Home > セキュリティプラットフォーム > 特長 > 意識させないセキュリティとは

SeP の特長 意識させないセキュリティとは

SeP の特長 意識させないセキュリティとは

従来、情報漏洩を防ぐには従業員のセキュリティに対する意識を向上させ、 ファイルの外部持ち出し時には「必ず暗号化を行う」など意識をさせなければなりません。しかし、意識をしていても、人的ミスを完全に防ぐことは不可能です。

情報漏洩対策ソフト セキュリティプラットフォームなら、ファイルを外部へ持ち出す際、「自動的に暗号化」を行うため、人に意識させることなくセキュリティを保つことが可能です。結果、人的ミスもなくなりリスクが軽減されます。

会社の有益な資産を外部に漏らさず確実に守るためには、 ユーザがいままでの使い勝手を変えずに、「自動で暗号化」を行えるセキュリティ対策が必須です。 それを行える唯一の情報漏洩対策ソフトウェアがセキュリティプラットフォーム(SeP)なのです。

>セキュリティプラットフォームの機能はこちら
>その他セキュリティプラットフォームの特長はこちら