セミナーレポート

デジタルサイネージ ジャパン2011が開催

震災時のデジタルサイネージに注目が集まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/6/30

 「デジタルサイネージ」のビジネス活性化などを目的とした「デジタルサイネージ ジャパン2011」が2011年6月8日から6月10日にかけて幕張メッセで開催された。ネットワークインフラ技術や製品の展示会である「Interop Tokyo2011」なども同時開催され、3日間で約12万8000人が来場した。

会場には様々なデジタルサイネージの展示が行われた
会場には様々なデジタルサイネージの展示が行われた

デジタルサイネージの意義と展開


 展示会と併設して行われたセミナーの基調講演では、東京大学知的資産経営総括寄付講座の特任教授を務める妹尾賢一郎氏が「サイネージイノベーションの社会価値形成とビジネスモデルを考える」という題で講演した。妹尾氏は先端医療、次世代自動車、ロボットなどと同じように、デジタルサイネージが国の重点分野だと紹介。そして先日発生した東日本大震災のような大災害時におけるデジタルサイネージの在り方について触れた。


 妹尾氏は震災発生時「改めて、21世紀が9.11、BSE問題に代表されるように『リスク社会』であると感じた」と話す。そのためにも、デジタルサイネージも今回の震災のような大きな「リスク」に対応した活用を促進していく必要があると言及した。


 震災時に役立ったサイネージの特徴として、平常時には各店のフロアに広告を表示しているが、緊急時は避難などの多言語案内を表示するといった「リアルタイムオペレーション」を挙げるなど、非常時におけるデジタルサイネージの活用について触れた。


 また妹尾氏は、現在までのデジタルサイネージの歴史を振り返ると、屋外広告看板などを単にデジタル化して、スタンドアローン環境の広告媒体として機能していく「第1フェーズ」から、ネットワークの環境へと対応、商用宣伝のみならず公的情報を提供するなど、より多様性を帯びた「第2フェーズ」に入ったと評価。


 そして今後の展開として、iPodという「モノ」がiTunesという「サービス」を連動させ新しい価値を生み出したという事例を挙げ、デジタルサイネージにも同様に新しい価値を生み出すイノベーションを期待したいという見解を述べた。

東京大学特任教授 妹尾賢一郎氏   三菱地所 斉藤敏郎氏
東京大学特任教授 妹尾賢一郎氏   三菱地所 斉藤敏郎氏

震災時のデジタルサイネージ


 デジタルサイネージ緊急会議「災害時対応と節電対策」では実際に各企業が震災時のデジタルサイネージとどのように関わったか様々な事例を発表した。


 三菱地所の斉藤敏郎氏は東京の大手町・丸の内・有楽町地区に展開しているデジタルサイネージを使った地域メディア「丸の内ビジョン」について解説した。この丸の内ビジョンは通常、企業のCMなどを配信しているが、東日本大震災の起きた9分後には、全79台のモニターを一斉にNHKの緊急放送に切り替えた。緊急放送は、翌日の土曜日終日まで続け、24時間デジタルサイネージで災害情報を帰宅困難者に提供した。


 サイネージ広告媒体協議会の毛塚牧人氏は同団体がコンテンツの制作、配信にかかわっている各所で行った、非常時のオペレーションを紹介。同団体は震災発生した直後に政府広報から発信される情報を全てサイネージに表示した。さらに14日には災害時に流すストック情報を配信したり、グーグルニュースで流れた安否確認の情報などインターネット上に出てくる情報を中心に街中のサイネージに映し出すなど、迅速に視聴者のニーズに配慮した行動をとっていたことを示した。


デジタルサイネージのこれから


 デジタルサイネージコンソーシアム代表の中村伊知哉氏は「デジタルサイネージもネットワークにつながることによって“ネットワークメディア”の役割を果たすようになってきている」と発言。3.11に帰宅難民を救うような情報を流してきたサイネージや、現在の電力消費状況を掲示するなど、デジタルサイネージでなければ表示できないような情報があることを改めて確認する一方で、節電に配慮して消灯しているサイネージがあることにも触れた。


 そのうえで“デジタル画面で表示される広告”という枠を超えて業界が発展していくためには、「こうした震災のような未曾有の危機にこそ皆の役に立ち、皆を元気づけるようなデジタルサイネージを成長させ、これからも様々な智恵を借りていきたい」と締めくくった。


 東日本大震災のあと、節電のために自粛が目立ったデジタルサイネージ。しかし緊急時にはその状況に適した情報を人々に配信するなど、その価値はもっと認められても良いはずだ。業界が震災で萎縮する事がないよう、さらなる発展を期待したい。

(山下雄太郎)

【セミナーデータ】

イベント名
:「デジタルサイネージ ジャパン2011」
主催   
:デジタルサイネージ ジャパン 2011 実行委員会
開催日  
:2011年6月8 日~6月10日
開催場所 
:幕張メッセ(千葉県千葉市)

【関連カテゴリ】

トレンドIT政策