SeP未搭載のPCからのアクセスを拒否する非SeP拒否オプション

SeP未搭載のPCからのアクセスを拒否

非SeP拒否オプションは、情報漏洩対策ソフト セキュリティプラットフォーム未搭載のPCからのアクセスを拒否する機能です。このオプションはサーバにインストールして使用します。プリンタサーバやドメインコントローラなど、セキュリティプラットフォーム未搭載のマシンで非SeP拒否オプションが導入されたSePサーバと通信する必要がある場合には、これらを“除外ホスト”として設定することができます。

SePオプション 非SeP拒否オプション

外出先からのアクセスをセキュアにし、情報漏洩を防ぐ

SePがインストールされていないコンピュータからの通信をすべて遮断します。一方で、社内ネットワークへのアクセスを、同一の鍵生成シードを持つコンピュータのみに限定できるため、自宅や外出先からでも、自社内のネットワークへ安全にアクセスすることができます。

VPNサーバに非SeP拒否オプションをインストールすれば、仮にVPNにセキュリティ上のミスが発生しても、非SeP拒否機能が、ファイルサーバへのアクセスを拒否するため、問題が発生しません。この機能を利用することで仮想的なイントラネット構築を容易にでき、業務を効率化できます。

RRAS上でゲートウェイ非SeP拒否機能を使えば非SePマシンからのリモートアクセスを遮断することができます。

また、社内LANとサーバネットワーク間にRRASを設置し、ゲートウェイ非SeP拒否機能を使えばNASやLinux等のSePを導入できないマシンへのアクセスも制限することができます。

ネットワーク図