全ての入力文字を記録する編集履歴オプション

ファイル、Web、メールの入力文字の履歴を漢字で出力

入力した文字を丸ごとキャッチ

編集履歴オプションは、従来、情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティソフト、 セキュリティプラットフォームが出力する履歴に加え、ファイル、メールの編集やインターネットへのアップロードなどの際に必要なキーボードストロークを履歴として出力。プロセス単位ですべてのアプリケーションについて履歴を取得するオプションです。
インターネット上の掲示板へのアップロードやOffice 365、Azureなどのクラウド仮想化環境における操作も、書き込んだ文字すべてが履歴として記録されるので、「いつ」「誰が」「どのPCから」「どこのサイトへアクセスしたか」だけではなく、「どのような内容を書き込んだか」が一目瞭然です。また、プロセス単位ですべてのアプリケーションについて履歴を取得。最強の証跡として有効活用することができます。個人が最新ファイルを探す場合にも、履歴から検索すれば、すぐに見つけることができ、ファイル管理にも有効性を発揮します。
この特長により、自社業務の正当性を容易に証明し、内部統制に対応できます。編集履歴オプションは、SePサーバ編集履歴オプションとSePクライアント編集履歴オプションを合わせて使用することで、ユーザが行った編集内容等の操作履歴を出力します 。

特長

・PC単位ではなく、ファイル単位でのキー入力の履歴取得が可能。
・Webページへのキー入力の履歴取得が可能。
・送信したメール本文の編集内容を履歴として取得可能。
・英数字だけではなく、日本語入力での履歴取得が可能。

機能

・ユーザ操作履歴出力機能

ユーザがファイル、メール、またはインターネット上でのキー操作履歴を出力する機能です。この履歴では、CSV出力できないキー(タブキー等)も対象とすることができます。
※メール上でのキー操作履歴を出力するにはメールオプションが必要です。
※インターネット上でのキー操作履歴を出力するにはインターネットオプションが必要です。
・プロセス単位の履歴出力機能

コマンドの入力履歴などをプロセス単位に取得可能。プロセス単位の履歴はあらゆるアプリケーションについて 取得することができます。
※一部のアプリケーションについては詳細に動作確認しております。
・クリップボード詳細履歴出力機能

コピーまたはカットしたテキストデータを、クリップボード経由でペーストした際、そのテキストデータを履歴に出力することができます。
・履歴出力対象指定機能

編集履歴を出力する対象、または出力を除外する対象として、ユーザ、PC、アプリケーションを指定することができます。
・サーバ設定機能

サーバにおいて、上記の機能の設定を行うことができます。
※サーバ設定機能は、SePサーバ編集履歴オプションのみの機能です。
・履歴上限サイズ指定機能

ユーザ操作やクリップボード詳細履歴について、出力する編集内容の上限サイズを設定することが可能。履歴データ量が多い場合、すべてのデータを出力させず、指定した編集内容のサイズまで出力させることができます。

対応日本語システム

Microsoft
MS-IME(2003/2007/2010/2013)


Justsystem
ATOK(13/14/15/16/17/2005/2006/2007/2008)