月島食道楽:月島スペインクラブ

豪快に大鍋で作る絶品パエリア。出来上がりと同時に大鍋を持って店内を練り歩くパフォーマンスあり。パエリア \1260

第3回「月島スペインクラブ」

下町にスッと吹いた“スペイン”の風
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/4/25

 月島にある「もんじゃ焼き以外」のおいしいお店を紹介していくシリーズ。第3回は「月島スペインクラブ」。月島の駅から3分ほど歩いた隅田川沿いの倉庫。おおよそ異国情緒とは縁のなさそうな下町にスペインクラブはある。荘厳な木製の扉の中へ入ると、高い天井の店内には“スペイン”そのものが広がっていた。
 スペインクラブを経営している会社の本業は、スペイン産ワインなどを取り扱っている食品輸入会社。1990年代、まだスペイン産ワインの知名度が低く、スペイン文化の浸透のために、と始めたのがスペインクラブだ。


毎週月曜日には間近で迫力のフラメンコが見られる

毎週月曜日には間近で迫力のフラメンコが見られる

「調度品は全てスペインからの直輸入です」
 スペインクラブ取締役社長の田代順さんは、フラメンコの様に情熱的な思いの丈を語る。入口の扉やテーブル、床を敷き詰めるタイルまでスペインからの直輸入品。“スペイン”を口だけでなく全身で感じることができる。

 料理も、日本風のアレンジは加えずに、スペインの家庭料理を忠実に再現している。それでも数々のメニューを、日本人の舌が違和感なく受け入れてしまうのは、スペイン料理の味付けはバターを使わず、旬の素材から魚貝類や米などを主としたものが多いから。

 「スペイン料理は、日本料理と共通点が多いんですよ」
 日本人が真っ先に思い浮かべるだろうスペイン料理「パエリア」も“魚貝類”と“米”の料理だ。
ワインと生ハム

 「スペイン文化には、好きな人がとことんのめり込んでしまう魅力があります。スペインのことを知ってもらえたら幸いです」
 恋人と、家族と、友達と、同僚と、ワインを片手に気軽な異国への旅路をどうぞ。

(井上宇紀)
月島スペインクラブ

月島スペインクラブ
住所:東京都中央区月島1-14-7
電話番号:03-3533-5381
営業時間:月~金11:30~15:00 17:30~23:00
       土11:30~23:00 日・祝11:30~22:00
定休日:年中無休
URL:http://www.spainclub.jp/