プレスリリース

2009/5/20

報道関係各位

ハミングヘッズ株式会社

漏洩経路の5 割を占める印刷物からの情報漏洩を徹底的に防止!
セキュリティプラットフォーム新機能
「プリントジョブ履歴出力機能」「印刷データJPEG 出力機能」をリリース

 ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大江尚之)は、情報漏洩対策ソフ ト「セキュリティプラットフォーム」に、印刷物からの情報漏洩を徹底的に防止する新機能「プリント ジョブ履歴出力機能」「セキュア印刷オプション 印刷データJPEG出力機能」を搭載。5月22日よ り出荷を開始いたします。

 日本ネットワークセキュリティ協会の発表によると、企業における情報漏洩媒体・経路の約5割が紙 媒体といわれています*1。重要情報を抱える企業にとっては、紙媒体からの情報漏洩対策が必須です。

 セキュリティプラットフォーム プリントジョブ履歴出力機能では、「マシン名」「ファイル名」「フォルダ名」「ユーザ名」「アプリケーション名」「日時」を出力する従来からの印刷履歴に加え、「ドキュメント名」 「プリンタ名」「印刷設定」「印刷ページ数」「管理番号」がプリントジョブ履歴として出力されます。

 また、接続が許可された外部媒体には接続/切断履歴を出力し、接続が制限された場合は禁止 操作履歴を出力。同時に「マシン名」「ドライブ名」「日時」「操作名」「ユーザ名」「デバイスの種別」 を履歴として出力することで、情報がどの外部媒体から持ち出されたか、もしくは持ち込まれたか を特定することができます。

 「プリントジョブ履歴出力機能」「セキュア印刷オプション 印刷データJPEG出力機能」は、印刷物に対
する統制を強化し、情報管理を徹底したいというニーズにお応えします。

*1「2008 年上半期 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」によると、漏洩媒体・経路の55.2%が紙媒体とされています。

<対応製品>
「プリントジョブ履歴出力機能」:セキュリティプラットフォーム evolution /SV 製品全般
「印刷データJPEG 出力機能」:セキュア印刷オプション

<出荷開始日>
2009 年5 月22 日(予定)

<価格>
オープン価格

関連リンク

>プリントジョブ履歴出力機能
>セキュア印刷オプション 印刷データJPEG 出力機能

 

用語解説

<セキュリティプラットフォームについて>
弊社独自開発の情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」は、ユーザに意識させない自動暗号化による「防止機能」と、PCのあらゆる操作履歴を取得する「履歴機能」をあわせもつ、統合型セキュリティソリューションです。

本リリースに関するお問い合わせ

【報道関係の方】
ハミングヘッズ株式会社 マーケティング・広報担当
TEL: 03-3531-4152(直通) E-mail:pr@hummingheads.co.jp

【製品・サービスに関するお問い合わせ】
ハミングヘッズ株式会社 営業部
TEL:03-3531-7281(代表) E-mail:sales@hummingheads.co.jp

※本内容は、発表日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。
※ハミングヘッズセキュリティプラットフォームは、ハミングヘッズ株式会社の登録商標です。