プレスリリース

2013/6/7

報道関係各位

ハミングヘッズ株式会社

セキュリティプラットフォームついにWindows 8対応!
Windows 8専用のストアアプリほか、Office 2013、IE 10.0も対応
新しい環境での完璧なセキュリティを実現します

ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大江尚之)は、弊社が開発・販売する情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」の最新バージョンWindows 8対応の「セキュリティプラットフォーム Ver.3.2.0」の販売を開始しました。

ビジネスシーンで圧倒的なシェアを誇るWindows。モバイルやタッチパネルに対応した新OS Windows 8は、昨今のスマートフォン・タブレットPCの拡大をうけ、ビジネスシーンでも重要な位置を占めることが予想されます。このような実状から、「セキュリティプラットフォーム」は、従来の主要なWindows OSに加え、新OS Windows 8にいち早く対応しました。

Windows 8専用「ストアアプリ」対策も完璧

Windows 8の目玉とも言えるのが、従来のアプリとは全く異なるソフトウェア「ストアアプリ」の存在です。これまでのWindowsシリーズで使われてきたソフト、つまり一般的にパッケージ販売され、デスクトップ上で動くものは、従来型あるいは「デスクトップアプリ」などと呼ばれています。

これに対して、タブレットやタッチパネルに最適化された、Windows 8上でのみ動く専用のアプリが「ストアアプリ」です。もちろん、これまでの情報漏洩対策ではまったく対応できない新機軸のアプリとなっておりますが、セキュリティプラットフォームはすでにこれに対応。数百万項目に及ぶテストも終了しており、Windows 8もこれまでのOSと同じようにご安心してお使い頂けます。

ビジネス環境に欠かせない新規アプリ「Office 2013」「IE 10.0」にも完全対応

Windows環境におけるビジネスを考慮し、最新のソフトウェアOffice 2013やInternet Explorer 10.0への対応もしております。業務上最も欠かせないOfficeとインターネット社会において重要なブラウザにいち早く対応することで、Windows 8における業務をより安全なものへとします。

今後も「セキュリティプラットフォーム」は、めまぐるしく変化するIT環境に素早く対応し、お客様が自由に環境を選べるような情報漏洩対策・エンドポイントセキュリティを実現していきます。

<掲載サイト>
セキュリティプラットフォーム Ver3.2.0 Windows 8対応版

本リリースに関するお問い合わせ

ハミングヘッズ株式会社 
TEL: 03-3531-7281 E-mail:sales@hummingheads.co.jp

※本内容は、発表日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※ハミングヘッズセキュリティプラットフォームは、ハミングヘッズ株式会社の登録商標です。