内部監査ツール スーパーサーチエンジン専用 情報漏洩対策テンプレート

102個のテンプレートがIT資産の可視化を可能にする。

情報漏洩対策およびITの利用状況を数値化

情報漏洩対策テンプレートは、スーパーサーチエンジンを用いて、エンドポイント情報漏洩対策ソフト セキュリティプラットフォームで取得した操作履歴の中から、情報漏洩防止に必要な履歴を抽出するためのツールです。
「情報漏洩対策およびITの利用状況を数値化」するために、情報漏洩対策、基礎分析の切り口にて102個のテンプレートとしてご用意しております。
ファイルの持ち出し操作やファイル、メール、Web等の操作を中心に、スーパーサーチエンジンを用いて操作履歴を抽出し数値化することで、リンクの把握やITの利用状況の把握が可能となります。高速な履歴抽出により、効率的な情報漏洩対策の実現を支援します。

情報漏洩対策要件例

情報漏洩対策

社外にて閲覧不可能なファイルの持ち出し状況の把握
以下について、ファイル名、度数、持ち出し経路を全て把握する。
【ファイル分析】
  • 社外では閲覧が不可能なSV暗号化ファイルのファイル名および度数を把握する。
【経路分析】
  • 社外では閲覧不可能なSV暗号化ファイルについて、メールの送信先アドレス名、アクセスしたWebサイトのURL、USBメモリやCD-R、DVD-Rなどの外部媒体(Cドライブ以外)による社外への持ち出し経路を把握する。
社外にて閲覧可能なファイルの持ち出し状況の把握
以下について、ファイル名および形式、度数、持ち出し経路を全て把握する。
【ファイル分析】
  • 社外で閲覧可能な平文、自走式暗号化ファイル※1、カプセル化ファイル※2
    .zipファイルなどをファイル名、度数、形式別に把握する。
【経路分析】
  • 社外で閲覧可能な平文、自走式暗号化ファイル※1、カプセル化ファイル※2などについて、メールの送信先アドレス、アクセスしたWebサイトのURL、USBメモリやCD-R、DVD-Rなどの外部媒体(Cドライブ以外)による持ち出し経路および度数を経路別に把握する。
  • 社外で閲覧可能な平文、自走式暗号化ファイル※1、カプセル化ファイル※2などについて、メールの送信先アドレス、アクセスしたWebサイトのURL、USBメモリやCD-R、DVD-Rなどの外部媒体(Cドライブ以外)による持ち出し経路および度数をファイル形式別かつ経路別に把握する。
  • ※1 自己解凍型パスワード付暗号ファイル。
    ※2 SePの無い環境へファイルを持ち出した場合、印刷、保存、クリップボードコピー、キャプチャーなどの操作を禁止できる二次漏洩対策のためのファイル。
印刷状況の把握
  • 印刷されたファイル名全てを把握する。
  • ローカルドライブ、サーバ、USBメモリやCD-R、DVD-Rなどの外部媒体(Cドライブ以外)の印刷度数を把握する。
  • メール本文、Webサイトのページなどの印刷度数を把握する。

基礎分析

アプリケーションの起動状況の把握
  • 利用されている全てのアプリケーションおよびその起動度数を把握する。
  • 特定のアプリケーションの起動回数を把握する。
Webの利用状況の把握
  • PCから接続されている全てのWebサイトのURLおよび度数を把握する。
  • イントラネットなどの特定のサイトへの接続回数を把握する。
  • Webサイトへアップロードされた度数を把握する。
メールの利用状況の把握
  • 送信メールの総数および送信先別の度数を把握する。
  • 受信メールの総数および度数を把握する。
  • メールに添付されたファイルの度数を把握する。
  • 指定したメールアドレスの度数を把握する。
PCの利用時間の把握
  • PC別、ユーザ別にPCの利用時間を把握する。
ファイル操作状況の把握
  • コピー、移動、更新、別名保存など各ファイル操作の度数を把握する。
  • ファイルコピー先の度数をコピー先別に把握する。
  • ファイル移動先の度数を移動先別に把握する。
  • ファイル更新先の度数を更新先別に把握する。
  • 別名保存先の度数を保存先別に把握する。
  • 削除されたファイル名および度数を把握する。
拒否操作の把握
  • コピー、移動、更新、別名保存などの拒否操作を行ったファイル名および度数を把握する。
SePインストール実績の把握
  • インストールの有無を把握する。