世界に羽ばたくIT製品を作るには(下)―教育の再生―:HH News & Reports:ハミングヘッズ

ITをもっと身近に。新しい形のネットメディア

- Home > コラム > インタビュー記事 > 世界に羽ばたくIT製品を作るには(下)―教育の再生―
 コラムトップページ
 インタビュー記事 ▼
 イベント・セミナーレポート ▼
公認会計士松澤大之
内部統制で変革すべき
は“個人の意識”
(動画あり)

特別対談 
世界に羽ばたくIT製品を作るには(下)―教育の再生―
電気通信大学学長顧問 合田周平×ハミングヘッズ 渡辺博文

 現在のIT企業には文化的要素の欠如から、グローバルに展開するIT製品を作ることが難しくなっているという電気通信大学学長顧問の合田周平氏。後編では、世界に受け入れられる企業のあり方、そして企業に必要な人材の教育について、引き続き弊社取締役の渡辺博文がお話をうかがった。

合田周平 電気通信大学学長顧問   合田周平(あいだ しゅうへい)
電気通信大学学長顧問 1932年、台北市生まれ。電気通信大学、カリフォルニア大学(バークレー)大学院卒業。システム工学専攻、工学博士。TDK、東京大学生産技術研究所、米国・英国・イタリアの各大学・研究所・財団を経て現在、電気通信大学名誉教授、暁星国際学園理事、未踏科学技術協会理事、ウシオ育英文化財団理事、宮本武蔵「小倉顕彰会」特別顧問など兼任。本田財団創設に関与し理事、ヒューマンメディア財理事長、国際AI財団副理事長、天風会理事長など歴任。
毎日出版文化賞、米国・パターン認識学会賞など受賞。叙勲:イタリア共和国功労勲章。
著書に『エコ・テクノロジーの展開』(1990年、コロナ社)、『地球時計を読む』(1990年、徳間書店)など多数。2009年9月に『構えあって構えなし―中村天風と宮本武蔵に学ぶ成功方法―』(PHP文庫)を上梓した
渡辺博文 ハミングヘッズ取締役   渡辺博文(わたなべ ひろふみ)
ハミングヘッズ株式会社取締役 1956年生まれ。1980年、東京大学法学部卒業後、横浜銀行へ入行。欧州横浜銀行チーフファンドマネジャー、プライベートバンキンググループ統括ダイレクトバンキングセンター長を歴任する。1985年、INSEADビジネススクールMBA。2000年、イーシステム株式会社取締役副社長、2003年、同社代表取締役社長。2009年、ハミングヘッズ株式会社取締役に就任。暁星国際学園理事も務める

形ないものからのモノづくり精神
―日本のIT製品が世界に受け入れられる可能性―


渡辺 合田さんは、世界中に受け入れられるようなITプロダクト、IT製品をつくるためには、これまで日本人が培ってきた暗黙智、「もののあはれ」の文化を内包した企業になる必要があると仰っていました。

合田氏 芸術や哲学などの文化は、人間の洞察力や直感、ひらめき、という「暗黙智」から生まれます。現在のITを取り巻く社会環境を見回すと「デジタル化できない情報は『情報』として扱わない」という風潮があるようです。しかし世界に受け入れられるような製品を作るためには、まず簡単にはデジタル化できない暗黙智を大事にすることです。

 戦後の日本で数少ないグローバル展開に成功した製品に自動車があります。これは、工場の自動化のなかで従業員が自分の工程だけを機械的に処理していただけでなく、頭の中で全体の流れを暗黙智として把握しながら、「知能労働者」として臨機応変に働いていたからでした。

 翻って現在の日本のIT企業は利益追求を目的とした効率化のみを目指し、出来上がった産業の中だけで製品作りをやりくりして肥大化していきました。ITは、自動車産業よりもさらに視野の広さが求められる産業だと思います。ですから今後、製品をグローバル展開させるためには、自分が感じたものを形にしていくという創造力が必要となってくるのです。日本のIT企業であれば、少なくともアジアなどの周辺諸国を視野に入れた展開を考えなければなりません。

渡辺 私が残念に思うのは、IT業界が3K、下手をすれば7Kの職場であると言われていることです。これだけ創造性が必要な職種なのに「きつい仕事」と受け止められ、働く人がいくらでも代替可能な仕事という認識が非常に強いことです。

合田氏 そうですね。IT企業のイメージが「きつい」「泥臭い」となってしまったのは、IT産業は儲かる、という理由でなし崩し的に始まったからだと思いますよ。利益追求から始まったため、利益が大きければ多少は反社会的な仕事でも受注し、社内処理も強引にするという体質が広まってしまったのでしょう。

