セミナーレポート

アジアの若手起業家が集い技術をアピール

アジア・アントレプレナージップ・アワードを取材

2012/5/28

 アジアから次代を担う起業家が集った日本発の国際ビジネスコンテスト「アジア・アントレプレナーシップ・アワード」が2012年5月9日~11日、柏の葉キャンパス(千葉県柏市)にて行われた。同イベントはアジアの12の国・地域から18社のテクノロジーベンチャー企業が日本に集まり、技術のPRや事業プレゼンを参加者に行って優勝(賞金300万円)を競うといったものだ。

アジア各国から18社のベンチャー企業が参加。
参加者に自社の技術をPRした
アジア各国から18社のベンチャー企業が参加。 参加者に自社の技術をPRした

起業家に求められるイノベーション


 10日には、東京大学前総長の小宮山宏氏による「日本で行われてきたイノベーションやこれからの起業家に求められることについて」の基調講演が行われた。小宮山氏は日本が1868年の鎖国終了と同時に急激な経済成長を果たし、課題であった衛生面の悪化をイノベーションによって克服してきたことを紹介した。


 さらに同氏は、日本で既に問題になっている「少子高齢化」が他の国々にも近い将来必ず訪れる問題であると呼びかける。そしてこうした状況を打開するためにはベンチャー企業が起こす「イノベーション」が必須であると話し、特にエネルギー効率を高める「グリーンイノベーション」を意識してほしいと訴えた。


駐米大使のメッセージ


 駐日米国大使のジョン・V・ルース氏は、イノベーションが生み出される経緯や起業家の持つ可能性について述べた。同氏は弁護士として25年もの間シリコンバレーで新興企業の育成に関わっており、AppleやGoogleのようなベンチャー企業がグローバル企業に変貌していったのを間近で見ている。


 ルース氏は起業家たちと仕事をした経験から「自分たちの仕事が何よりも好き」ということがベンチャー企業の成功において非常に重要な要素だと感じたという。そして「世界中から起業家がシリコンバレーに集まり、競争や連携をすることで、シナジー効果が生まれてイノベーションが起きたのを何度も目の当たりとすることができた」と話している。


 こうした起業家同士によるイノベーションが米国の経済を推進するうえで大きな役割を果たしてきたとルース氏は指摘。イノベーションの創出が、一国の産業の基礎を固め「新たな雇用や、社会インフラをつくりだすことができる」と期待を寄せている。そして「起業家が世界的な展望をもつことで、彼らが生み出す製品にも大きなインパクトを備えることができる」とアドバイスを送った。


 さらにルース氏はあえてリスクをとり、技術革新で世の中の仕組みを変えようとする起業家を称賛することで『起業家になろう』と考えている世代にもポジティブなメッセージを与えることができると話している。

駐日米国大使・ジョン・V・ルース氏   キッコーマン・茂木友三郎氏
駐日米国大使・ジョン・V・ルース氏   キッコーマン・茂木友三郎氏

千葉の老舗企業からのメッセージ


 今回講演が行われた地元・千葉県に拠点を置くキッコーマンの取締役名誉会長である茂木友三郎氏も登壇した。


 茂木氏は日本が長年にわたって経済低迷を続け、1990年頃から20年あまりほとんど経済成長をしていないことを憂慮した。経済成長を促すためには「経済の新陳代謝」が必要不可欠であると説明。「競争に敗れた企業が市場から退出する一方で、規制緩和を進めてベンチャー企業の参入を容易にし、自由な競争を促すべきだ」と力説する。


 また自由な競争が保たれるためには「市場ルールを整備し、それにもとづいた競争を保つことが必須」とも話す。ルール違反があるかどうかをチェックする仕組みをつくり、違反があれば厳しい処罰を下すような体制が求められる。さらに茂木氏は、ベンチャー企業が参入しやすくするために、「セカンドチャンス(敗者復活のルート)を用意することも大切である」と付け加えた。


 茂木氏は「グローバル化の流れで、今は企業がどの国を拠点にするかを選ぶ時代。経済的な国境がなくなっている」とし、日本の今後については「ベンチャー企業が外国から日本に来て仕事をしたいと思ってもらえるようにしていかなければならない」と述べている。


 最終日の11日にはアワードの結果が発表されており、シンガポールの企業であるClearbridge BioMedics Pte Ltdが「次世代がん診断装置の開発」で優勝をつかんでいる。


 今回のイベントはアジアの若手が一同に集まり、コンテストを行うということで、参加者も国際色豊かで会場も活気があった。今後、このイベントをきっかけにアジアのベンチャー企業が日本市場にも力を入れ、経済効果や雇用の創出につながることを願う。

(山下雄太郎)

注釈

*:シナジー効果
2つ以上の要因が相互に作用して、1つの効果以上の価値を生み出すこと。相乗効果。

【セミナーデータ】

イベント名
:アジア・アントレプレナーシップアワード2012
主催   
:一般社団法人フューチャーデザインセンター
開催日  
:2012年5月9日~11日
開催場所 
:柏の葉キャンパス・さわやか千葉県民プラザ(千葉県柏市)

HH News & Reports 関連おすすめ記事

グローバル企業のイノベーションと知財戦略(2012/2/9)

【関連カテゴリ】

その他