プレスリリース

2015/11/13

報道関係者各位

ハミングヘッズ株式会社

マイナンバー対策の最適解
情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」がWin 10に対応

ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都中央区、以下ハミングヘッズ)はこのたび、情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」(SeP)をバージョンアップしました。最新版は、マイクロソフトの最新OS「Windows 10」に対応し、いくつかの新機能を追加しました。

今回のバージョンアップにより、新しいWebブラウザMicrosoft Edgeや日々の業務に欠かせないOfficeなど最新のソフトウェアを安全にご利用いただける環境を提供します。Windows環境はビジネスシーンで多くのシェアを占めています。弊社は今後も、変化の多いIT環境に対応する高品質のソフトウェアを提供し、健全な企業活動を支えていきます。

マイナンバー対策も「自動暗号化」が解決
マイナンバー制度が始まりました。政府は事業者に対してマイナンバーの安全な管理を徹底するよう求めており、不正行為に対しては罰則規定もあります。しかし、番号を通知する「通知カード」の誤配達など人の手によるミスがあり、早くも国民の間には不安が広がっています。

SePはファイルの自動暗号化で情報漏洩を防ぐソフトウェアで、USBメモリ等の外部媒体へのコピーやメール添付、Webへのアップロード、印刷など情報の持ち出しにつながる全ての行為を監視します。意図しないファイル持ち出しや未許可のものに対して自動的に暗号化を行うので、人の手に依存することなく情報漏洩を防ぐことができ、信用ある企業活動を支えます。

またSePは、ホワイトリスト型(※)のセキュリティソフト「ディフェンスプラットフォーム」(DeP)の機能をオプションとして利用することができます。DePは、公的機関などを狙う標的型攻撃を防ぐ切り札としてIT先進国の米国でも注目されているソフトです。

公的な機関による個人情報の漏洩やマイナンバー制度の開始により、個人情報の漏洩に対する危機感はこれまで以上に高まっています。弊社は今後も、内部からの情報漏洩を防ぐSePと、標的型攻撃などサイバー攻撃を防ぐDePを通して、高品質のセキュリティを備えたビジネス環境を提供していきます。

※利用を許可したプログラムだけをアクティブにし、それ以外はいったんブロックするコンピュータのセキュリティ方式。


<ディフェンスオプションの警告パネル> 警告パネル

プログラムの詳細情報を伝えるアドバイス機能(パネル左部)は、PCビギナーの強い味方です。



<製品概要>
「セキュリティプラットフォーム」紹介ページ
http://www.hummingheads.co.jp/sep/index.html

「ディフェンスプラットフォーム」無償版のダウンロードはこちらから
http://www.hummingheads.co.jp/pd/dep/storelist/


Security Platformロゴ

名称  :ハミングヘッズ株式会社
設立  :1999年10月25日
所在地 :〒104-0052 東京都中央区月島1-2-13
資本金 :3億8,140万円
事業内容:コンピュータプログラムの開発・販売およびコンサルタント業務
URL  http://www.hummingheads.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

TEL  : 03-3531-7281
E-mail: sales@hummingheads.co.jp

※本内容は、発表日現在のものです。内容については事前の予告なしに変更することがあります。
※Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、及び商標です。
※記載されている商品名、ブランド名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。
※ディフェンスプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※セキュリティプラットフォームの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ハミングヘッズ、ハミングヘッズディフェンスプラットフォームはハミングヘッズ株式会社の登録商標です。
※ハミングヘッズセキュリティプラットフォームはハミングヘッズ株式会社の登録商標です。 
※4 Elements、フォーエレメンツ、Four Elementsはハミングヘッズ株式会社の登録商標です。