Home > セキュリティプラットフォーム > オプション > ファイルセーフカプセルオプション

データの二次漏洩を防止するファイルセーフカプセルオプション

セキュリティを付与して情報を外部に提供することが可能に

SePなしの環境でもエンドポイントで二次漏洩対策を実現
ファイルセーフカプセルオプションは情報漏洩対策ソフト SePがインストールされていない社外の環境へファイルを持ち出して使用する際、ファイルを「カプセル化」あるいはパスワード付きZIPファイル化して印刷、保存、コピー&ペースト、キャプチャーなどを禁止・制限する機能です。データの委託先から情報が漏洩するなどといった「二次漏洩」をエンドポイントで防ぐことができます。

持ち出し先に対しては、特定のファイルに対してアクセス権の設定や、ファイルを閲覧できる期間や起動回数、ネットワークアドレスなどの環境を細かく指定することで、利用を制限。未対応OS、未対応バージョンのアプリケーションでの起動を禁止することなどもできます。 条件に合わない場合はファイルが削除されます。

また「カプセル化」による圧縮・暗号化、あるいはパスワード付きZIPファイル化により、データの輸送経路上においてもセキュリティレベルを保持できます。パスワードには英字、数字、半角記号を使用できます。

二次漏洩対策で、顧客名簿をDM業者に提供しても安心 SePなしの環境でも二次漏洩対策が実現