Home > セキュリティプラットフォーム > 製品一覧 > セキュリティプラットフォーム +AD evolution /SV(Active Directory環境版)

AD環境下でも万全の情報漏洩・サイバー攻撃対策

Active Directory環境版 -エンドポイントセキュリティ- AD環境下の組織単位ごとにセキュリティ設定が可能に

AD環境下でもエンドポイントセキュリティを実現
本製品は、WindowsのActive Directory(AD)環境で強固なエンドポイントセキュリティを実現できるソフトです。AD環境下の組織単位(OU)のセキュリティ環境を設定可能にし、部署ごとに違う段階的セキュリティポリシーを有する組織に対して、柔軟に対応します。

製品名 ► セキュリティプラットフォーム ベーシック +AD evolution /SV(サーバ版/クライアント版)
AD版の特長

・セキュリティ設定
サーバ設定のパラメータでサイト、ドメイン、OUによる設定が可能。ADとグループポリシーの連携で、SePを社内のポリシーとして、ルールを適用することができます。

・SePサーバ設定 ADへの対応
サーバ設定ツールのパラメータがサイト、ドメイン、OUに設定可能です。ADとグループポリシーを連携させることで、社内のポリシー設定として円滑なSePによるルール適用を行なえるようになります。

<グループポリシー設定画面例>
グループポリシー設定画面例

・セキュリティ設定パネル ADへの対応
セキュリティ設定時のユーザ/グループ表示がツリー表示されます。

<リスト表示>
リスト表示

<ディレクトリ表示>
ディレクトリ表示

<セキュリティ属性の設定>
セキュリティ属性の設定

・AD(ネイティブ)のアクセス権追加機能への対応
グループのネストに対してアクセス権が設定できます。

・サーバ設定ツールのADへの移行ツール
サーバ設定ツールの定義をAD環境へ移行することができます。

・AD環境ならではの履歴も取得
通常のSeP evolution /SVで取得可能な網羅的な履歴にプラスして組織・グループ単位で管理されたユーザ名を表示。履歴取得の手順が簡素化され、情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティ・業務分析、効率改善に役立ちます。

基本機能 ※基本機能はすべての製品共通です。
社内でのやりとりは従来のまま、社外へ持ち出すファイルを自動的に暗号化
全てのアプリケーションのファイル書き込み・送信を制限(禁止)
Windowsのアクセス権設定をするだけでエンドポイントセキュリティを強化
PC操作のあらゆる履歴を取得し、全社業務を把握
動作環境

バージョンによって異なります。詳細につきましては動作環境をご覧ください。