DePリリースノート
追加機能・改良機能

<Ver.3.4.2>

2015/9/1更新
追加・改良点 機能名 詳細
OS対応 Windows 10対応 以下のWindows 10に対応しました。
・Windows 10 Pro (32bit/64bit)
・Windows 10 Enterprise (32bit/64bit)
新機能 非DeP通信拒否機能 DeP がインストールされていないコンピュータからのアクセスを拒否する設定ができるようになりました。
新機能 クライアント/サーバ認証機能 DePサーバで発行された認証コードを保持するDePクライアントのみ、DePサーバへの接続を許可する設定ができるようになりました。
新機能 インターネット環境対応 インターネット環境でもDeP サーバとDeP クライアント間の通信が行える設定ができるようになりました。
例えば、クラウド上の仮想マシンにDeP サーバを配置した場合でも、社内ネットワーク上のDeP クライアントとインターネットを介してDeP 間通信を行うことができます。
新機能 スクリーンショット検知機能 不審なアプリケーションが、GUI操作なしにスクリーンショットを取得しようとした際に、その動作を検知できるようになりました。
新機能 非監視アプリケーション機能 指定したアプリケーションはDePによる監視から除外され、履歴や警告パネルが出力されない設定ができるようになりました。
機能改良 GUI変更 グランドメニュー、簡単サーバ設定ツールおよび警告パネルの表示が変更され、より分かりやすくなりました。
また、警告パネルに「ADVICE」表示部が追加され、警告パネルに表示された会社名、アプリケーション名、実行モジュール名、実行方法、スクリプト名、操作対象に関する詳細情報が表示されるようになりました。
機能改良 リアルタイム履歴通知機能 操作設定の初期値を「設定されている操作を除外する」から「設定されている操作を対象とする」に変更しました。

※ディフェンスプラットフォーム ビジネスエディションに関する追加・改善された機能の紹介になります。
※ディフェンスプラットフォーム ビジネスエディションの著作権その他一切の知的財産権はハミングヘッズ株式会社に帰属します。
※ハミングヘッズディフェンスプラットフォームは、ハミングヘッズ社の登録商標です。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、及び商標です。
※その他のブランド名や製品もそれぞれの所有者の商標または登録商標です。
※本製品の仕様については、事前の予告なしに変更することがあります。
※本書の内容の一部・または全ての無断複写・転用・転載等は、特定の場合を除き、ハミングヘッズ社の著作権の侵害になります。
※このレポートは2015年9月現在のものです。