版(56.0.2924.28)に対応しました。
アプリケーション対応 ベーシック evolution /SV
ベーシック +AD evolution /SV
イントラネットオプション
グループウェア「desknet's NEO(V3.0R1.6/V3.5R1.3)」に対応しました。
アプリケーション対応 ベーシック evolution /SV for TS/MF Citrix XenApp 6.5/7.5 に対応しました。
機能改良 ベーシック evolution /SV
ベーシック +AD evolution /SV
各オプション
【リリース承認フォルダ原本保護機能】
リリース承認フォルダ内の承認済みファイルのうち、リリースOUTしたファイルの元ファイルを保護(削除・上書き・名前変更を禁止)することができるようになりました。
機能改良 ベーシック evolution /SV
ベーシック +AD evolution /SV
ベーシック evolution /SV for TS/MF
【転送メールの添付ファイルをSV化対象にする機能強化】
「転送メールの添付ファイルをSV化対象にする」機能が有効な場合でも、HTMLメール本文中に挿入された画像やオブジェクトを添付ファイル扱いせず、SV暗号化しない設定ができるようになりました。

※セキュリティプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ハミングヘッズセキュリティプラットフォームは、ハミングヘッズ社の登録商標です。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、及び商標です。
※その他のブランド名や製品もそれぞれの所有者の商標または登録商標です。
※本製品の仕様については、事前の予告なしに変更することがあります。
※本書の内容の一部・または全ての無断複写・転用・転載等は、特定の場合を除き、ハミングヘッズ社の著作権の侵害になります。
※このレポートは2016年12月現在のものです。