SePの認証にスマートカードが使用可能になった認証オプション

SePの認証にスマートカードが使用可能

共通ユーザでログオンしたPCで、スマートカード別の認証や履歴を記録
業務システムを制御するためのコンピュータなどは、1台のコンピュータで複数人が、同一ログオンユーザで作業を行うことがあります。こういった場合、誰が操作を行ったかを履歴で確認できなかったり、あるいはユーザごとに操作が許可できない、といった問題が発生します。

認証オプションは、このような運用を行っている環境でも、スマートカードのユーザごとに印刷の許可や利用履歴の記録を可能にするオプションです。認証オプションを利用すると、スマートカードユーザごとに許可の設定ができ、スマートカード利用に関する情報を履歴に記録します。そのため、1台のコンピュータを同一ログオンユーザ名で、複数人で利用する環境でも、履歴からスマートカードのユーザを特定したり、操作を許可することができます。

印刷の制限・許可を自由に設定

Write制限との組み合わせで、印刷許可・制限が利用しやすい
アプリケーションに依存せずに禁止を行うWrite制限。CD、FD、MO、HDD、インターネットなどあらゆる外部媒体への情報漏洩を禁止するための機能ですが、紙媒体もまた外部媒体ですので、Write制限により禁止ができます。

認証オプションは、この印刷のWrite制限と組み合わせることで、特定のスマートカードユーザのみ、印刷を許可できるようします。例えば、ユーザごとに印刷の制限をかける場合、Write制限で印刷操作の「アプリケーション」「プリンター」を一旦、全面禁止にして、スマートカードによる認証を経たユーザのみWrite制限を一時的に解除する、という使い方が考えられます。

スマートカードの認証で印刷を許可

対応機種

・対応スマートカード
FeliCaカード

・対応スマートカードリーダー
ソニー株式会社製 RC-S320/RC-S380

※ 「FeliCa」は、ソニー株式会社が開発した非接触通信の技術方式及び登録商標です。