メール送信者が受信者の操作を制限するメールオプション

送信者が受信者の操作をエンドポイントで制限

メールの外部出力や社外への転送を禁止
メールオプションは、メール本文やメールに添付されているファイルのデータを保護し、情報の漏洩をエンドポイントで防ぐ機能です。

送信者は、メール送信時に表示されるパネルにより、メールの印刷や別名保存、転送などの制限設定を行うことができます。この設定により、受信者の操作は制限され、送られたメールの外部出力や社外への転送が禁止されます。

また、メール本文および添付ファイルの操作履歴を出力することもできます。

メールの外部出力や社外への転送を禁止

セキュリティ設定:メールセキュリティ設定パネルの文言を変更することができます。

※ 文言はiniファイルに記述
※ 添付ファイルや転送したメールにも、設定が継承されます。