Home > セキュリティプラットフォーム > オプション > ストレージエンクリプションオプション

HDD/SSD暗号化機能でハードディスクを丸ごと暗号化させるストレージエンクリプションオプション

ハードディスクドライブ(HDD)、SSD、USBメモリを丸ごと暗号化

「置き忘れ」「紛失」による情報漏洩の完全対策。外部媒体のエンドポイントセキュリティを強化
PCや外部媒体の置き忘れや紛失・盗難による情報漏洩が後を絶ちません。多くの企業において、営業資料や顧客情報などの重要データをモバイルPCや外部媒体に保存し、社外で利用しているケースが多いでしょう。企業は外部媒体に保存された重要データの情報漏洩リスクも回避する必要があります。

ストレージエンクリプションオプションは、ハードディスクドライブ(HDD)やSSD、USBメモリを丸ごと暗号化してPCや外部媒体の置き忘れや紛失・盗難に備えることができます。WindowsのNTFSやFATフォーマットされた記憶媒体を暗号方式3DES・AESによって暗号化。使用領域のみを暗号化することで、高速暗号化も可能。導入負荷を可能な限り軽減します。

また、SePストレージによる、HDDやSSD、外部媒体の初期暗号化および復号の開始・完了時に、履歴を出力します。

万が一、盗難・紛失された場合、社外では解読不可能

ポリシーに沿って自動的に暗号化。高いエンドポイント情報漏洩対策

PC内の指定したドライブ領域や、USBメモリ・外付けHDD・ポータブルSSDを暗号化。保護領域上のデータは常に暗号化された状態にあり、認証が通った場合だけ復号がされます。認証の方法は、「SePサーバへの接続による認証」や「Windowsログオンによる認証」など、企業のポリシーに応じて自由な設定が可能です。設定次第でストレージ暗号化(ディスク暗号化)された領域をevolution /SV 機能における信頼領域とみなすこともできます。同様の設定がネットワークドライブに対しても可能です。 設定はSePサーバより一括して行うことができます。

全体を暗号化した後でUSBメモリや外付けHDD、ポータブルSSDを新規に追加した場合でも、外部媒体を認識すると、自動的に暗号化を行います。

ポリシーに沿って自動的に暗号化

UEFIにも対応済み

BIOSの替わりに、よりセキュアな方式として近年利用が本格化している「UEFI」へもストレージエンクリプションオプションは対応しています。

機能詳細

・暗号方式
3DES(168bit相当)、AES(128bit、192bit、256bit)

・対象となる記憶媒体(ストレージ)
HDD(ハードディスクドライブ)、SSD(ソリッドステートドライブ)、USBメモリ

・対応フォーマット形式
FAT(16、32)、NTFS、exFAT

・認証方法
OS起動前認証、Windowsローカルログオン認証、Windowsドメインログオン認証、SePサーバ認証

※対応OSについては動作環境のストレージエンクリプションオプション対応OS一覧をご覧ください。