Home > セキュリティプラットフォーム > 機能 > あなたの無実を証明する履歴

あなたの無実を証明する履歴

なりすましや遠隔操作ウイルス…あなたは無実を証明できますか?

昨今、話題になっている遠隔操作ウイルスなどのサイバー攻撃被害による犯罪予告と、誤認逮捕。様々な経路をたどってくるサイバー攻撃、そして少ない証拠では無実を証明することは非常に難しいです。過日発生した事件はたまたま犯人が名乗り出たから良いものの、今後もそうなるとは限りません。

では、もしあなたのPCが遠隔操作をするサイバー攻撃に感染したら…そしてあなたのPCを踏み台に犯罪行為をされたら…あなたは無実を証明できますか?

SeP、DePの履歴が
あなたの無実を証明してくれます

SeP、DePの操作履歴は、事細かに記録されます。仮に大型掲示板に犯行予告が書かれたとしてもそれが自分で入力したものか、遠隔操作のようなサイバー攻撃で勝手に書かれてしまったものか簡単に区別がつきます。

もし事件が起きたら…履歴を突き付けるだけ。履歴を取得をするサイバー攻撃対策ソフトは、通常、出力した履歴を読めるようにするために様々な手順を踏む必要がありますが、SeP、DePの出力したものをそのまま使うことができます。ユーザ操作に対する履歴のみならず、標的型攻撃やランサムウェアなどのエンドポイントへのサイバー攻撃に対する履歴も出力します。マイナンバー制度が開始された今、様々な危険が潜む情報化社会においてリスクを回避するために、個人のみならず企業でPCをお使いの方にも必須の機能です。

詳細が簡単に読みとれるSePの完全でわかりやすい履歴
挙動を事細かに記録したホワイトリスト