Home > セキュリティプラットフォーム > 機能 > ファイルサイズ履歴出力機能

詳細機能 ファイルサイズ履歴出力機能

履歴がより詳細に

操作対象となったファイルサイズ履歴も出力可能に
ファイルサイズ履歴出力機能では、情報漏洩対策に強力なセキュリティを発揮する通常の履歴に加えて、操作対象となったファイルのサイズを出力できます。また「ファイルサイズ履歴出力形式統一機能」として、ファイルサイズ出力の対象とならない操作履歴(ファイルに関する操作以外の履歴)についてもファイルサイズを出力する場合と統一されたフォーマットにできます。

履歴出力例
下図はファイルサイズ履歴出力形式統一機能を用いて、CSV形式で出力された操作履歴です。5列目にSize<>ウィンドウタイトルの形で出力されます。ファイルに関係しない操作の場合は、<>内が空白になります。

履歴出力例

機能詳細

  • ファイルサイズ履歴出力機能の対象操作
    • ・ファイル参照
    • ・ファイル更新※1
    • ・ファイル作成※1
    • ・ファイル削除
    • ・ファイル名変更
    • ・ファイル移動
    • ・ファイルコピー
    • ・別名保存※1
    • ・印刷
    • ・メール添付
    • ・セーフカプセル化※2
    • ・セーフカプセル化解除※2
    • ・自走式暗号ファイル化※3
    • ・アップロード※4
     

※1 各操作後のファイルサイズを出力。ただしSV機能によるカプセル化を伴う場合、変換処理前のファイルサイズを出力します。
※2 ファイルセーフカプセルオプションが必要です。
※3 エンクリプションオプションが必要です。
※4 イントラネットオプションが必要です。