Home > セキュリティプラットフォーム > 信頼と実績 > クライアント操作ログ管理パッケージ市場でシェア1位を獲得!

ミック経済研究所:「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2011」
クライアント操作ログ管理パッケージ市場でシェア1位を獲得!

 セキュリティプラットフォームが、株式会社ミック経済研究所発行の市場調査レポート「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2011【内部漏洩防止型ソリューション編】」※1において、「クライアント操作ログ管理」市場でシェア1位を獲得しました。該当分野での2010年度弊社シェアは15.9%でした。

 本レポート内では、2010年度の「クライアント操作ログ管理」市場は前年対比99.1%、2011年度は104.5%になると予想されています。また、情報セキュリティソリューション市場全体では、前年対比110%、2011年度は、前年対比110%になるとしています。

 震災後の影響により、BCP※2の見直しや在宅勤務、仮想環境の構築等、各企業では様々な施策がとられています。一方で既存のIT環境から逸脱することによりセキュリティ対策が問題視されている現状もあります。
 弊社では、様々なIT環境にあわせたソリューションの提供を引き続き行い、更なる市場拡大に努めて参ります。

クライアント操作ログ管理パッケージ出荷金額シェア

※1 ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2011【内部漏洩防止型ソリューション編】」は、国内主要セキュリティソフトウェアベンダー、セキュリティ専業ベンダー、総合ITベンダーを調査・分析。全36分野の詳細(出荷金額、シェア、OS別出荷動向、需要分野別出荷動向、エンドユーザー従業員規模別出荷動向等)を調査したレポートです。

※2 Business Continuity Plan:事業継続計画

※本内容は2011年6月現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。あらかじめご了承ください。