「G-tokyo 2010」が開催:イベント・セミナーレポート:HH News & Reports:ハミングヘッズ

ITをもっと身近に。新しい形のネットメディア

- Home > コラム > イベント・セミナーレポート > オープンガバメントの実現を目指すシンポジウムが開催
 コラムトップページ
 インタビュー記事 ▼
 イベント・セミナーレポート ▼
公認会計士松澤大之
内部統制で変革すべき
は“個人の意識”
(動画あり)

セミナーレポート
オープンガバメントの実現を目指すシンポジウムが開催

 慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン ・ラボは4月8日、GIE(Global Internet Economy)シンポジウムを開催した。近年になりICTを活用することでの政治への市民参加、選挙での情報共有、行政サービスの満足度向上などが期待されていることを受け、「日本にオープンガバメントの実現を!」がテーマとなった。

 米国オバマ政権は、選挙の時のみならず政権獲得後もICTの可能性をフルに活用することによって、よりオープンで透明な、市民参加や協働を促す施策を積極的に推進している。一方日本でも、民主党政権がインターネット選挙の自由化や開かれた政府といったオープンガバメント(行政情報の公開)への取り組みを進めている。このような状況を踏まえ、日本におけるオープンガバメントの在り方について意見が交わされた。
オープンガバメントの日米比較で日本の遅れを指摘する東京大学公共政策大学院特任教授の奥村裕一氏(左)と自身が推進するインターネット選挙の解禁について語った民主党衆議院議員の石井登志郎氏
オープンガバメントの日米比較で日本の遅れを指摘する東京大学公共政策大学院特任教授の奥村裕一氏(左)と自身が推進するインターネット選挙の解禁について語った民主党衆議院議員の石井登志郎氏
 東京大学公共政策大学院特任教授の奥村裕一氏は、日米のオープンガバメントの状況を比較した。情報プラットフォームの透明性について、米国では既に情報公開の長い歴史があるのに対して、日本ではまだデータが手つかずの状態であると解説。組織を超えた連携については、米国は積極的で日本は遅れをとっている点を挙げた。さらにインターネットで政策の意見を集う「アイデアボックス」についても、米国は政府が統一的に開始したのに対して、日本では五月雨式に開始するなど、両国の間で差があることを指摘した。
 民主党衆議院議員の石井登志郎氏は、インターネット選挙の解禁について語った。現状では選挙が始まる前の日まではブログ更新などが可能だが、選挙が開始した日以降のインターネットを利用した選挙活動ができない。同氏は選挙中でもブログ、ツイッター(twitter)などでネット上での活動を可能にする新しい法案を2010年の参議院選挙に向けまとめていることを明らかにした。ただ、石井氏は法案成立までの主なハードルとして「予算などの優先順位の高い決議があるので後回しになっていることが課題。またインターネット選挙に対してネガティブ派や無関心派をどう巻き込んでいくかが重要だと考えている」と話した。
 また、将来の姿としては公職選挙法の改正も見据えていかなければならないことを提案した。
ソニー社員時代に電子マネー「Edy」の開発に関わった経験を話した民主党衆議院議員の藤田憲彦氏(左)とツイッターを議員活動に生かしていることを紹介したみんなの党衆議院議員の柿沢未途氏
ソニー社員時代に電子マネー「Edy」の開発に関わった経験を話した民主党衆議院議員の藤田憲彦氏(左)とツイッターを議員活動に生かしていることを紹介したみんなの党衆議院議員の柿沢未途氏
 同じく民主党衆議院議員の藤田憲彦氏は、ソニー社員時代に開発にかかわった電子マネー「Edy」が登場するにあたり、法律の概念を拡張しなければならなかったという経験談を披露。それを踏まえて、公職選挙法が当初、ネット動画を想定していなかったという点に触れながら「ネット選挙を解禁するにあたり、公職選挙法の概念を拡張する必要がある」と見解を述べた。
 また、同氏はツイッターのような議論の場を設けることによって、市民が政策について議論することに好意的な考えを示し、民主党のユーストリーム(Ustream)を使った双方向ライブチャンネルによって、有権者と直接的な双方向のコミュニケーションなどを進めていることを紹介した。
 みんなの党衆議院議員の柿沢未途氏は初当選よりツイッターに9350人のフォロワーがいることを明かした。同氏は「初当選をして以来自分が国会に行って、見たこと聞いたことを発信しなければならない」という思いから、例えば、議会の進行が遅れている理由などを、実際に現場でツイッターを通じて発信するなどして、市民との対話に活用している旨を明らかにした。
 同シンポジウムでは、オープンガバメントというテーマで、第一線に携わっている人を招いて見識を述べ、意見を交換し合ったことに意義があると感じられた。またパネリストの参加者の口々から、こういった場を設けることの有意義さを聞くことができた。自由な討論の場として、次回以降も期待していきたい。


※この講演とセキュリティプラットフォームは一切関係ありません。




注釈

*:ユーストリーム(Ustream)
2007年3月に設立されたアメリカの動画共有サービス。ライブビデオストリーミングなどのプラットフォームを提供する様々なチャンネルネットワークで構成されている。動画視聴者とのチャット機能や、視聴者から投票を受け付ける機能などがある。


お問い合わせ

  コラムトップページへ▲