Home > 製品情報 > ディフェンスプラットフォーム > ホワイトリストまとめ記事

欧米で主流に!? ホワイトリスト方式
コンピュータセキュリティに迫る!!

危険なソフトを全て登録するブラックリスト型セキュリティ(従来のアンチウイルスソフト、ウイルス対策ソフト)ではもはや限界に。標的型攻撃やランサムウェアによる感染・被害を完全に防いだことで注目されるホワイトリスト方式のエンドポイントセキュリティをわかりやすく解説
安全に使いたいならばホワイトリスト方式
ホワイトリスト方式とは「安全なプログラムしか使わない」タイプ。確認されていないものはすべて自動排除するため、新旧問わずウイルスはいっさい悪さができないので、安全です。(2015/3/20)
セキュリティソフトの大半はブラックリスト型
ブラックリスト型のアンチウイルスソフトは危険なソフトをすべて登録する必要がある。ところが毎秒ウイルスが作られる現代、はっきり言って全部登録は不可能。(2015/3/20)
ブラックリストは「穴だらけ」!
ブラックリスト型の危険性は2000年代前半から指摘されている。セキュリティに少しでも詳しい層ならば「ブラックリスト方式は穴だらけ」であることは知っている。(2015/3/20)
コンピュータは難しい!?
サンドボックスなど新しい仕組みと称してさまざまなセキュリティの技術が紹介されますが、所詮は「ブラックリスト型」のため、根本的な危険性は回避できません。(2015/3/20)
ウイルスはこれだけ危険なのに…
サイバー攻撃は毎年行われており、実際に多くの企業で被害が出ている。大損害によって経営を傾かせる要因にすらなりうる。「おまじないセキュリティ」ではたしてよいのか?(2015/3/20)
コンピュータウイルスが人命を奪う事故を!
あらゆるところに入り込むコンピュータ。車のシステムのハッキングすら現代では可能。これらを防がなくては将来的に人命にかかわる事故を起こす可能性さえある。(2015/3/20)
「脆弱性」は突かれていない?
ベンダーは脆弱性をよく宣伝しますが近年のウイルスは脆弱性をつく攻撃をしていません。ダウンロードして何度もバージョンアップする「サイバー攻撃」が現在の主流です。(2015/3/20)
サイバー攻撃の主流は標的型攻撃
かつてウイルスは、攻撃側が自分の技量を誇示するためや、いたずらなどに使われることが大半でした。その後次第にウイルスは犯罪目的で使われるようになります。(2015/3/20)
ホワイトリスト型ってどんなセキュリティ?
携帯電話に着信がある時、登録済みの番号からなら安心して応答できます。電話に出たくない人の電話番号をすべて登録するのがブラックリストですが、はたして有用性は…。(2015/3/20)
あらゆる動作をAPIで把握するからできる
ホワイトリスト型はすべての動作を把握していることが前提。すべての動作を把握していなくては、ホワイトリスト型の許可・禁止も穴だらけ。そのために使われるのがAPI。(2015/3/20)
信用できるディフェンスプラットフォーム
どのようなサイバー攻撃でも、必ずAPIを利用しなくてはいけません。APIを使い動作をすべて把握したホワイトリスト型セキュリティ対策があらゆる攻撃を止め、被害を防ぐのです。(2015/3/20)