基本機能:防止機能 -エンドポイントセキュリティ-

Windowsのアクセス権設定をするだけでセキュリティを強化

重要書類の操作を制限、エンドポイントからの流出を防止
企業内で使っている書類の多くは、契約書や見積書、仕様書、顧客リストなど、絶対に外部へ情報漏洩してはならないものばかりです。

SePの「防止機能」は、これらの書類の印刷やファイルのコピー、別名保存、メール添付など、さまざまな操作を制限する機能です。ユーザ単位、ファイル、フォルダ、Webページごとに操作範囲を設定し、エンドポイントからの情報漏洩を防ぎます。不正な操作がされた時には、即座に警告を送り、情報漏洩対策を施します。

エンドポイントからの情報漏洩を防ぎます 不正操作の際には即座に警告を送ります

業務の環境に合わせてきめ細やかなセキュリティ設定が可能
書類の閲覧以外の各種操作を禁止する「セキュリティ属性の設定」は、簡単な操作できめ細やかな設定で、高いレベルでの情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティを実施できます。

業務の環境に合わせてきめ細やかなセキュリティ設定が可能

A ユーザの追加
グループやユーザを選択(複数可)して登録用ボタンを押すだけの専用パネルです。

B セキュリティ設定済みユーザ
Windowsのドメイン管理をそのまま利用、ユーザを登録し直す必要はありません。

C 標準アクセス権
Windows準拠のアクセス権も完備しています。

D 拡張設定
より強固なアクセス権の設定ができます。

E セキュリティレベル・優先順位
独自の区分けを設定できます。

F 暗号化(オプション)
自動暗号や手動暗号(パスワード)を設定できます。

G 一括設定ボタン
所有者を除く全てのユーザに、同一の設定をします。