欧米で主流に!? ホワイトリスト型のコンピュータセキュリティに迫る!!

安全に使いたいならばホワイトリスト型

2015/3/20  1/1ページ

アンチウイルスソフトは何ですか

 ご自宅にパソコンをお持ちの皆さん、もしあなたのご友人が「使っているアンチウイルスソフトは何ですか」と質問してきたら、どう答えますか。おそらく大半の方はソフトのメーカーやブランドの名前を挙げて答えるでしょう。「私は、ホワイトリスト型のアンチウイルスソフトを使っています」という人はまずいません。

 いきなり「ホワイトリスト型」という聞きなれない言葉を使ってしまいました。ホワイトリスト型とは現在、欧米でコンピュータセキュリティの主流となりつつあるアンチウイルスソフトの形式。その特徴を一言であらわすと「安全なプログラムしか使わない」ソフトです。

 もう少し踏み込んだ言い方をすると、「パソコン上で動くすべてのプログラムを常に監視する」ソフトということになります。コンピュータウイルスはプログラムの一種ですから、常にその動きを監視していれば、パソコンへの有害な動きを事前に防ぐことができるというわけです。結果として「安全なプログラムしか使わない」ということにつながるのです。

毎日生まれるウイルスを防ぐには

 ホワイトリスト型ではないこれまでのアンチウイルスソフト(ブラックリスト型といいます)は、すでに広まっているウイルスに対してその都度、「ワクチン」を作り対応してきました。しかしこの方法では、新種のウイルスが現れた際に対応することができません。

 世界中では毎日数百種類のウイルスが生まれています。企業や組織ごとに新種のウイルスを使う、「標的型攻撃」と呼ばれるサイバー犯罪も年々、増加しています。そのような現状において、ホワイトリスト型のアンチウイルスソフトは「安全なプログラムしか使わない」ので、ブラックリスト型と比べ大きな優位性を持っているといえるのです。

 次の項では、ホワイトリスト型とブラックリスト型の違いについて、具体的に説明します。

(國吉真樹)

【関連カテゴリ】

セキュリティ