Home > セキュリティプラットフォーム > 製品一覧 > セキュリティプラットフォーム ビジネスエディション

製品 セキュリティプラットフォーム ビジネスエディション(SBE)

Security Platform Business Edition(SBE) -エンドポイントセキュリティ- 情報システム部門がなくても、
情報漏洩対策・サイバー攻撃対策を実現

誰でもインストールできて、SePの設定も自動的に完了!
本製品は、情報システム部門がない企業や、社内システムにコストを割けない企業でも手軽にお使い頂ける情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティSePです。サーバ・クライアントで構成された社内ネットワークがあれば、インストールするだけでSePの環境が構築され、強固なセキュリティが確保されます。

製品名 ► セキュリティプラットフォーム ビジネスエディション Security Platform Business Edition
セキュリティプラットフォーム ビジネスエディション(SBE)の特長

セキュリティプラットフォーム ビジネスエディション(SBE)の特長

・「誰でも」インストールが可能!
SV化(自動暗号化機能)を始めとする様々な情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティ技術を結集したソフトウェアSePは、これまで情報システム部門がある大規模企業向けの製品でした。SBEは、情報システムに専門的な部署や従業員がいなくても、すぐにインストールできる製品です。

・時間のかかったSePの設定が、自動的に完了!
SBEをインストールすると、PCの環境調査からSV化、リリースフォルダなど、SePを利用するための設定が自動的に完了します。インストールをするだけで、SePの高度な機能がすぐに使えます。SBE導入後の設定変更も、「簡単サーバ設定ツール」で気軽に行えます。

SBEの特長1 SePのハイエンドなセキュリティ機能が誰でも使える!

通常のSePでは、環境設定などで複雑な作業が必要でした。SBEは、インストール時に以下のハイエンドな機能が自動的に設定され、社内のセキュリティ環境が即座に整います。

全社のPCを“棚卸し”!
…環境情報取得機能

全社のPCを“棚卸し”! …環境情報取得機能
企業のPCにどんなソフト(アプリケーション)が入っているか、SBEの「環境情報取得機能」が表形式(CSV形式)で一覧にして出力します。

「うちのPC、どんなアプリが入っていたかな?」という企業も、SBEによる“棚卸し”で全社のPC状況が把握できます。「使っていないのにライセンス料金だけ支払っているソフト」など、余分なコストも発見可能です。

会社内はそのまま、会社の外では読ませない!
…「信頼領域」の自動設定

会社内はそのまま、会社の外では読ませない!
…「信頼領域」の自動設定

SBEのインストール時に、サーバ・クライアントが構成されている環境は「暗号化の必要がない場所(信頼領域)」として自動的に認識します。この設定により、サーバに接続されている社内ではデータはそのままやり取りできます。

USBメモリなど信頼領域外へWordファイルをコピーすると、自動的に暗号化。操作する従業員が特別な操作をしなくても情報が保護されます。

SePの自動暗号化機能について詳しく知る

データの「出口」はここだけ!
…「リリースフォルダ」の自動作成

データの「出口」はここだけ!
…「リリースフォルダ」の自動作成

顧客への提案資料の送付など、外でファイルを使う時に必ず通すフォルダ「リリースフォルダ」を、サーバへ自動的に設定します。

リリースフォルダは社外へデータを持ち出す唯一の「出口」です。ここを経由しない限り、内部にあるファイルをメール添付やUSBメモリなど、外部に保存しても自動的に暗号化されます。

リリースフォルダについて詳しく知る

PCの動きを全て把握!
…トレーサオプションの自動設定

PCの動きを全て把握! …トレーサオプションの自動設定
SePは、リリースフォルダを含めたサーバやクライアントの動きを全て監視し、履歴に残します。

集めた履歴は「トレーサオプション」機能によって、表形式(CSV形式)で出力されます。出力場所も、SBEのインストール時に自動設定されます。自社のPCがどのような動きをしているか、出力された履歴を見れば一目で把握できるのが、SePの特長です。

履歴について詳しく知る

SBEの特長2 インストール後の設定は、自分で「カスタマイズ」できる!

SBEをインストールしてSePを導入後、設定を変えたい時は「簡単サーバ設定ツール」を使って、いつでも簡単に変えられます。「PCの台数が増えたから、信頼領域を増やしたい」「このアプリケーションは、やっぱりログを取っておきたい」といった社内環境の変化にも柔軟に対応できます。

左側の項目にカーソルを合わせると、詳細な説明が表示されます
基本機能 ※基本機能はすべての製品共通です。
社内でのやりとりは従来のまま、社外へ持ち出すファイルを自動的に暗号化
全てのアプリケーションのファイル書き込み・送信を制限(禁止)
Windowsのアクセス権設定をするだけでエンドポイントセキュリティを強化
PC操作のあらゆる履歴を取得し、全社業務を把握