Home > セキュリティプラットフォーム > 機能 > アプリケーション制限設定機能

詳細機能:アプリケーション制限設定機能 -エンドポイントセキュリティ-

あらゆるアプリケーションの使用を管理・制限

ポリシーに応じた柔軟な管理が可能
アプリケーション制限設定機能は情報漏洩対策ソフト ・エンドポイントセキュリティ、セキュリティプラットフォームの基本機能の一つで、様々なアプリケーションの起動を禁止したり、あるいは使用するユーザの管理などを行うことができる機能です。細かい設定条件により、企業のポリシーに応じて、ユーザごとの利用方法を制限することができるエンドポイント情報漏洩対策機能です。

ファイルパス、ハッシュ値による指定も
禁止あるいは許可するアプリケーションは、アプリケーション名だけではなく、ファイルパス・ハッシュ値による指定もできます。これにより、アプリケーションが改ざんされたとしても、引き続きポリシーを適用できます。

故意・人為的なアプリケーションの改ざんにも対応

ハッシュ値やパスなどの複雑な数値も自動で収集・設定
指定したマシンからアプリケーション情報を収集。収集した情報はGUI上で編集して、設定ファイルに簡単に書き出すことが可能です。

機能詳細

・アプリケーション実行制限機能
アプリケーションの起動の禁止ほか、自走式暗号ファイル・カプセル化ファイルの実行を制限しないように設定できます。また実行制限を除外するユーザの設定なども行えます。

・アプリケーション管理制限機能
さらに一部の動作対象アプリケーションの管理方法について詳細を決めることができます。Firefox、Thunderbirdの自動更新、任意のアドオン使用、Internet Explorerの任意のアクセラレータ使用を制御します。またSePの拡張アクセス権と連動して、Excelの持ち出し操作の制御が行えます。