Home > セキュリティプラットフォーム > 機能 > 鍵生成シードの更新対応

詳細機能 鍵生成シードの更新対応

鍵生成シードの更新(追加・破棄)が可能に

企業のセキュリティポリシーに合わせて鍵生成シードを追加・破棄
SePで行われる暗号化は、暗号化ファイルごとに毎回異なる暗号キーが使用されています。

万が一特定のファイルの暗号キーが第三者に解読されても、他の暗号化ファイルが復号されることはなく、情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティは万全です。SePによって完全にセキュアな環境は実現されていますが、各企業様のセキュリティポリシーに基づいて「暗号キーおよび鍵生成シードを更新したい」というニーズにもお応えします。

※鍵生成シードとは、暗号化を行う際に暗号キーを生成するための元となる値です。

機能詳細

・鍵生成シードの追加
鍵生成シードを追加すると、追加した鍵生成シードが暗号キーを生成するようになります。なお、シードの追加後も、古い鍵生成シードが生成した暗号キーによる暗号化ファイルの復号は可能です。

・鍵生成シードの破棄
鍵生成シードを破棄すると、そのシードが既に生成した暗号キーを使用し、暗号化されたファイルの復号はできなくなります。

・対応する暗号化機能
evolution /SV機能によるSV暗号
エンクリプションオプションの持つ機能による自動暗号

更新例1 鍵生成シードAに、鍵生成シードBを追加 更新例2 鍵生成シードAを破棄し、鍵生成シードBを追加