渡辺 暗黙智を活用できるような、働く人の心にゆとりがもてるような望ましい社内環境とはどのようなものでしょうか。

合田氏 従業員がある程度、組織的に拘束されずに働くことができるような、心のゆとりを育てる環境を作ることが経営者の役割だと思います。こうした部分が企業にないと、従業員の創造意識を引き出すことは難しいでしょう。

 城山三郎の小説『官僚たちの夏』では、省庁の枠に囚われない官僚が描かれています。この小説はドラマにもなりましたが、主人公をはじめとする官僚たちが大局的な物の見方をすることができたのは、彼らの心が、省庁という枠内の組織に縛られない国際的な志ある安定した環境の中に育まれていたからなのです。1960年代当時は東京大学を卒業して役人となれば、こうした環境のなかで自由に働くことができました。ですから、気持ちも前向きになって様々なアイディアも出てきたし、不屈の精神も養われたのだと思います。
優れたIT製品を出すため「企業には心のゆとりを育てる環境が必要」(合田氏)だという
優れたIT製品を出すため「企業には心のゆとりを育てる環境が必要」(合田氏)だという
渡辺 企業の中でも余裕を持った環境があれば、いい発想が出てくるということですね。そう考えると、現在の日本のIT企業のほとんどは難しい状況にあるということでしょうか。

合田氏 外資系IT企業幹部の方が、「今日や明日のことしか考えられない雰囲気だ」と嘆いていました。米国に本社のある企業なのですが、本部から見れば日本法人なんて小さな支店のようなものでしょうから、営業だけをしていればいいという発想なのでしょう。おそらく米国の本社にも余裕がなくなり、アイディアの生まれる環境が欠落しているのでしょうね。わが国も、それぞれが明治の元勲たちの志をもって、国際社会における自分たちの「企業の骨格」を確立することです。

 文化を顧みない今の日本のIT企業は、人体の骨格に例えれば頭部(脳)がない状態と言えます。骨格の頭部となる経営方針をしっかりと立てることです。文化を土台にした製品であれば電気や水道のように、違和感なく使えるものになると思います。

渡辺 そうした製品であれば、ITに対して懐疑的な見方、いわゆる「IT嫌い」の方にも受け入れられそうですね。

合田氏 また、人材を「Human Resource」ではなく、「Human Capital」人財で、人材は財産であると認識し、彼らが活躍できる環境ができた時に、初めてグローバル展開できる製品作りが可能なIT企業となるでしょう。

渡辺 システムというのは、社内環境、人間の心理なども含めて様々な要素が寄り集まって成り立つものですので、私は常々、精緻なシステムを作るためには、神様のような知恵と寛容な心が必要だと感じています。

合田氏 なるほど。「もののあはれ」という日本人の美的感覚は、自然を上手に捉え活かす心ですから、そうした感性を形にするには世界で最も優れた文化風土だと思います。従業員がそうした哲学的なことを、考えられる土壌づくりが、IT企業経営者の役割だと思いますね。


文化立国ニッポン、なすべき教育
―日本人の創造性を取り戻す人材育成とは―

東大の入試が変われば教育システムも変わるという合田氏
東大の入試が変われば教育システムも変わるという合田氏
渡辺 先ほど人材の話が出ましたが、日本から世界へ受け入れられる製品をつくるIT企業となるには、素養のある人材が欠かせないと思います。こうした人材となるには、やはりこれまで受けた教育が影響すると思いますが、いかがでしょうか。

合田氏 幼い頃から絵を描かせたり、作曲をさせたりするなど、実際の芸術的な作業に触れさせることが大切です。自分の感じたことを形にするという経験の積み重ねが、社会に出たときに創造的な仕事をするための土台になると思います。仕事を進めるのにマニュアルが用意されていなければ何もできない、という社員にはならないはずです。

 こうした教育を子供の時から実践していくのが理想ですが、ご承知の通り、今の日本は教育自体が受験産業といわれるように「産業化」されているのが現状です。
渡辺 確かに日本は、テストの成績など、暗黙智ではなくて目に見える形式智に重点が置かれた入学試験に通過することを目的とした教育が行われています。

合田氏 現在米国では、文化的な教育を国ぐるみで行おうという気運が盛り上がっているようです。オバマ大統領の政策は、環境に配慮したエネルギーを利用して不況を克服するグリーンディールなどで注目を集めました。しかし、彼の政策で真に注目すべきは、芸術教育への投資など「芸術支援」をマニフェストのなかで明確に触れたことなのです。

