プレスリリース

2012/11/29

報道関係各位

SeP・DeP対応OS順次拡大中
2012年12月待望のMac対応
2013年3月には早くもWindows 8版

 ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大江尚之)は、多くの大企業様にご採用頂いているエンドポイントセキュリティソフト セキュリティプラットフォーム(以下SeP)と、今年リリースした新しいタイプのサイバー攻撃対策ソフト ディフェンスプラットフォーム(以下DeP)のMac対応を決定しました。ほかWindows 8やスマートフォン・タブレットPCなどへの対応も予定しております。

いま多くの人が使うスマートフォンのセキュリティを考慮
 ビジネスでの利用と言えば、これまではWindowsが圧倒的なシェアを誇っていました。しかし、昨今情勢変化やスマートフォン・タブレットPCの拡大を請けSeP、DePはiPhone、iPadなど「Mac」系統の機種への対応をします。

 スマートフォンやタブレットPCはビジネスにおいても欠かせないデバイスとなっております。そして、持ち運びする利用形態から考えれば、企業で使われるPCよりもさらに高いセキュリティが本来、要求されるべきです。ところが、スマートフォンやタブレットは、電源やスペックなどの制約を受けるため、PCに比べて簡素なセキュリティを施されているのが実情です。

 このような実情を請け、最も高いレベルでセキュリティを保証しておりますSeP、DePのMacほか、iPhone、iPadなどへの対応を決定しました。Mac対応は12月、ほかMac系統のOS対応も現在、鋭意開発中です。同じく普及目覚ましいスマートフォンOS「Android」への対応も順次、開発予定です。

新規OSにも続々、対応予定!
 また新時代を担うOSとして、マイクロソフト社から満を持して発売されたWindows 8も対応が決定。2013年3月のリリースを予定しております。近年クラウド化で要求の高いシンクライアントなどへの対応も予定しております。

 ハミングヘッズは、めまぐるしく変化していく情報化社会に素早く対応することで、常にお客様に安全で使いやすく、かつ最高品質のセキュリティをご提供していきます。

SeP・DeP対応予定

SeP・DeP対応OS順次拡大中!!
http://www.hummingheads.co.jp/sep/kihon/loadmap.html

【セキュリティプラットフォーム(SeP)解説】

セキュリティプラットフォーム(SeP)について
 セキュリティプラットフォームは1本であらゆる情報セキュリティ対策が可能な総合的かつ唯一の純国産ソフトウェアです。

 社外へデータを持ち出す操作を自動的に暗号化&復号する「自動暗号化機能」、あらゆるアプリケーションから、すべてのソフトウェア、ファイルへの「書き込み・通信(Write)」をシャットアウトする「Write制限機能」、全PCの全操作・プログラムの動きを完全に記録する「履歴機能」、ウイルス、マルウェア、標的型攻撃、未知のウイルス、遠隔操作ウイルスまであらゆるサイバー攻撃から防御する「ディフェンス機能(ディフェンスオプション)」。

 これらの4つの機能であらゆる危険からお客様のPC環境を守ります。

セキュリティプラットフォームロゴ

セキュリティプラットフォームロゴ  
セキュリティプラットフォームロゴ  

【ディフェンスプラットフォーム(DeP)解説】

ディフェンスプラットフォーム(DeP)について
 ディフェンスプラットフォームは、アンチウイルス機能を含む、あらゆる企業の総合的な情報セキュリティを担うソフトウェアです。企業に莫大な損害を与える「標的型攻撃」のほか、様々なサイバー攻撃を経由してPC内に侵入してくるウイルスやスパイウェア、マルウェア、遠隔操作ウイルスなどの活動による、ファイルの破壊や不正なデータの書き込みや不正な通信・転送を防ぎます。

ディフェンスプラットフォームロゴ

ディフェンスプラットフォームロゴ  
ディフェンスプラットフォームロゴ  

本リリースに関するお問い合わせ

ハミングヘッズ株式会社 
TEL: 03-3531-7281 E-mail:sales@hummingheads.co.jp

※Justy Finderの著作権その他一切の知的財産権は、ハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※記載されている商品名、ブランド名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。
※本内容は、2012年11月29日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。