Bookshelf ~今月の本

『聞く力―心をひらく35のヒント』

聞く力_著:阿川佐和子

著:阿川佐和子
文春新書

\840/253ページ
発売日:2012年1月20日

2012/6/14

エピソードを交えてほのぼのと送る、「アガワ流」人付き合い術


 「TVタックル」でもおなじみの阿川佐和子氏。また、週刊文春の著名人インタビューコーナー「阿川佐和子のこの人に会いたい」は、連載が900回を超える名物企画となっている。本書は、1000人近い著名人にインタビューを行った彼女が、様々なエピソードを織り込みながら、気づいたことを綴っていったものだ。

 知ったかぶりをせずに「知らない」と言う。知っているようで知らないことを聞いてみる。お決まりの質問に「お決まりの答え」で終わらないようにする。「こうしてみて成功した」というものだけでなく、あっけらかんと失敗談も書いているところに阿川氏への親近感がわく。

 この本を、タイトル通りに「実用書」という気持ちで手に取ると、読んで物足りなさを感じてしまうかもしれない。特に「聞きにくい話を突っ込むには」という章では、阿川氏がインタビュー相手に、聞きにくい話をなんとなく切り出したところで終わっている。「聞きにくい話を突っ込むには○○をする」というところまで書かれていないので、なんともモヤモヤした気分になってしまう。

 実用書ではなく、「インタビューで振り返るアガワさんの人付き合い」といったエッセイとしてページを開けば、気軽に楽しく読むことができるだろう。

(中西 啓)