Mac対応でセキュリティ強化が可能なSeP mini for Mac

強固なセキュリティを誇る情報漏洩対策ソフト SePがついにMacに対応

Mac上で暗号化を解除。スムーズな運用を実現
情報漏洩対策ソフト SePをご利用されている企業様では、これまでSePの運用はWindows系統に限られており、運用上MacPCは「社外」として認識されてしました。そのため、実際には同じ社内であってもMacPCにデータを渡す際は、平文化する必要がありました。SeP mini for Mac は、オフィス内にあるMacPCをWindowsと同じ「社内」として扱うことができるようにするオプションです。

SeP mini for MacをMacPCにインストールし、SePサーバと接続するとMacPCが「社内」として認識されます。そのため、SeP mini for Macのアイコン上に暗号化したファイルを置くだけで、SV暗号化ファイルを平文化できるようになります。

マシン名やユーザ名など、MacPC上で平文化するための条件もSeP mini for Macを生成する際にサーバ設定ツールで自由に決めることができるため、セキュリティの維持も容易です。今後はよりWindowsに近い環境を再現するためさらなる開発を進めていきます。

MacPCでもWindows環境に近い使い勝手(クリックすると拡大します)

(クリックすると拡大します)

SePの履歴機能も使用可能

平文化した記録が残るのでセキュア
SeP mini for MacがインストールされたMacPCを「社内」として認識するためにはSePサーバと接続している必要があります。このため平文化に際して、どのファイルがいつどのPCによって暗号化を解除されたか、サーバ側に完全な履歴として残ります。

  • SeP mini インストーラ
    • ・ Windows Server 2008 Standard ( SP2 以下 32bit)
    • ・ Windows Server 2008 Enterprise ( SP2 以下 32bit)
    • ・ Windows Server 2008 R2 Standard ( SP1 以下 64bit)
    • ・ Windows Server 2008 R2 Enterprise ( SP1 以下 64bit)
    • ・ Windows Server 2003 Standard Edition ( SP2 以下 32bit)
    • ・ Windows Server 2003 Enterprise Edition ( SP2 以下 32bit)
    • ・ Windows Server 2003 R2,Standard Edition ( SPなし/SP2 32bit)
    • ・ Windows Server 2003 R2,Enterprise Edition ( SPなし/SP2 32bit)

  • SeP mini for Mac
    • ・ Mac OS X 10.5 Leopard ※ Intel CPU 搭載機のみ
    • ・ Mac OS X 10.6 Snow Leopard
    • ・ Mac OS X 10.7 Lion
    • ・ OS X 10.8 Mountain Lion