Home > セキュリティプラットフォーム > 機能

SePの機能一覧

セキュリティプラットフォームは「自動暗号化機能」「持ち出し制限機能」「防止機能」「履歴機能」をあわせもつ情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティ対策の統合型セキュリティソリューションです。標的型攻撃やスパイウェアなどあらゆるウイルスからPCを守るホワイトリスト型の「サイバー攻撃対策」や、自動的に暗号化するなどで社内の機密情報を保護する「情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティ」などを兼ね備え、豊富な機能で企業ごとに異なるセキュリティポリシーにあわせた柔軟な運用を可能としています。

また昨今、話題になっている「なりすまし」「遠隔操作ウイルス」などによって冤罪をかけられても「履歴機能」によって無実も証明できるなど、幅広い用途を持ち合わせています。
あなたの無実を証明する履歴とは?

さらに機能面での充実だけではなく、その先にある快適なPC環境、つまり「ストレスフリーな情報漏洩対策・サイバー攻撃対策」を目指し常に改良を重ねております。安全安心で終わらない最上級のPC環境をお約束します。
SePのストレスフリーとは?

あらゆる経路を網羅しているSePは、USBケーブル、Bluetoothなど通常のセキュリティソフトではスマートフォンへのデータ持ち出しができる経路にも情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティを施すことができます。
スマートフォンへのデータ持ち出しはできません!

基本機能
社内でのやりとりは従来のまま、社外へ持ち出すファイルを自動的に暗号化
全てのアプリケーションのファイル書き込み・送信を制限(禁止)
Windowsのアクセス権設定をするだけで情報漏洩対策強化
PC操作のあらゆる履歴を取得し、全社業務を把握
詳細機能
クラウド上にあるOffice 365のデータも安全に、楽に運用
最新のOfficeソフトも365同様にセキュアに利用可能
監視が不要なアプリケーションを指定してスムーズな運用
完全に監視を外して、競合ソフトウェアでも運用可能に
CD/DVD/BDでも持ち出しは未然に防ぐ
あらゆるUSBに対して接続を制限。接続・切断履歴を出力
メール転送時の暗号化
「ドキュメント名」「プリンタ名」「印刷設定」「印刷ページ数」「管理番号」を履歴として出力
ウインドウがアクティブであった時間・秒数を操作履歴として出力
操作対象となったファイルサイズ履歴を出力
管理者の設定・操作ログが取得可能
豊富な管理機能により運用にかかる手間を軽減
鍵生成シードの更新(追加・破棄)が可能
配布ツールを使用しなくても、SeP自身でアップデート
使いたい機能だけを部分的にアップデート
アプリケーションの使用を自在に管理
セキュリティ機能を柔軟に拡張できるよう豊富なオプション製品もご用意しております。

※こちらに掲載しているのは機能の一部です。その他詳細につきましてはこちらよりお問い合わせください。