 芸術への支援についてオバマ大統領は、「芸術教育によって、子どもたちの創造的な思考能力を育成し、グローバル経済の中で競争力を保つ」として、全米芸術基金への助成金の増額や、海外の芸術家誘致などを謳っています。単に芸術や文化の振興ということではなく、そこから得られるクリエイティブな発想が社会を活性化させると言っているのです。またマニフェストには、芸術教育が他の教科の成績向上につながる研究成果が出ているとも書いてあります。このマニフェストを受けてMIT(マサチューセッツ工科大学)も、芸術に触れている生徒を優先的に入学させることを表明しています。

渡辺 日本では、どのようにしたら文化的な教育を施せるようになるのでしょうか。

合田氏 予備校などの受験産業は高学歴と言われる大学、最終的に東大へ入学することを目的としています。親たちは未だに受験勉強をして、偏差値の高い学校に入れればいい暮らしができ、幸せになれると思っているわけです。ですから、教育プロセスを変えるためには、まず東大の入試方法が変わらなければなりません。MITのように、芸術経験を重視するような仕組みにする必要もあると思います。

渡辺 日本で行うならば、『武士道』や茶道などを心得るような教育や、そういった文化を大切にする心の教育があればいいのですね。

合田氏 そういう「修行」を導入することです。「一芸に秀でる達人」とは、何も芸事を身につけるだけではなく、それとともに「心の修行」が伴うことなのです。現在の教育がまだまだ高学歴志向にある中で、仕組みを変えるのはそう簡単にいかないと思います。ですが、東大の入試方法が変われば、受験産業も大きく進化し、他大学もこぞって従い、その結果として教育システムが変革できるでしょう。

渡辺 人としての心構えというものは、どういった学び方が必要なのでしょう。

合田氏 例えば、私が学生の頃に出会った哲学者・中村天風氏は、自身が肺結核を克服したのを機に、心と体の生き方を説くために「統一哲医学会」というものを立ち上げました。
 天風氏は、人間にある「潜在力」をどう引き出すか、ということを教えていました。彼は人間の中にある「気」を引き出すために、心身統一法という呼吸法というものを編み出し、政財界の著名人の多くが彼に師事しました。

渡辺 人としての心構えを説く教育を突き詰めると、宗教に近いものとなることを感じて敬遠される向きも多いかと思いますが。

合田氏 天風さんは、自分の教えと宗教に一線を引いていました。「自分の好きな仕事に集中するプロセスを極めていけば、その意識が信念となって背中を押してくれる。それは、自己の信仰にも似た行為であり、わざわざ宗教を信じる必要もない」と言っていました。自分の能力の引き出し方としては、なかなか面白い生き方だと思います。

渡辺 なるほど、今の教育プロセスを変えるためのひとつの方法と言えますね。ところで、合田さんは電気通信大学の学長顧問のほか、暁星国際学園の理事も務めるなど、教育機関に携わっておられます。現在、教育について合田さんが取り組まれていることがあれば教えてください。
Chitose Miyajimaが描いた「武蔵プロジェクト」のイメージ
Chitose Miyajimaが描いた
「武蔵プロジェクト」のイメージ
合田氏 現在、国際的なスケールで「武蔵プロジェクト」を立ち上げようと考えています。これは、戦国末期から江戸初期の剣豪・宮本武蔵が書いたとされる兵法書『五輪書』の哲学を教育に活用しようというものです。

 『五輪書』の中で武蔵は、「『構える』という気持ちがあると相手を意識して、怯えたり傲慢になったりしてしまう」という理由から、「構えあって構えなし」ということを言っています。この哲学は、利害対立者と向き合った時にビジネスの場面でもとても参考になると思います。自分の利益を、他人の利益として還元することを基盤とした『五輪書』では、この他にも役に立つ哲学がたくさんあるので、実際の剣術も取り込みながらシンポジウムの開催などを考えています。

渡辺 こうした活動を通じて、形のないものを形にするような「もののあはれ」の文化に根ざす考え方が社会に広がり、ITのみならず多くの日本企業がグローバルに活躍するようになればよいですね。

 今後もさらなるご活躍を期待しています。本日はどうもありがとうございました。


前編:世界に羽ばたくIT製品を作るには(上)―置き去りにされた文化―



注釈

*:中村天風
なかむらてんぷう(1876~1968)。東京生まれ。実業家・哲学者。日清・日露戦争時に軍事探偵として中国東北部(旧満州)へ赴任する。その後肺結核を患い、欧米を渡り歩いた。帰国後、「統一哲医学会(後の天風会)」を設立。原敬・東郷平八郎・松下幸之助など、各界の著名人が多数師事した。合田氏著書『構えあって構えなし』(PHP文庫)参照。


※このインタビューとセキュリティプラットフォームは一切関係ありません。



(掲載日:2009年11月6日)


お問い合わせ

  コラムトップページへ▲