Home > セキュリティプラットフォーム > 機能 > 緊急除外アプリケーション機能

詳細機能 緊急除外アプリケーション設定機能-エンドポイントセキュリティ-

SePの監視から完全に除外

“監視アプリ”などのSeP競合ソフトウェアでも利用可能
特に情報漏洩対策ソフト セキュリティプラットフォーム (SeP)による監視が必要がないアプリケーションは、基本的に「監視除外アプリケーション」に登録することでSePの影響を避けることができます。しかし、一部の監視系ソフトウエアなど、SePの一部機能と競合しているソフトウェアを利用されているPC環境の場合、監視除外アプリケーションに登録するだけでは正常に動作をしない場合があります。このような場合、この「緊急除外アプリケーション設定機能」を使用することで問題を回避することができます。SePの競合ソフトウェアであっても導入前の環境を維持したまま利用でき、情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティ・サイバー攻撃対策をすることが可能です。

SePの競合ソフトウェアでも、導入前の環境を維持

監視除外アプリケーション機能