Home > セキュリティプラットフォーム > 機能 > クライアントアップデート機能

詳細機能 クライアントアップデート機能

配布ツール不要で自動アップデート

SePが自動的にアップデート
クライアントアップデート機能は情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティ、 セキュリティプラットフォームの基本機能の一つで、各SePクライアントがアップデートの必要があるかを確認し、設定に従ってアップデートを実行します。
通常、バージョンアップ時に必要な配布ツールを使用しなくても、 SePの自動アップデートが可能で、情報漏洩対策が常に最新の状態で保たれます。

<設定可能な条件>
 ・アップデートモジュールの参照先
 ・アップデートの実行を開始するタイミング
 ・アップデートの対象とするバージョンの条件

クライアントアップデートの手順
SeP クライアントはPC起動後、SeP サーバにより指定されたネットワークフォルダ内のアップデートモジュールを自動で参照。アップデートモジュールのバージョンがSePクライアントにインストールされているものよりも新しい場合に、SeP サーバ上で設定された時間帯の範囲内で、自動アップデートします。